~RAファミリの新マイコンを、2022年第1四半期にサンプル予定~

2021年10月21日

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO: 柴田 英利、以下ルネサス)は、このたび、最新のBluetooth® 5.3 Low Energy(LE)規格に対応する新たなマイコンを開発中であることを発表します。2022年第1四半期に最初のサンプルを予定しています。このマイコンは、2020年5月に発売したBluetooth 5.0 LE対応のRA4W1に続くもので、Arm® Cortex®-Mコアを搭載した32ビットマイコンのRAファミリに加わります。

 Bluetooth SIGの新規格Bluetooth 5.3は、2021年7月13日に発表されました。この規格には、レシーバのデューティサイクルを改善するためにレシーバでホスト層を動作させることなくメッセージのフィルタリングが行える等の重要な新機能が含まれています。また、スループットと信頼性を向上させるため、ペリフェラル機器からセントラル機器に優先チャネル情報を提供できるようになっています。さらに、たびたびバーストトラフィックに切り替えなければならないアプリケーション向けに、低デューティサイクルと高デューティサイクル間の切り替え時間を短縮するサブレート接続も追加されています。これらの機能に加え、ルネサスの新マイコンは、Bluetooth 5.1で追加された方向検知機能、およびBluetooth 5.2でステレオオーディオ伝送用に追加されたアイソクロナスチャネルにも対応予定です。また、ソフトウェア無線(SDR)機能の搭載により、ユーザは後日リリースされる新たな規格への移行が可能です。

 ルネサスは、Bluetooth対応製品開発の長い歴史と、Bluetooth LEデバイス設計における深い専門知識を持っています。新たに開発される製品は、アプリケーション開発を容易にするRAファミリのFlexible Software Package(FSP)でサポートされ、さらにBluetoothのカスタムプロファイル用プログラムを生成しユーザのアプリケーションプログラムに組み込むことができるアプリケーション開発支援ツールのQE for BLEでもサポートされます。従来のRAファミリと同様、TrustZone®対応の高レベルなセキュリティやセーフティメカニズムも、新製品の特長となります。高性能かつ低消費電力で、小型パッケージのオプションも用意する予定です。

 ルネサスのIoT・インフラ事業本部、MCUビジネス担当の執行役員であるRoger Wendelkenは次のように述べています。「ルネサスの使命は、最高のパフォーマンスと使いやすさ、そして最新機能を備えた製品を提供することです。Bluetooth 5.3 LE規格に対応した製品を早期に提供することで、ルネサスのRAファミリをお使いいただくお客様がいち早く次世代製品を市場に出せるよう強固にサポートします。」

 ルネサスは、新たなBluetooth 5.3 LE対応マイコンと、補完的なアナログ、パワーおよびタイミングデバイスを組み合わせたウィニング・コンビネーションを提供する準備もしています。ウィニング・コンビネーションは、動作確認済みの使いやすい組み合わせを提案することにより、設計のプロセスを簡素化し、幅広い用途においてユーザの設計リスクを軽減します。

Bluetooth 5.3 LE規格の詳細については、こちらのブログをご覧ください。
What’s New in Bluetooth® 5.3 Low Energy(英語)

以 上

*BluetoothはBluetooth SIG Inc.の登録商標です。Arm、Arm Cortex、Arm TrustZoneは、EUとその他の国におけるArm Limitedの商標または登録商標です。本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。

この記事をシェアする

この記事をシェアする