ルネサスとマヒンドラ・レーシングが、フォーミュラEにおける技術提携をシーズン5に向けて拡大

~システムレベルのEVとパワーマネジメントのルネサスの知見により、レーシングカーのパフォーマンスを大幅に向上~

2018年11月12日

ルネサス エレクトロニクス株式会社

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO:呉 文精、以下ルネサス)は、このたび、インドの電気自動車(EV:Electric Vehicle)開発のパイオニアであるMahindra & Mahindra, Ltd.(本社:インド・ムンバイ、Executive Chairman: Anand Mahindra、以下、マヒンドラ)と、10のファンディングチームが参戦するABB FIA フォーミュラE選手権に参加するマヒンドラ・レーシングとの戦略的提携を、2018-19シーズンに向けて拡大することを発表します。

 マヒンドラ・レーシングチームは、要件が厳しいパワートレインシステム向けに設計されたルネサスの車載用マイコン「RH850/E2x」と、ルネサスの車載用バッテリ管理ICを活用して、システムレベルの設計改良を行っています。シーズン5に向けて、ルネサスはPoC(proof-of-concept:プロトタイプ実装に際しての機能検証工程)設計にモジュールレベルのアプローチを取り入れ、プリント基板設計、回路図、ソフトウェア、およびモジュラーレベルのテストを含む電子制御ユニット(ECU:Electronic Control Unit)の開発を行いました。このアップグレードにより、処理能力が大幅に向上するとともに、バッテリ管理ICによりバッテリのセーフティシステムを改善できます。ABB FIA フォーミュラEシーズン5は2018年12月15日にリヤドで開催されるディルイーヤE-Prixを初戦として、2019年7月14日開催のニューヨークシティE-Prixまで続きます。

 マヒンドラ・レーシングのCEO兼Team PrincipalであるDilbagh Gill氏は、次のように述べています。「前シーズンでのコラボレーションを通じて、マヒンドラ・レーシングとルネサスは非常に大きな成果を上げました。フォーミュラEが次のシーズンに向けてギアチェンジする中で、ルネサスと協力し、次世代のレーシングカーの設計を強化していけることを嬉しく思います。量産可能なルネサスのEV用と自動車用のシステム開発における専門性と、私たちの勝てるチームが手を組むことで、電気自動車レースのレベルをさらに引き上げていきます。」

 ルネサスのオートモーティブソリューション事業本部 車載システム開発統括部の統括部長Amrit Vivekanand は、次のように述べています。「フォーミュラEは、当社のシステムレベル設計を即座に証明できる、他に類のないEV設計テスト環境です。当社とマヒンドラ・レーシングの戦略的技術提携関係をさらに拡大し、システムレベルの設計に関する知見を共有することで、チームのEV設計の発展スピードを加速させるとともに、2018-2019シーズンの成功に貢献できることを嬉しく思います。」

 ABB FIA フォーミュラE選手権は、「Race to Road方針」(レースで使用した技術を十分に試験して主流の量産車に適用する方針)に最適な設計環境となっています。このような車両システムの開発には、設計の有効性を確かめ、エンジニアが知見を素早く特定し、理解し、そしてそれを応用することが可能な、素早い応答フィードバックループを提供できる挑戦的な試験環境が必要です。それが次世代のEV設計における開発と生産のスピードを加速させることにつながります。

 2017年11月に技術提携を開始して以来、ルネサスとマヒンドラ・レーシングは、同チームの車両のために量産可能な先進的EV技術の開発で協力してきました。ルネサスは今後も世界をリードする車載半導体サプライヤとして、EV向けソリューションを開発していきます。

 ルネサスとマヒンドラ・レーシングの詳細は、こちらをご覧ください。
 https://www.renesas.com/about/sponsorship.html

 マヒンドラ・レーシングのシーズン5の成績についての詳細は、Twitterで @Mahindra Racing、Instagramで@mahindraracing、またはFacebookでMahindra Racing をフォローしてください。

以 上

 

*Renesas autonomyは、ルネサス エレクトロニクス株式会社の商標です。他の製品名は全て、それぞれの所有者に属する商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。