産業ネットワークの主要プロトコルに対応し、スレーブ機器開発を短期化する「RX72M産業ネットワークソリューション」の提供を開始

~市場の7割をカバーする通信プロトコルのサンプルソフトウェアを提供~

2019年09月11日

ルネサス エレクトロニクス株式会社

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO: 柴田 英利、以下ルネサス)は、このたび、産業イーサネット通信に対応する32ビットマイコン「RX72M」を使用して、産業用スレーブ機器を早期に開発できるよう、「RX72M産業ネットワークソリューション」の提供を開始します。本ソリューションは、ハードウェアとして評価ボードと、ソフトウェアとしてOS、ミドルウェアに加え、市場の約7割をカバーする主要な通信プロトコルのサンプルソフトウェアを含みます。今回提供するソフトウェアは、産業イーサネットのEtherCAT、PROFINET RT、EtherNet/IP、Modbus TCP、OPC UAと、フィールドバス通信のPROFIBUS DP、Modbus RTU/ASCII、CAN open、DeviceNetです。ユーザは、これらソフトウェアをベースに、小型産業用ロボットのモータ制御部、小型PLC(Programable Logic Controller)、リモートI/Oなどのスレーブ機器開発をすぐに進めることができます。特に、産業イーサネットのEtherCAT、PROFINET RT、EtherNet/IPの三大プロトコルについては、コンフォーマンステスト(仕様適合試験)を実施済みであり、開発、評価、検証の過程を通して、最大で半年間、開発期間を短縮することが可能です。

 日本のユーザへの販売、サポートは2019年12月末までに開始し、日本以外のユーザへの販売、サポートは2020年10月までに開始します。本ソリューションは、2019年9月17日から21日まで、中国の上海で開催される中国国際工業博覧会(CIIF:China International Industry Fair) 2019のルネサスブース(ブ―ス番号6.1、E202)に出展します。

 産業ネットワークに対応する機器開発では、国や地域よって普及している産業ネットワークプロトコルが異なるため、製品をグローバル展開する場合、ユーザは複数のプロトコルに取り組む必要があります。本ソリューションは、普及率の高い主要なプロトコルを含むため、ユーザはすぐに産業ネットワーク通信の評価を開始できます。これにより、ユーザは自身のアプリケーションの開発に集中できるだけでなく、製品のグローバル展開においても競争力を得ることができます。今回ルネサスが提供するのはサンプルソフトウェアですが、量産品用のプロトコル販売とサポートが可能なパートナと連携して、開発から量産への移行も支援します。

 ルネサスのIoTプラットフォーム事業部のプロダクトマーケティング担当Vice President であるDaryl Khooは次のように述べています。「産業ネットワークに接続される産業機器は今後3年で年平均成長率10%ほど増加すると見込まれており、多種多様な産業ネットワークに対応するスレーブ機器の短期開発は、喫緊の課題です。本ソリューションが、お客様のグローバルな製品展開に向けた開発促進を加速させると確信しています。」

 

RX72M産業ネットワークソリューションの提供物は以下のとおりです。

  • ハードウェア
    • RX72M搭載評価ボード
  • ソフトウェア
    • RX72M対応ドライバ
    • OS(μITRON)、ミドルウェア(TCP/IP)のサンプルプログラム
    • 産業ネットワーク(産業イーサネット、フィールドバス)プロトコルのサンプルプログラム
  • その他
    • 統合開発環境「CS+」「e2 studio」に対応
    • アプリケーションノート
    • パートナ企業によるOS、ミドルウェア、産業ネットワークプロトコルの販売、サポート

 

RX72M産業ネットワークソリューションの詳細については、こちらをご覧ください。
https://www.renesas.com/solutions/industrial-automation/industrial-network/rx72m-network-solution.html

以 上

 

*本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。