2021年3月21日

ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO:柴田 英利、以下、当社)の生産子会社であるルネサス セミコンダクタ マニュファクチュアリング株式会社の那珂工場(茨城県ひたちなか市)のN3棟(300㎜ライン)の一部工程において、2021年3月19日午前2時47分に火災が発生し、同日中に鎮火した旨をお知らせしていますが(注)、本日、主にマスコミの方を対象に、「那珂工場火災発生に関する説明会」を開催しました。本説明会では、火災発生に対するお詫びと、経緯や原因、今後の見通しなどをご説明差し上げました。下記のとおり概要をお知らせします。

改めまして、近隣住民の皆さま、お客様、関係企業の皆さま、関係当局の皆さまなど多くの方々に多大なるご心配とご迷惑をおかけしていることを深くお詫びいたします。

(注)2021年3月19日「半導体製造工場(那珂工場)の火災発生に関するお知らせ
    2021年3月20日「半導体製造工場(那珂工場)の火災発生に関するお知らせ(第二報)

1.会見日時

2021年3月21日(日)午後2時~3時

2.会見出席者

ルネサス エレクトロニクス株式会社 代表取締役社長兼CEO 柴田 英利
 ルネサス エレクトロニクス株式会社 執行役員常務兼生産本部長 野崎 雅彦 
 ルネサス セミコンダクタ マニュファクチュアリング株式会社 代表取締役社長 小澤 英彦

3.会見内容(要約)

  • 冒頭ご挨拶

火災に際しまして、近隣の皆さま、お客様、取引先、関係の皆さまに多大なご迷惑とご心配をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。火災の鎮圧にあたり、多大なご尽力をいただいた消防の皆さま、関係の皆さまに感謝申し上げます。

  • 火災の概要

2021年3月19日午前2時47分に那珂工場のN3棟(300㎜ライン)の一部工程で火災が発生し、同日午前8時12分頃鎮火しました。3月20日に警察および消防による現場検証を行い、出火元をN3棟1階のめっき装置と特定しました。

  • 火災原因

出火元となっためっき装置の筐体およびめっき槽は熱への強度が相対的に低く、過電流が発生したことにより発火に至ったものです。ただし、過電流が発生した原因や発火に至った経緯については調査中です。

  • 被害状況

人的被害はなく、工場の建屋の被害もありませんでしたが、純水供給装置や空調装置など一部用役設備および一部製造装置に被害が出ています。焼損面積は600㎡でN3棟1階のクリーンルーム12,000㎡の内、約5%に相当し、焼損装置も11台でN3棟の全製造装置の内、約2%に相当します。仕掛品の被害状況については、現時点で不明であり、今後約1週間をかけて確認します。

  • 生産・出荷の状況

N2棟(200㎜ライン)およびWT棟(ウェハテストライン)は稼働中であり、製品出荷を継続していますが、現在N3棟は生産を停止しています。N3棟については、今後、取引先や製造装置メーカーなど関係の皆さまのご協力を得ながら、クリーンルーム内の清掃と焼損した装置の調達などを進め、今後1か月以内に生産を再開することを目標としています。なお、N3棟で生産している品目について、N3棟の2階部分は、今回の火災の影響を受けておりませんが、1階と一体運営をしているため、2階部分を個別に稼働させても生産出荷はできません。

  • 代替生産の予定

N3棟の生産品の内、約3分の2が技術的には自社工場およびファウンドリでの代替生産が可能ですが、昨今半導体需給が逼迫していることから、全てが即時に代替生産が可能な状況ではありません。可能な限り早く、また、少しでも多くの製品で代替生産を進められるよう検討してまいります。

  • 業績への影響

N3棟が生産を停止することによる売上影響は、月当たり約170億円となります。詳細については現在精査中のため、判明次第お知らせします。

当社は、今後も地域の安全確保に努め、引き続き、消防、警察をはじめとした関係当局のご協力のもと、徹底した原因究明を行い、再発防止に取り組んでまいります。

以上


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。