1. Home
    2. プレスセンター
    3. 2017
現在の株価
投資家の皆様へ

ルネサスとASTCが自動運転向けソフトウェア開発を加速する仮想環境を提供

~組み込みソフトウェアをPCのみで開発できる仮想環境「VLAB/IMP-TASimulator」が開発期間と品質を大きく改善~

2017年10月24日

  • ルネサス エレクトロニクス株式会社
  • Australian Semiconductor Technology Company株式会社

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長兼CEO:呉 文精、以下ルネサス)とAustralian Semiconductor Technology Company Pty Ltd(本社:オーストラリア、CEO:Jay Yantchev(ジェイ ヤンチェフ)、以下ASTC)ならびにASTCの子会社であるVLAB Worksはこのたび、ルネサスの車載情報・ADAS(Advanced Driver Assistance Systems:先進運転支援システム)用SoC (System on Chip)「R-Car V3M」をPC上に再現し、組み込みソフトウェアをPCのみで開発できる仮想環境「VLAB/IMP-TASimulator」を共同開発しました。新しい仮想環境は、ASTCおよびVLAB Worksが2018年1月~3月期から提供を開始します。

 この新仮想環境はルネサスが提供するR-Car V3M向けソフトウェア開発環境の一翼を担う開発ツールであり、ルネサスが本年4月に発表した「Renesas autonomy」コンセプトに基づく一連のソリューションのひとつです。

 自動運転システムにおいては、例えば自車の位置を推定するための物体検知、認識などのアルゴリズム開発はより複雑かつ大規模なものとなり、PCによる開発が主流となっています。一方、実際に自動運転車で動作するソフトウェアはハードウェアアーキテクチャを前提とした組み込みソフトウェアで、従来から評価ボードなどのハードウェアによる開発が中心です。そのため、PCで開発したアルゴリズムをハードウェアアーキテクチャに深く依存する組み込みソフトウェアに移植させることが大きな課題となっており、2つの開発フェーズ間のスムーズな移行、もしくは一体化を実現する開発環境が強く求められています。

 

 このような要望を満たすため、ルネサスとASTCは、組み込みソフトウェアへの移植を前提としたR-Car V3M向けソフトウェア開発を可能とする仮想環境VLAB/IMP-TASimulatorを共同開発しました。具体的には、ASTC独自の仮想化技術である「VLAB」が対象のハードウェアをPC上に正確に再現します。これにより、これまでハードウェアを使って開発していた組み込みソフトウェアを、PCのみで開発できます。この仮想環境の上で、開発者はハードウェアの動作を隅々まで確認・制御することが可能なため、ソフトウェアの不具合も効率的に検出することができ、品質の高いソフトウェアを従来の半分以下の期間で開発できます。

 

 VLAB/IMP-TASimulatorの特長は以下の通りです。

 

(1)R-Car V3M内蔵の画像認識エンジン「IMP-X5」をPC上に再現し、ソフトウェアの開発期間を大幅に削減

新仮想環境は、IMP-X5の64スレッド並列プロセッサをPC上に再現します。マルチスレッドプログラミング専用のC言語で作成されたソフトウェアのステップ実行、ブレーク、変数参照などのデバッグが可能であり、この仮想環境を使用しない場合と比べてIMP-X5向けソフトウェアの開発期間を大幅に削減することができます。

 

(2)ASTC独自の「タイミング相関型シミュレーション」搭載によりハードウェアの処理時間見積もりを高速化

新仮想環境は、「タイミング相関型シミュレーション」を搭載し、IMP-X5のキャッシュ、バス、プロセッサおよびその他機能ブロックの複雑なタイミング動作のモデル化にあたり、ハードウェア動作の主要なタイミングを正確に把握・反映し、効率的なシミュレーションが可能です。これにより、ハードウェアの処理時間見積もりで一般的に使用されるサイクルベースシミュレータと比較して100倍以上高速に実行できます。

 

 今回の新製品の発表に際して、ルネサスのグローバルADASセンター、Vice PresidentのJean-Francois Chouteauは次のように述べています。「このたび、仮想化技術で世界をリードするASTCのVLABを、R-Car採用のお客様にお届けできることになりました。VLAB/IMP-TASimulatorは当社が提唱する『Renesas autonomy』コンセプトに基づく、R-Carの開発環境のひとつです。ルネサスは、ソフトウェア開発を加速する新しい仮想環境の提供により、お客様のアプリケーション開発に貢献してまいります。」

 

 ASTCの代表取締役の吉澤 宏は次のように述べています。「ルネサスとASTCの共同開発の結果、弊社のVLAB上でR-Car V3Mのアーキテクチャ、機能、タイミングを高い精度で再現しました。これにより、R-Car V3Mのお客様が、新しいADASアプリケーションを迅速かつ高い品質と信頼性で市場投入できることを期待しています。」

 

以 上

 

  • *  

    Renesas autonomyは、ルネサス エレクトロニクス株式会社の商標です。その他、本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。

【ルネサスについて】
より安全で健やかな暮らしを支える、環境に優しいスマート社会を構築するため、ルネサスは、自動車、産業、ブロードベースド分野を集中領域とし、デバイス、キット、プラットフォームという3つの半導体ソリューションを取り揃え、付加価値を高めた最適なサービスを提供していきます。詳細については、こちらをご覧ください。www.renesas.com

 

【ASTCについて】
ASTCとVLAB Worksは自動車、輸送、モバイルで、マルチメディアおよび組み込みソフトのためのグローバル・マーケットとサプライチェーンに貢献します。ASTC (Australian Semiconductor Technology Company)はハードウェア、ソフトウェア設計サービスとソリューションを提供するプライベートカンパニーです。 VLAB WorksはASTCのビジネス子会社で、組み込みシステムとそのソフトウェア開発者のための革新的なシステムシミュレーションと仮想プロトタイプソリューションを提供します。VLAB WorksとASTCの本社はオーストラリアのアデレードに本社を構え、約100人以上のスタッフを擁し、オーストラリア、ヨーロッパ、日本、北アメリカにオフィスを置いています。詳細な情報については、http://www.vlabworks.comhttp://www.astc-design.comをご覧ください。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。

Contact