概要

説明

RX スマート・コンフィグレータは、マイコンの初期設定プログラムを自動で生成することができるツールです。
RXマイコン周辺の端子設定、ミドルウェアやドライバの組み込みなど、お客様の開発に応じたソフトウェアの組み合わせと設定がスピーディかつスマートに実現できます。

特長

  • ミドルウェア/ドライバをインポート
  • ドライバコード生成
  • 端子設定
  • Learn More

リリース情報

対応する統合開発環境、ユーザーガイド (Note1)関連資料最新Ver.
リリース日
動作環境
e² studioCS+IAR
e² studioプラグイン (Note2)
RX スマート・コンフィグレータ ユーザーガイド: e² studio編 (PDF | English, 日本語)
ダウンロード
RX スマート・コンフィグレータ ユーザーガイド: CS+編 (PDF | English, 日本語)
ダウンロード
RX スマート・コンフィグレータ ユーザーガイド: IAREW編 (PDF | English, 日本語)
Smart Configurator ユーザーズマニュアル RX APIリファレンス編 (PDF | English, 日本語)V2.20.0
2024/01/22
バージョンアップ詳細
動作環境

Note

  1. ユーザガイドは、スマート・コンフィグレータのインストールから周辺機能の設定、コードの生成までを記載しています。それぞれの統合開発環境に合わせた記載となっています。
  2. 統合開発環境e² studioに含まれます。

RXスマート・コンフィグレータ V.2.11.0  RX140 利用時の注意

Windows 32ビット版のサポート終了について

  • 2021年12月以降にリリースするルネサスエレクトロニクス製スマート・コンフィグレータは、Windows® 64ビット版のみをサポートします。
    Microsoft® Windows®が64ビット環境へ移行したことに伴い、スマート・コンフィグレータも64 ビット環境のサポートに注力します。
    (Microsoft®、Windows®は、Microsoft Corporationの米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。https://www.microsoft.com/legal/intellectualproperty/trademarks.aspx

FAQ

内容
QE for Capacitive Touch用のFITモジュールをスマート・コンフィグレータに追加する
Renesas Starter Kit+ for RX65N-2MBのスマート・コンフィグレータのデバイス選択
ダウンロード済のFITモジュールをe² studioで使用する方法

関連FAQをすべて見る

ターゲットデバイス

ダウンロード

ドキュメント

設計・開発

サンプルコード

How to Change FIT Module Version in Smart Configurator

This video demonstrates how to change the FIT module version in Smart Configurator.

Video List

詳細情報

ミドルウェア/ドライバをインポート

FITモジュールのインポート

FIT(Firmware Integration Technology)モジュールをインポートし、さらに端子などの設定が変更可能です。また、ドライバコード生成との併用もできます。
FITの詳細はこちら >>
FITモジュールリスト >>

 

 

ドライバコード生成

周辺機能をGUI上で設定し、設定内容に応じたドライバコードが生成できます。

クロック設定

画像

クロック設定ウィンドウでは、ブロック図からクロックソースや接続を確認しながら設定できます。

コンポーネント設定

画像

コンポーネント設定ウィンドウでは、周辺機能の設定、サンプルコードの組み込みを行います。使いたい機能を選択すれば、サンプルコードの組み込み、周辺機能設定や設定誤りチェック、ドライバのチャネル変更が可能です。

 

端子設定

GUI上で端子設定を行い、兼用機能の競合について確認、解決することができます。

端子設定ウィンドウ(周辺機能別表示)

画像

端子設定ウィンドウでは、使用する端子を周辺機能毎に表示し設定できます。

MCUパッケージウィンドウ

画像

MCUパッケージウィンドウでは、使用端子、未使用端子、および兼用機能の競合がある端子などを色別で表示、全体を確認できます。

端子競合も自動で解決

画像

端子の競合が発生した場合は、ワンクリックで端子の割り当て先を自動変更、競合を解決します。

 

 

コード生成ツールからのプロジェクト移行方法

コード生成プロジェクト移行については、下記動画を参考にしてください。
コード生成ツールからスマート・コンフィグレータにプロジェクトを移行する方法