データセンタやサーバ機器に向けて、新たなI3Cバス拡張製品として、I3CマルチプレクサとI/Oエキスパンダを発売

~12.5MHzの通信速度に対応し、柔軟性の高い設計と省スペース化を実現~

2020年06月04日

ルネサス エレクトロニクス株式会社

 

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO: 柴田 英利、以下ルネサス)は、このたび、データセンタやサーバ、エンタープライズ、ファクトリオートメーション、通信機器など、さまざまなアプリケーションにおける、制御信号を伝達する制御バスの設計向けに、インタフェース規格であるI3C Basicに対応する新たなバス拡張製品を発売しました。新製品は、2つの信号を受けて1つにして出力する2:1バスマルチプレクサ「IMX3102」、1つの入力を2つに拡張する1:2バスエキスパンダ「IMX3112」、1つの入力を4つの汎用I/Oとして出力する1:4汎用I/Oエキスパンダ「IXP3114」、「IXP3104」の4種をラインアップしました。新製品は、最高12.5MHzの通信速度および内蔵温度センサ機能(IXP3104を除く)に対応しています。

 新たな製品群は、バスの複雑性と伝送信号品質(シグナルインテグリティ)に影響を及ぼす可能性がある複数のマスタ機器や、多数のエンドポイント機器、長距離のトレースが存在するアプリケーションにおいて、I3C Basicをシステム管理バスとして実装する際に、設計を柔軟にできるようにするものです。温度センサを内蔵しているため、バス設計自体の温度管理が容易になり、専用の温度センサの数を減らすことができます。

 JEDECがDDR5メモリにI3C Basicを標準採用したことを受け、次世代のコンピュータアーキテクチャは、有望なシステム管理バスとして、I3C Basicへの移行が進んでいます。また、サブチャネルレベルでの分散電源管理、テレメトリ、および温度管理により、メモリサブシステムがますます複雑化していることから、さらなる高帯域なバス幅が求められています。さらに、新たに高まりつつある高度な温度制御ループ、セキュリティとコンポーネント認証、そしてより強固なフォールトトレランスとリカバリに対するニーズの面でも、制御バス全体を通して、より帯域の広いインタフェースが求められています。

 IC3 Basicは、このようなニーズの全てに対し、最適なソリューションとなります。例えばサーバでは、I3C Basicにより、起動時および動作時に、システム管理アーキテクチャがリソースのステータスに関するより詳細な情報を提供することが可能になります。これにより、システム管理者は、効果的な作業負荷のマイグレーションとサーバの負荷のバランシングを実行し、サーバの使用状況を大幅に最適化することができます。

 ルネサスのデータセンタ事業部のVice PresidentであるRami Sethiは次のように述べています。「今日、データセンタ機器の高度なプラットフォーム管理は複雑さを増し、とうとうI2CやSMBusのような10年前から使用されているインタフェースの能力を超えてしまいました。このたび、環境制御、高度なテレメトリ、セキュリティ、および障害回復において優れた性能を持つ、大規模で高速なコントロールプレーン設計向けのI3Cバス拡張デバイスを発表することができ、大変嬉しく思います。」

 

I3C Basicエキスパンダについて

 2:1バスマルチプレクサ「IMX3102」は、2個のマスタ機器が1個の周辺機器あるいはスレーブ機器を制御する設計に最適です。1:2バスマルチプレクサ「IMX3112」は、単独のマスタ機器が2個の周辺機器あるいはスレーブ機器を制御する設計に適しています。1:4汎用I/Oエキスパンダ「IXP3114」および「IXP3104(温度センサ無し)」は、最大4個の周辺機器あるいはスレーブ機器を制御するホストコントローラ用に設計されています。

 マザーボードの温度が予期せず上昇してシステム障害を引き起こし、高いコストがかかることがあります。致命的な障害の発生を防ぐためには、マザーボードの複数の場所に温度センサを配置することにより、温度の急上昇を監視し、必要に応じてCPUに指示することが可能です。新たなI3C製品群には温度センサが内蔵されているため、システム構成を改善し、システム全体のコストを削減することができます。

 

その他の特徴は次の通りです。

  • プログラマブルな2線I2CまたはI3C Basicバスシリアルインタフェース
  • ホストバスへのシングルデバイス負荷
  • 電源供給:1.8V単一入力
  • 内蔵温度センサ精度:0.5℃(0.25℃の分解能)
  • 温度範囲:-40℃~125℃
  • パケットエラーチェックおよびパリティエラーチェック機能
  • バスリセットおよびバスクリア機能
  • インバンド割込み
  • プログラマブルなI2C、I3C Basicバスアドレス
  • 2mm×3mmの熱性能に優れた9ピンPSON-8パッケージ

 

ルネサスは、新たなI3C製品により、I3CおよびI2Cデバイスの幅広いポートフォリオを提供します。

 

供給

ルネサスI3Cデバイスおよび評価ボードについては、条件を満たすユーザ向けにサンプルを供給しています。詳細についてはwww.idt.com/memorymuxをご覧ください。

以 上

 

*本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。