ルネサスがオフィシャルテクニカルパートナを務めるマヒンドラ・レーシングが、フォーミュラEの第2戦で勝利

~ルネサスのEVやパワーマネジメントに関するシステムレベルの知見が、マヒンドラ・レーシングの勝利に貢献~

2019年01月18日

ルネサス エレクトロニクス株式会社

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO:呉 文精、以下ルネサス)は、2019年1月12日(現地時間)にモロッコのマラケシュで開催された2018/2019 ABB FIAフォーミュラEチャンピオンシップの第2戦で、ルネサスがオフィシャルテクニカルパートナを務めるマヒンドラ・レーシングが勝利を収めたことをお知らせします。勝利したチームドライバは、ジェローム・ダンブロシオ(Jerome D’Ambrosio)です。

 ルネサスはフォーミュラEに参戦する10のファンディングチームの1つであるマヒンドラ・レーシングと、今シーズンに向けて戦略的技術提携を拡大しており、今回、PoC(proof-of-concept:プロトタイプ実装に際しての機能検証工程)設計にモジュールレベルのアプローチを取り入れ、プリント基板設計、回路図、ソフトウェア、およびテストを含む電子制御ユニット(ECU:Electronic Control Unit)の開発を行いました。この新しいアプローチにより、いくつかの改良を行い、処理能力が大幅に向上し、バッテリの安全システムを改善しました。

 今後もルネサスとマヒンドラレーシングチームは共同で、堅牢性が求められるパワートレインシステム向けルネサスの「RH850 / E2x」マイコンおよび車載用バッテリマネージメントICを使用したシステムレベルの設計改良を続け、今シーズンの総合優勝を狙います。

 ルネサスエレクトロニクスのオートモーティブソリューション事業本部の執行役員兼CTOである吉岡真一は次のように語っています。「シーズン5は、とても素晴らしいスタートを切ることができました。私たちは、マヒンドラ・レーシングとの戦略的技術提携を拡大し、両社がシステムレベルで協力していることが、今シーズンの開幕結果につながっていることを大変喜ばしく思います。」

 マヒンドラ・レーシングのCEO兼Team PrincipalであるDilbagh Gill氏は、次のように述べています。「私はマラケシュでの勝利に本当に興奮しています。ルネサスとは昨年から協業していますが、ルネサスのEVや量産車に向けたシステム開発の専門性を活かしてもらうことにより、今回私たちのチームが勝利したように、今後もEVレースのために尽力していきます。」

 

ABB FIA フォーミュラE選手権について
「Race to Road方針」(レースで使用した技術を十分に試験して主流の量産車に適用する方針)に最適な設計環境となっています。このような車両システムの開発には、設計の有効性を確かめ、エンジニアが知見を素早く特定し、理解し、そしてそれを応用することが可能な、素早い応答フィードバックループを提供できる挑戦的な試験環境が必要です。それが次世代のEV設計における開発と生産のスピードを加速させることにつながります。

ルネサスとマヒンドラ・レーシングの協業について
2017年11月に技術提携を開始して以来、ルネサスとマヒンドラ・レーシングは、同チームの車両のために量産可能な先進的EV技術の開発で協力してきました。ルネサスは今後も世界をリードする車載半導体サプライヤとして、EV向けソリューションを開発していきます。

ルネサスとマヒンドラ・レーシングの詳細は、こちらをご覧ください。
https://www.renesas.com/about/sponsorship.html

マヒンドラ・レーシングのシーズン5の成績についての詳細は、Twitterで @Mahindra Racing、Instagramで @mahindraracing、またはFacebookで Mahindra Racing をフォローしてください。

以 上

 

*本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。