デジタル電源の特長

ルネサスは、ベースライト/ダウンライト/街灯向けにデジタル電源とアナログのソリューションをご用意しています。 デジタル電源の特長としては、部品点数の削減、開発期間の短縮、電源性能の向上などがあります。 詳細については、 デジタル電源の特長 をご覧下さい。
ルネサスは、デジタル電源を開発する上で必要なLED照明評価環境やソフトウェア評価環境をご用意。お客様の開発を強力にサポートします

デジタル電源の構成例:RL78/I1A AC/DCフルデジタル制御LED電源評価装置

マイコン1チップでベースライト/シーリングライトに必要なPFC制御や複数チャネルのLED制御、通信やセンサによる調光・調色制御が可能なソリューションです。 アナログICではシステム制御を変更する際に、外付け部品での調整が必要ですが、マイコン1チップのフルデジタルソリューションでは、制御ソフトウェアの変更で対応することが可能となります。したがって、セット仕様ごとに異なる回路設計を共通化し、電源基板プラットフォームを構築することができます。

特徴

RL78/I1AによるLED調光/調色制御を評価可能

  • 電源AC100-240V対応
  • 任意のLED×3chを外付け可能
  • LED電力:max. 90W (30W/ch)
  • LED Vf計: max. 90V/ch、LED電流: max. 350mA/ch
  • 調光インタフェース:DALI通信,DMX512通信,赤外線受光,スイッチ×3ch
  • オンチップ・デバッグやフラッシュ書き換えが可能  (USBケーブルまたはE1エミュレータ経由)
  • ソフトウェア自動生成ツールApplilet EZ for HCD対応
  • IEC61000-3-2 Class C, CISPR15(雑音端子ノイズ)クリア
  • IEC61347/60950準拠設計

Block Diagram

Block Diagram