エネルギー マネージメント システム ソリューション

スマートメータは電力、ガス、水道メータとの相互コミュニケ―ションを実現し、IoTを活用した次世代のエコ社会の実現に不可欠な存在となっています。そのスマートメータの高機能化、高効率化に、ルネサスの超低消費電力技術を搭載した計量・通信技術は貢献します。

エネルギー効率化とスマートグリッドを実現するスマートメータ

電力、ガス、水道のスマートメータは世界中に広がっています。 スマートメータは、双方向通信を備えており、サプライヤと消費者の両方によってリアルタイムにユーティリティ使用量を追跡することができます。また、サプライヤによる遠隔での供給開始/データ読取/供給遮断も可能にします。 個々の家庭または建物全体の電力使用量を視覚化できるHEMS(Home energy management system)やBEMS(Building energy management system)を実現します。 更に今後、太陽光発電などの再生可能エネルギー源から大量の電力が供給されるようになると、電力供給を動的に最適化する必要性が一層高まります。このようなトレンドが、電力網のスマート化を一層推し進めると期待されています。

急成長するスマートメータ市場

日本では2014年4月の省エネ法の改正に伴い、10大電力会社がスマートメータの導入を決定しました。 東京電力は、2020年までにサービス供給エリア管内のスマートメータ設置完了を計画しており、2024年までに同様の移行が全国的に完了すると見込まれています。米国では、5500万台以上、世帯の40%以上のスマート電力メータが既に使用されています。 欧州連合(EU)では、2009年に欧州議会が指令(指令2009/72 / EC)を発行し、スマート電力メータへの移行を促し、加盟国にスマートメータの導入のための法的枠組みを準備するよう指示しました。 すでにスウェーデンとイタリアではスマートメータがほぼ100%採用されています。また、先進国に加えて、多くの新興国でも採用が検討されており、スマートメータへの関心はますます高くなっています。

アプリケーション一覧

ルネサスのエネルギー マネージメント システム ソリューションにつきましては、以下の一覧をご覧ください。