1、低消費電力

3つの低消費電力モード(SNOOZEモード、HALTモード、STOPモード)を搭載

画像
3つの低消費電力モード

「SNOOZEモードシーケンサ」によりさらに省電力化が可能 (2021年現在 RL78/G23 のみに搭載)

CPU停止状態でA/D変換、データ受信可能なSNOOZEモード。SNOOZEモードを使用すれば、STOPモード(クロック停止)でCPUは停止させたまま、内蔵発振器を発振させ、周辺機能を動作させることが可能です。RL78/G23では、新たにSNOOZEモードシーケンサを搭載、SNOOZEモード中にほとんどの周辺機能の動作を可能にしました。
これにより、アプリケーションの更なる低消費電力化が実現できます。

A/Dコンバータの場合

インターバル・タイマにより定期的にSNOOZEモードに遷移し、A/D変換と変換結果の比較を実行。センサーによる監視用途などに最適です。例えば「比較値100以上※」と設定した場合は以下のようになります。

  • インターバル・タイマで設定された時間ごとA/D変換を行い、変換結果が100以上になるまでSTOP,SNOOZEを反復(STOP←→SNOOZE)します。
  • 変換結果が比較値100以上の場合、CPUが起動(SNOOZE→MAIN RUN)します。
    ※比較値は範囲で指定することが可能です。

シリアル通信の場合

クロック停止(STOP)状態で受信の待受けが可能なため消費電力削減が可能です。

  • データ受信した場合は直ちにクロックが起動し、受信動作を実行(STOP→SNOOZE)します。
  • 受信終了後にCPUが起動(SNOOZE→MAINRUN)します。
  • 受信エラー発生時は受信終了後にSTOPモードへ戻ることも可能(SNOOZE→STOP)です。

高い処理性能

CPU性能は51.2DMIPS(32MHz動作時、当社従来品比2.0倍)を実現しています。

3つの低消費電力モード(SNOOZEモード、HALTモード、STOPモード)を搭載

  • 通常動作時:動作電流41µA/MHz
画像
通常動作時

1 MHzあたりの通常動作時電流比較(µA/MHz)

  • 時計動作時:0.355µA(32.768 kHz、RTC+LVD)
画像
時計動作時

時計動作時電流比較(32.768 kHz、RTC+LVD)

  • STOP電流:当社従来品比1/10(WDT+LVD)
画像
STOP電流

STOP電流比較(WDT+LVD)

2、 広い拡張性

メモリサイズとパッケージが豊富

  • 1000製品以上の製品ラインアップ
  • 10 ~ 144 ピンの各種パッケージと1 ~ 768 KBまでの幅広いFlashメモリサイズを展開
画像
RL78 Pin Count vs. Flash

優れた端子互換

  • ピン数を変更しても、周辺機能端子や入出力端子の配置はほぼ同じでスケーラビリティを確保。お客様は将来にわたってこのファミリ製品を安心してご使用いただけます。
  • お客様のセットのローエンドモデルからハイエンドモデルまでのボードの共通化や検討工数を効率化します
画像
RL78/G1xにおけるI/Oポートの配置例

PIORレジスタ設定によりピン配置が変更可能

  • 端子配置による基板レイアウトの制限を緩和します。
  • 周辺機能端子の配置を最適化できます。

*(備考)再配置可能な端子は一部端子に限られます。

img_rl78_kf02_3

3、高性能

RL78マイコンのCPUコアは3段パイプライン・ハーバード・アーキテクチャを採用

当社従来品に比べ、CPU処理性能の飛躍的な向上を実現しています。

  • パイプラインを備えた16ビットCPUコア
  • 効率的な命令実行 → 1〜2サイクルで86%
  • シングルサイクル乗算(HW数学アシスト)
  • DMAエンジン(最大4チャネル)
画像
RL78命令実行サイクル
数学のためのHWアシスト 動作 クロックサイクル
シフトおよび回転用の16ビットバレルシフタ 16bit n Shift/Rotate (n = 1 to 15) 1
符号付きおよび符号なしの乗算 16 × 16 = 32 Bit Result 1
符号付きおよび符号なしの積和演算 16 × 16 + 32 = 32 Bit Result 2

4、システムコスト低減

様々な機能をマイコンに内蔵

  • リセット回路
  • 低電圧検出回路
  • ウォッチドッグタイマ
  • 高精度(±1 %)内蔵オシレータ
  • データフラッシュ
  • 温度センサ
  • 異電圧インタフェースポート

img_rl78_kf04_1

5、充実した安全機能

欧州家電安全規格(IEC60730)準拠のハードウェアを搭載)

img_rl78_kf05_1

6、充実の開発環境

ハードウエア開発環境

低価格なオンチップデバッギングエミュレータとフルスペックエミュレータを用意。デバッグニーズに合わせ最適な環境をお選びいただけます。

  • オンチップデバッギングエミュレータ「E2」「E2Lite」

RL78ファミリ以外の当社マイコンにも順次対応予定。当社マイコンを低コストで幅広くサポートします。

E2製品詳細
E2Lite製品詳細

  • フルスペックエミュレータ「IECUBE」

豊富なブレーク機能,不正動作時の解析に便利なトレース機能, 最大/最小/平均等プログラム実行時間の時間測定機能, プログラムの実行網羅率を測定するカバレッジ機能等を標準搭載しています。

IECUBE製品詳細

  • 各種評価ボード

Fast Prototyping Board、Renesas Starter Kit、CPU Board など

詳細はこちら

ソフトウエア開発環境

「かんたん操作,かんたんサポート」で実績のある統合開発環境CS+、μITRON仕様準拠のリアルタイムOSおよびフラッシュメモリプログラマPG-FP6、「ソフトウェアを自由に組み合わせられる」スマート・コンフィグレータを用意。

CS+製品詳細
PG-FP6製品詳細

画像
ソフトウエア開発環境