1. Home
    2. プレスセンター
    3. 2017
現在の株価
投資家の皆様へ

ルネサスとDiboticsが、自動運転開発を加速させる高性能かつ、低消費電力なLiDARソリューションをR-Carのみで実現

~Renesas autonomy™のオープンなソリューション提案の一環として、CES2018 のDiboticsブースに出展~

2017年12月14日

  • ルネサス エレクトロニクス株式会社
  • Dibotics

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長兼CEO:呉 文精、以下ルネサス)と、リアルタイム3次元 LiDAR処理のパイオニアであるDibotics(本社:フランス・パリ、CEO:Raul Bravo)は、ADAS(Advanced Driving Assistance System:先進運転支援システム)向けLiDAR(Light Detection and Ranging:レーザ光による検出と測距)ソリューションで協業したことを発表します。本LiDARソリューションは、ルネサスの高度な画像処理を低消費電力で実現する車載用SoC(System on Chip)「R-Car」と、Dibotics の各種LiDARセンサーに対応可能なSoC向けソフトウェア「SLAM on Chip™(注1)」テクノロジの組み合わせにより実現します。SLAM on Chipは、高性能なPCが必要とされていた3次元のSLAM処理をSoC上で実現し、さらに従来、必要とされていたIMU(Inertial Measurement Units:慣性計測ユニット)とGPS(全地球測位システム)データを使用せず、LiDARのデータだけで、3次元マッピングシステムが実現可能です。SoCとしてルネサスのR-Carと組み合わせることにより、車載システムで実用できる低消費電力、かつ機能安全にも対応したリアルタイム3次元マッピングシステムが実現可能です。

 自動運転の実現に向けて、高精度に周辺環境を認識し、自車位置の推定を行うため、車両周辺の障害物をリアルタイムに検出可能なLiDARは、キーとなるセンサーと期待されていますが、データ処理量が膨大のため、最適なソフトウェアとそれを実現する高性能なSoCの組み合わせが求められていました。本ソリューションは、Diboticsの高度な画像処理ソフトウェアを、ルネサスの高性能なSoC、R-Car上で実現することにより、車載用LiDARシステムの構築が可能となります。

 

 ルネサス エレクトロニクス株式会社のグローバルADASセンター、Vice PresidentのJean-Francois Chouteau は次のように述べています。「ルネサスとDiboticsの協業は、低消費電力でリアルタイム処理を実現する革新的なLiDARソリューションを実現することが可能です。自動運転においてルネサスは、エンドツーエンドのソリューションを提供するRenesas autonomyプラットフォームの下、革新的なプレイヤーとの連携を進めていますが、LiDAR市場において極めて高い技術を持つDiboticsとの協業が実現でき、大変うれしく思います。」

 

 Dibotics のCEO かつ共同創業者のRaul Bravoは次のように述べています。「LiDARセンサーはADASおよび自動運転において重要な役割を担うでしょう。この協業は理想的だと言えるのは、ルネサスのSoCとDiboticsの独自技術が、最先端のシステムで求められる性能を実現できるからです。OEM、Tier1のLiDARシステムの開発者は、この理想的なソリューションを用いることにより早期開発が可能になるため、開発コストを低減しつつ、市場機会をとらえることが出来ます。我々は市場のリーダーであるルネサスとの協業を大変うれしく思います。」

 

 Diboticsの製品である“Dibotics’ Augmented LiDAR™ software”は独自技術で、3次元のSLAM処理をLiDARセンサーのデータのみで実施し、3次元マップを作成することが可能です。また、移動体の形状や速度、軌道の計測、複数のLiDARデータを、キャリブレーションや同期処理なしでリアルタイムに組み合わせることができます。IMUやGPS、あるいはホイールエンコーダー(注2)からのデータ入力を必要とせず、システム開発において追加の費用が不要となりBOMコストの削減が可能です。

 

 ルネサスの車載用SoC「R-Car」は高性能のため、“Dibotics’ Augmented LiDAR™ software”を搭載することが可能です。低消費電力かつ、ISO26262(ASIL)で規定される機能安全基準にも対応しています。R-Carはセンシングから制御、クラウドまでエンドツーエンドのソリューションを実現するRenesas autonomy™プラットフォームの基幹となるSoCです。

 

 Diboticsは、2018年1月9日からアメリカのラスベガスで開催されるCES2018のDiboticsブース (Central Plaza North Hall, CP-5, France Auto Pavilion)、でLiDARのデモを出展します。

 

以 上

 

  • (注1) 

    SLAM on Chip (Simultaneous Localization and Mapping on Chip): SLAMは移動の軌跡から自己位置推定と環境地図の作成を同時に行うアリゴリズムである。SLAM on ChipはSoC上で実現されたSLAMのことをいう

  • (注2) 

    車のホイールの回転を計測することで車の速度を計測すること


  • *  

    SLAM on Chip および Augmented LiDARは、Diboticsの商標です。

  • *  

    Renesas autonomyは、ルネサス エレクトロニクス株式会社の商標です。その他、本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。

【Diboticsについて】

Diboticsはパリを拠点とし2015年にRaul Bravo と Olivier Garciaによる設立されたリアルタイムLiDAR処理の会社です。Raul Bravo とOlivier Garciaは15年以上にわたるロボット向けのLiDAR処理の経験をもとに独自の3次元SLAM技術(Simultaneous Localization and Mapping)を開発しました。Augmented LiDAR™はDiboticsの最初のソリューションであり、センサーデータのみによるポイントワイズ識別、障害物検出、トラッキング、キャリブレーション不要のセンサーフュージョンなどを実現するソリューションであり、半導体上で実現可能です。(SLAM on Chip™)


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。

Contact