本製品は、ルネサス統合開発環境High-performance Embedded Workshopにおいて、ターゲットシステムのない段階でアプリケーションのソースレベルデバッグを可能にするシミュレータです。

以下のシミュレータデバッガの独自機能(高機能デバッグ)により実機がない段階でC/C++言語やアセンブリ言語で作成されたプログラムを効率よくデバッグできます。

  • 高精度シミュレーション(サイクルアキュレート、パイプライン/キャッシュヒットレート測定可能)
  • Simulated I/O機能(標準・ファイル入出力機能を使用可能)
  • 擬似割込み機能(割込み動作のシミュレーションが可能。任意のタイミング、ブレーク条件を使用した擬似割り込み。タイマモジュールを使用した内部割込みが可能)

また、直感的にわかりやすいGUI(グラフィカルユーザインタフェース)が、快適なデバッグ環境を実現します。

本製品は SuperHファミリ用C/C++コンパイラパッケージに含まれています。コンパイラパッケージをインストールすると、High-performance Embedded Workshop環境に本シミュレータデバッガの機能が追加されます。

特長

  • ホスト計算機上で動作するので、実機がなくてもプログラムのデバッグを開始することができ、システム全体の開発期間を短縮できます。
  • パイプラインシミュレーションを行い、プログラムの命令実行サイクル数を計算します。これにより実機がなくても性能評価が行えます。
  • 下記のような機能を持ち、プログラムのテスト、およびデバッグを効率よく進めることができます。
    • SuperH RISC engine の各CPU に対応
    • デバッグ対象プログラムの実行中に異常が発生した場合、異常を無視して続行するか、または停止するかを制御する機能
    • プロファイルデータ取得、および関数単位のパフォーマンス測定
    • 豊富なブレーク機能(擬似的な割込み動作も可能)
    • メモリマップの設定・編集
    • 関数呼び出し履歴の表示
    • C/C++およびアセンブラソースレベルのカバレジ表示
    • イメージ表示、波形表示による視覚的デバッグ機能
  • Windows上で動作し、ブレークポイント・メモリマップ・パフォーマンス・トレースをダイアログボックス上で設定することができます。SuperH RISC engineマイコンの各々のメモリマップに対応した環境設定もダイアログボックス上で行うことができます。
  • Learn More

Release Information

最新Ver.: V.9.10.01
リリース: 2011/05/16

バージョンアップ内容(ツールニュース参照)
動作環境

Note

  • High-performance Embedded Workshop V.4.07.00がインストールされていない場合、SuperH RISC engine シミュレータデバッガ V.9.10.00へのリビジョンアップはできません。
  • Windows 7上で使用する場合は、C/C++コンパイラパッケージをアップデートした後、High-performance Embedded Workshop をV.4.08.00へアップデートしてください。High-performance Embedded Workshop V.4.08.00へのアップデート方法はツールニュースをご参照ください。

ドキュメント&ダウンロード

タイトル 他の言語 分類 形式 サイズ 日付
ユーザーガイド、マニュアル
High-performance Embedded Workshop V.4.09 ユーザーズマニュアル English マニュアル PDF 5.41 MB
High-performance Embedded Workshop用 HewTargetServer ユーザーズマニュアル English マニュアル PDF 3.09 MB
SuperH シミュレータ/デバッガ V.9.10.00 ユーザーズマニュアル補足説明資料 English マニュアル PDF 1.15 MB
SuperH シミュレータデバッガ ユーザーズマニュアル English マニュアル PDF 1.63 MB
ダウンロード
【無償評価版】SuperHファミリ用C/C++コンパイラパッケージ V.9.04 Release 03 English 無償評価版ソフトウェア EXE 122.78 MB
SuperHファミリ用シミュレータデバッガ V.9.10.01アップデート English アップデート-デバッガ EXE 22.42 MB
Guideline for File Operatable Low-level Interface Routines for Simulator and Debugger Utility ソフトウェア ZIP 19 KB
シミュレータ・デバッガ用ファイル操作低水準インタフェースルーチン環境作成ファイル ユーティリティ ソフトウェア LZH 20 KB
ツールニュース
SuperH RISC engine, M16C, H8SX, H8S, H8, および740ファミリ用デバッガ製品ご使用上のお願い English ツールニュース-注意事項 PDF 134 KB
その他資料
High-performance Embedded Workshop V.4.09 リリースノート English リリースノート PDF 372 KB

機能

  • ビルダ、デバッガの統合により作業効率向上
  • ELF/DWARF2オブジェクトフォーマットサポート
  • 関数単位の実行サイクル数、呼び出し回数のグラフ表示
  • スタックトレース機能
  • キャッシュヒット率表示
  • パイプライン状態表示
  • プロファイル機能で出力する情報を利用して、オブジェクトの最適化が可能
  • 豊富なブレークポイント機能サポート(擬似的な割込み動作も可能)
  • アセンブリソースレベルでのカバレジ表示
  • 画像表示、波形表示による視覚的デバッグ機能
  • プロファイル機能強化(メモリ種別(内蔵メモリ、外部メモリ等)ごとのメモリアクセス回数表示を追加)
画像
基本シミュレーション機能

基本シミュレーション機能

画像
高精度シミュレーション

高精度シミュレーション

画像
Simulated I/O機能・擬似割込み機能

Simulated I/O機能・擬似割込み機能

画像
画像表示イメージ

画像表示イメージ

画像
波形表示画面イメージ

波形表示画面イメージ

シミュレーション範囲

[本シミュレータデバッガが、サポートしている機能]

  • 全実行命令
  • 例外処理
  • レジスタ
  • 全アドレス空間
  • 以下、表1に示す周辺機能
表1 各シミュレータデバッガのサポートする周辺機能
シミュレータ エンディアン指定 MMU キャッシュ BSC DMAC タイマ
SH-1 panorama_fish_eye
SH-2 lens (Note1) panorama_fish_eye
SH-2E panorama_fish_eye
SH-3 lens lens lens panorama_fish_eye
SH-3E lens lens lens
SH3-DSP,SH3-DSP(Core) lens lens lens panorama_fish_eye
SH-4 lens lens lens panorama_fish_eye panorama_fish_eye
SH-4BSC lens lens lens lens lens panorama_fish_eye
SH-4(SH7750R) lens lens lens panorama_fish_eye panorama_fish_eye
SH2-DSP(SH7410)
SH2-DSP(Core) panorama_fish_eye
SH2-DSP(SH7065) lens panorama_fish_eye
SH2-DSP(SH7612) lens lens
SH2A-FPU lens panorama_fish_eye
SH-4A lens lens lens panorama_fish_eye
SH4AL-DSP lens lens lens panorama_fish_eye

lens サポート | panorama_fish_eye 一部サポート | — 未サポート

Note

  1. エンディアンの指定は、SHCコンパイラパッケージVer9.00 R01以上が対応

[本シミュレータデバッガが、サポートしていない機能]

  • シリアルコミュニケーションインタフェース(SCI)
  • I/Oポート

Note: これらのデバッグをするには、エミュレータを使用してください。