Bluetooth 5に対応したArm Cortex-M搭載の32ビットRAマイコン「RA4W1」を発売

~高いセキュリティとプライバシーをもつBluetooth 5機器の開発を、フレキシブル・ソフトウェア・パッケージと充実したArmエコシステムを活用して容易に実現~

2020年05月07日

ルネサス エレクトロニクス株式会社

 

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO: 柴田 英利、以下ルネサス)は、このたび、Bluetooth® 5.0 Low Energyを搭載した32ビットRAマイコン「RA4W1」を発売しました。新製品は、動作周波数48 MHzのArm® Cortex®-M4コアを搭載した、56ピンQFNパッケージのマイコンです。使いやすいフレキシブル・ソフトウェア・パッケージ(Flexible Software Package:以下FSP)と、Armエコシステムのパートナ社製のソフトウェアやハードウェアを組み合わせることにより、ユーザはすぐに開発を始めることができます。RA4W1は、インダストリ4.0、ビルオートメーション、メータ、ヘルスケア機器、ウェアラブル機器、家電などの分野で、Bluetooth 5.0に対応した安全でセキュアなIoTエンドポイント機器の開発が容易になります。さらに無線センサネットワーク、IoTハブやゲートウェイのアドオン機器、IoTクラウド応用におけるアグリゲータなどのIoTエッジデバイスの開発にも最適です。RA4W1の参考価格は、10,000個一括購入時に3.98米ドル/個(税別)です。

 ルネサスのIoTプラットフォーム事業部の事業部長、伊藤 栄は、次のように述べています。「今回、RXマイコンに加えてRAマイコンにもBluetooth 5.0対応のRA4W1をラインアップに加えました。IoTセキュリティ向けの強力な鍵管理を実装するセキュア暗号エンジンや、クラス最高のRF消費電力、長距離通信を可能にする高感度を実現したことにより、お客様のBluetooth対応の機器開発に貢献します。」

 

RA4W1の主な特長

  • Arm Cortex M4によるシステム制御とBluetooth 5.0通信を7mm角の56ピンQFNに集積
    RA4W1は動作周波数48MHzで、512KB(キロバイト)のフラッシュメモリと96KBのSRAM、またUSBとCANのインタフェース、静電容量式タッチキーなどを搭載しています。また、ルネサスのセキュア暗号エンジン(SCE)を搭載しているため、対称鍵方式の暗号化や複合化、ハッシュ機能、真性乱数生成器(TRNG)、およびマイコン固有鍵のラッピングに対応します。
  • Bluetooth 5.0規格に完全対応し、低消費電力で高い受信感度を実現
    RA4W1は、2 Mbps(メガビット/秒)のデータスループット、最大アドバタイジング長(1650バイト)、定期的アドバタイズメント、および大量のトラフィックを必要とする用途向けの2つのチャネル選択アルゴリズムといった、あらゆるBluetooth 5.0機能が組み込まれています。またRA4W1は、受信時3.3mA、送信時4.5mA(0dBm時)という優れたピーク電流を実現します。外部からの損失を受けることがない場合、125kbpsモードで-105dBm(デシベルミリワット)という業界最高クラスの受信感度も達成しています。
  • プロトコルスタック基本パッケージと各種標準プロファイルを提供
    Bluetooth 5.0のプロトコルスタック基本パッケージに加えて、ルネサスではHeart Rate Profile(HRP)、Environment Sensing Profile(ESP)、Automation I/O Profile(AIOP)など、各種標準プロファイルに準拠したAPI機能も提供します。これによりユーザは、早期にプロトタイプの開発と評価が可能です。
  • システム制御と通信制御の同時開発を可能にする、画期的な開発環境を提供
    ルネサスのSmart Configurator GUI(Graphical User Interface)は、Bluetoothのコードとマイコンの周辺機能のドライバコードに加え、統合開発環境(IDE)e2 Studio向けのピン設定を生成します。また、ルネサスのBluetooth用QEツールは、カスタムプロファイル用のプログラムを生成し、ユーザのアプリケーションプログラムに組み込むことで、アプリケーション開発を支援します。さらに、Bluetooth Trial Tool Suite GUIにより、ユーザは、初期の無線特性評価とBluetooth機能の確認を実行できます。また、デモアプリをスマートフォンにダウンロードすれば、概ね30分以内でRA4W1評価ボードを使用できるようになります。
  • 周辺回路を集積したことによるBOMの削減
    RA4W1には、高精度低速オンチップオシレータが搭載されており、またアンテナ接続を容易化するためのRFオシレータ調整回路とオンチップマッチング回路も内蔵されています。これらにより、BOM(部品表)コストと基板面積の両方が削減され、結果としてIoT機器の製造コストが低減できます。
  • 従来のソフトウェア資産の再利用や、ルネサスやエコシステムパートナ各社が提供するソフトウェアの柔軟な活用を可能にするFSPのオープンなアーキテクチャ
    RAファミリ用のFSPにより、コネクティビティとセキュリティに関わる複雑な機能を短期間で実装できます。標準搭載されているFreeRTOSとミドルウェアにより、デバイスからクラウドへの接続も可能です。すぐに使える豊富なオプションもあることから、要件に応じて他のRTOSやミドルウェアに置き換えたり、拡張することも可能です。

 

RA4W1の詳細については、こちらをご覧ください。
www.renesas.com/products/microcontrollers-microprocessors/ra/ra4/ra4w1

以 上

 

*BluetoothはBluetooth SIG, Inc.の登録商標です。

*Arm とArm Cortexは、Arm Limited(またはその子会社)のEUまたはその他の国における登録商標です。

*本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。