自動運転機能の効率的なインテグレーションのための、ソフトウェアおよび開発支援環境を備えた試作ECU用HADプラットフォーム

RazorMotionは、ルネサス とTTTech Computertechnik AG(以下、TTTech)が共同開発しました。

ハードウェアは、HADソリューションキットと同様に、2つのR-Car H3 SoC(システムオンチップ)およびRH850/P1H-Cマイコンで構成されており、ASIL-D機能安全(注1)に対応するECU開発をターゲットに開発しました。

自動運転車の実現に向けては、センシング処理や経路計算など、多くのソフトウェアを並行で開発する必要があります。このRazorMotionは、TTTechのソフトウェアプラットフォームMotionWiseを搭載しているため、効率よくソフトウェアをシステム統合することができます。そのため、Tier1、OEMは、RazorMotionを使用してすぐに試作ECU上でソフトウェアを容易に検証・インテグレートでき、開発期間を短縮し自動車の量産開始までの時間を短縮します。

(注1)ASIL (Automotive Safety Integrity Level)は機能安全規格ISO26262で定義される自動車用安全水準であり、QM (Quality Management)、A、B、C、Dで水準が示されます。ASIL Dが最も高い安全度水準です。ルネサスRH850/P1HCマイコンおよびMotionWiseソフトウェアプラットフォームはすべてASIL-D機能安全規格に準拠します。ルネサスR-Car H3 SoCはASIL-B安全レベルに準拠します。

(注2)IPコードは国際基準IEC60529で定義されています。IP 51は防塵・防滴に該当します。

R-Car スタータキット&ソリューションキット

R-Car H3 & M3 スタータキット

昨今、自動運転車開発の加速や、クルマを魅力的に差異化する新しい機能を開発するため、車載情報システムにおけるソフトウェア開発はますます大規模・複雑化しています。車載ソフトウェア開発への新規参入も増加している一方で、優秀で専門性の高いエンジニアの確保や、車載特有の開発環境の整備が急務となっています。 そこでルネサスは、Automotive Grade Linux (AGL) やGENIVI®といったオープンソースコミュニティにおいて標準化が進む車載Linuxプラットフォームを容易に構築でき、高い拡張性をもち幅広い用途に使用可能な、車載ソフトウェア開発用の「R-Carスタータキット」を開発しました。

R-Car V3Mスタータキット

ADASや自動運転応用におけるソフトウェア開発はますます大規模・複雑化しています。特に拡大著しいNew Car Assessment Program(NCAP、注1)向けカメラ市場において、低消費電力と高性能を実現しながらビジネスチャンスを逃さないソリューションが求めらています。そこでルネサスは、オープン、イノベイティブ、トラステッドなRenesas autonomyプラットフォームの一環として、オープン開発環境を拡充する「R-CarV3Mスタータキット」を開発しました。