LD/PD事業からの撤退および生産ラインの停止について

2020年05月15日

ルネサス エレクトロニクス株式会社

 

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長兼CEO:柴田 英利、以下当社)は、LD(レーザーダイオード)、PD(フォトダイオード/フォトディテクタ)事業から撤退し、化合物半導体製品を生産している当社100%子会社であるルネサス セミコンダクタマニュファクチュアリング株式会社(本社:茨城県ひたちなか市、代表取締役社長:小澤 英彦、以下:RSMC)の滋賀工場(滋賀県大津市)の当該生産ラインを停止することを決定しました。

 なお、滋賀工場については、2018年6月の当社発表にて、2年から3年後にシリコン製品の生産ラインを停止する方針をお伝えしていましたが、今般のLD/PD事業からの撤退に伴う当該生産ラインの停止決定を受け、同工場における全ての生産ラインを可及的速やかに停止する予定です。

 

1. 背景・理由

 当社のLD/PD事業については、滋賀工場におけるシリコン製品の生産停止と同時に生産ラインをコンパクト化し生産効率を維持・改善することで、成長著しい光通信市場での更なる事業拡大が見込めると判断していました。

 しかし、近年の技術・価格競争の激化に伴う既存製品のシェア低下や、次世代通信に向けた新商品開発の遅延などにより、当初期待していた売上の確保が困難な見通しとなりました。そのため、滋賀工場における生産ラインの合理化を行っても、同拠点を活用したうえでの継続的な収益確保は極めて厳しいとの判断に至りました。

 当社としては、LD/PD製品の製造・供給体制を維持するため、可能性のあるルネサスグループ内の他拠点及び国内・海外のパートナー企業を模索し、様々な観点から移管可能性を鋭意検討してまいりました。しかしながら、当該事業及び製品の特性上、合理的時間軸の中で生産移管を実現することは極めて困難であり、事業撤退せざるを得ないとの結論に至りました。

 

2. 今後の見通し

(1) 供給停止対象製品の扱い

供給停止対象製品をお使いのお客様につきましては、最終所要を含めた今後の対応について、当社の担当営業を通して相談させていただく所存です。

(2) 滋賀工場の運営

お客様との協議を踏まえながら、同拠点における全ての生産活動を可及的速やかに停止する予定です。

(3) 当該事業に関わる従業員

原則として、当社の他の事業や工場に再配置することを予定しています。

以 上


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。