産業、医療、IoT機器等の幅広いセンサ用途に向け、先進的なセンサシグナルコンディショナIC「ZSSC3240」を発売

~高性能かつ小型な上、高い柔軟性により幅広い応用分野への適用が可能なため、センサプラットフォームの開発を容易化~

2020年05月13日

ルネサス エレクトロニクス株式会社

 

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO: 柴田 英利、以下ルネサス)は、このたび、センサシグナルコンディショナ(SSC)ICの新製品「ZSSC3240」を発売しました。新製品は、抵抗型圧力センサや医療用赤外線体温計などのセンサ用途に向け、高精度、高感度、および高い柔軟性を実現します。この新たなSSCは、クラス最高の性能と応答性となる最大24ビットのアナログ・デジタル変換(A/DC)分解能を特長としています。また、柔軟性の高いセンサアナログフロントエンドと、様々な出力インタフェースを持つため、ほとんどの抵抗型および絶対電圧センサ素子での使用が可能です。これによりユーザは、単一のSSCデバイスから完全なセンシングプラットフォームの開発が可能になります。

 さらに、新製品はコンパクトなサイズのため、産業用圧力伝送器、HVACセンサ、重量計、ファクトリオートメーション機器、スマートメータ、ヘルスケアモニタなど、産業、コンシューマ、および医療分野の幅広いセンサ応用機器に最適です。

 ルネサスのエマージングマーケット事業部、センシングソリューション担当のSenior DirectorであるUwe Guentherは次のように述べています。「ルネサスは、クラス最高の技術とノウハウ、知見を結集し、1つのデバイスを幅広い機器に使用できる完全なセンシングプラットフォームを、お客様が容易に構築することができるよう、パフォーマンス重視のオールインワンソリューションを作り上げました。ユーザはSSCの卓越した性能とコンパクトなサイズ、そして何よりも柔軟性の高い特長を活かして、スマートファクトリ、スマートビルディング、スマートエネルギ、スマートヘルスケアなどの分野で、次世代のセンサ応用機器を実現することができます。」

 微細加工されたシリコンベースのセンサ素子は、ほとんどの場合、非線形で非常に小さい信号を出力することから、センサ素子開発には、センサ信号を線形化した出力に変換するために特別な技術が必要となります。ZSSC3240は、プログラム可能で精度が高く、ワイドなゲイン設定や量子化機能に、効率よく高次デジタル補正と線形化を組み合わせることで、センサインタフェースの設計と製造の両面を支援します。

 また、高性能で柔軟性の高いセンサフロントエンド設定とアナログ出力オプションにより、ZSSC3240を使用したセンサプラットフォームを容易に設計できるようになります。これによりユーザは、SSCにかけるコスト効率も改善でき、幅広いセンサ素子を開発することができます。

 

ZSSC3240 SSCの主な特長

  • 最大24ビットA/DC分解能でセンサ補正の高精度を実現
  • 最大540V/Vに対応する高利得アナログフロントエンド
  • 高精度のセンサキャリブレーションを実現する26ビットDSPを内蔵
  • 4-20mA電流ループ出力、アナログ電圧出力、およびI2C、SPI、OWIなどのデジタルインタフェースに対応
  • 医療およびセーフティ応用機器向けのオンチップ診断機能

 

供給

ZSSC3240は、4mm×4mmの24ピンQFNパッケージで、10,000個一括購入時の参考価格は、1.57米ドル/個(税別)です。このSSCは、ベアダイでも提供しています。

 

ZSSC3240 SSCの技術説明書やツールなどの詳細については、こちらをご覧ください。
www.idt.com/ZSSC3240

以 上

 

*本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。