画像
Masashi Takemura
Masashi Takemura
Staff Application Engineer

EEMBC(Embedded Microprocessor Benchmark Consortium)は1997年に設立された組み込みシステム向けベンチマークの標準化を推進する非営利の業界団体で、複数メーカ製品の処理性能を公平に評価するためのデータとして様々なベンチマークを実施・提供しています。

今回、弊社のRL78/G23グループが、マイコンが内蔵する周辺機能回路のエネルギー効率を評価するためのベンチマークである、ULPMark-PP(ULPMark-PeripheralProfile)にて、同RL78ファミリのRL78/I1Dグループのスコアを更新し、新たに世界最高スコアとして認定されました。(2022年6月時点)

画像
RL78/G23 group score

今回認定されたRL78/G23グループは、CPU動作時:41μA/MHz、STOP(4KBのSRAM保持) 時:210nAの業界最小レベルの低消費電流に加え、新機能であるSNOOZEモード・シーケンサにより、間欠動作における消費電力の大幅削減が可能なマイクロコントローラです。

また、USBケーブルの接続だけで追加のツール無しでプログラムの書き込み/デバッグが可能な評価ボード(Fast Prototyping Board)や、GUIで設計容易化できるSmart Configuratorなど、RL78/G23グループに最適な開発環境も提供されています。既存のRL78ファミリ製品との互換性もあり、シームレスに置き換えが可能で、家電や民生機器から産業機器まで、幅広い用途にお使い頂けます。

従来のRL78ファミリ製品を継承しつつ、より低消費電力・使いやすさが向上したRL78/G23をぜひご検討ください!

RL78ファミリ詳細については、こちらをご覧ください。
www.renesas.com/Rl78

EEMBC ULPMark® については、こちらをご覧ください。
www.eembc.org/ulpmark

*ULPMark is a trademark and EEMBC is a registered trademark of the Embedded Microprocessor Benchmark Consortium.

*本ブログ中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。

この記事をシェアする

コメントを投稿するにはログインまたは登録をしてください

この記事をシェアする