Synergy Software Package

Synergy Software Package

software-hero

はじめに

プラットフォームの心臓部で、ルネサスが動作を保証したソフトウェアパッケージです。

SSPを構成する主要コンポーネントにより、ハードウェアに依存するベーシックなソフトウェア開発に時間を費やすことなく、お客様の優位性を生み出すアプリケーションソフトウェアの開発にいち早く着手できます。

主な特長
  • Renesas Synergy™ MCUシリーズ間でのハードウェア依存性がないため、他シリーズでもお使いいただけます。
  • システム上層からのプログラミングを可能とすることにより、開発者の時間を節約するアプリケーションフレームワーク
  • 市場実績豊富な主要コンポーネント:RTOS ThreadX®、X-Ware™、NetX Duo™、NetX Secure™、USBX™、GUIX™、FileX®
  • 多層APIアクセスによりユーザに柔軟なシステム開発の可能性を提供
  • ソフトウェアライフサイクルプロセス (SLP)、ISO/IEC12207やコーディングガイドラインのMISRA C:2012に代表される標準規格に沿った厳格な開発、認証、および検査を実施
  • SSPのデータシート上で規定された動作を保証
SSP機能

SSPを構成する機能

SSPを構成する各機能は、ルネサスによって強固に統合化、最適化され、試験、文書化およびメンテナンスが行われています。階層化アーキテクチャにより、開発者は共通APIを使用したアプリケーションフレームワークを使って、デバイスドライバレベルに直接接続してアプリケーションを書くことができます。SSPを構成する各機能についてはこちらをご覧ください。

SSP機能解説
ソフトウェア認定

ルネサスは、初期の市場要件検証からソフトウェア検証およびメンテナンスまでのソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)全体をカバーするため、SSPのためのソフトウェア品質保証(SQA)プロセスを確立しています。SSPのすべての要素は、これらの要件を満たすように定義され、テストされます。

 

SSP品質は、単体テスト、機能テスト、統合テスト、性能テスト、回帰テスト、動的テスト、および静的解析テストの組み合わせを使用して監視、測定されます。Renesas Synergy™ SQAプロセスが検証可能で、定量化可能な結果を生み出すことを保証するため、SSPリリースには5つのソフトウェア品質指標カテゴリーを満たす必要があります。

 

· コーディング標準を満たす

· コード複雑度を低く維持する

· 要件へのトレーサビリティを維持する

· クリーンに構築する

· すべてのコードの完全なテストカバレッジを達成する

/ja/products/synergy/software/ssp/jcr:content/license

ライセンス供与

有効なユーザアカウントまたは法人アカウントで、3種類のSSPライセンスが利用できます。

 

SSPコードの一部は特定のライセンス・タイプで保護されています。機能的には全く問題なく動作しますが、保護された部分は表示または編集できません。その他のSSPコードは常に表示および編集可能です。

 

任意の有効なアカウントでの評価ライセンスは、SSPおよびRenesas Synergy™ ツールの無料の利用を提供しますが、保護されたセクションの表示または編集はできません。

 

有効な法人アカウントでの開発/生産ライセンスは、すべてのSSPソフトウェアに無料のSSPメンテナンスおよび可視性を追加します。Renesas Synergy™ 開発ツールを使用している場合は、保護されたセクションも含まれます。保護されたセクションは編集できません。このライセンスは、Renesas Synergy™ プラットフォームベースの最終製品の開発と生産に必要です。

 

ソースコードライセンスは、SSPの保護されたセクションを編集する必要があるまれなケースでのみ必要になります。保護されたソースコード編集は推奨されず、最終製品開発には必要ありません。SSPソースコードライセンスについては、地域のルネサス営業担当者にお問い合わせください。

/ja/products/synergy/software/ssp/jcr:content/gallerydownload

ダウンロード

バージョン 1.5.3

現在のリリース

リリース日: 2018-12-12

対応MCU: S7G2, S3A7, S124, S3A3, S128, S5D9, S5D5, S5D3, S3A6, S3A1, S1JA

MD5: e71dbe04b9c97f37f5b59ade076b57a5

ダウンロード

新着情報

SSP v1.5.3は、SSP v1.5.0のクオリティーと機能を強化するパッチリリース版です。

注意事項:

  • SSPv1.5.3向けの統合インストーラー(Platform Installer、e2 studio, IARツールチェイン付き)は準備されていません。SSP v1.5.x (1.5.0, 1.5.1, 1.5.2) プロジェクトをお使いでそれをアップグレードする場合は、すでにSSP v1.5.xがインストールされていてe2 studio 6.2.1が存在する同一のフォルダに、SSP v1.5.3スタンドアロンインストーラをダウンロードして、インストールしてください。

 

  • SSP v1.5.3スタンドアロンインストーラには、SSP v1.5.3までの全てのモジュールが含まれています。

 

  • SSP v1.4.0以前のバージョンからアップグレードする場合、もしくは新規にSSPとSynergy ツールチェインをインストールする場合は、SSP v1.5.3をインストールする前に、Synergy WEBの開発ツールチェインのサイト(https://www.renesas.com/jp/ja/products/synergy/software/tools.html)からSSP v1.5.3に対応するツールチェイン(e2 studio, IARツールチェイン)をダウンロードして、インストールしてください。

 

  • SSP v1.5.3 のSSPユーザズマニュアルは、SSP v1.5.0ユーザズマニュアルの補足資料として単独で提供されます。SSP v1.5.0ユーザーズマニュアル(PDF)と合わせてご使用ください。

 

インストール手順

スタンドアロンインストーラを使用する場合は、インストールする前に以下のものがPCにインストールされていることを確認してください。

• Renesas e2 studio ISDE v6.2.1

• GNU Arm® Compiler (Renesas e2 studio ISDE v6.2.1に同梱)

 次に以下の手順に従って、SSPをインストールしてください。 

  1. Renesas.comから、以下をダウンロードする。

    a. SSP_Distribution_1.5.3.zip (SSP Package Installer,  SSP Packageを含む)

    b. Renesas Synergy Software Package (SSP) v1.5.3 Release Note.

  2. SSP_Distribution_1.5.3.zipパッケージを解凍(unzip)してSSP_Distribution_1.5.3.exe installerを実行する。

  3.  対応するe2 studioがインストールされたルートフォルダ(root folder)に、SSPをインストールする。

注意:SSP用インスタレーションフォルダのデフォルトはC:\Renesas\e2_studioです。SSP のドキュメントはRenesas.comサイトの、Renesas SynergyプラットフォームのSynergy Software Package (SSP) パートから入手可能です。登録済みのMyRenesasアカウントからアクセスするか、新たにMyRenesasに登録してください。

/ja/products/synergy/software/ssp
/ja/products/synergy/software/ssp/jcr:content/allversionsection