ルネサスがインターシルを買収し、世界をリードする組み込みソリューションプロバイダーへ

~マイコン、SoC、高精度アナログ&パワーでの優位性を組み合わせ、さらなる成長加速へ~

2016年09月13日

ルネサス エレクトロニクス株式会社
Intersil Corporation

 

現在の株価
投資家の皆様へ

主な案件内容

  • 本買収を通じて、シナジー効果が高く補完的な製品ポートフォリオが完成し、自動車、産業、IoT分野でのより大きな市場機会の獲得を目指したソリューションが提供可能
  • 顧客面と地域面での両社の補完的な販売網の組み合わせにより、短期間での売上増を実現
  • インターシルの全株式に対し、1株当たり22.50米ドルを現金で支払う予定であり、インターシルの2016年8月19日の終値に対して約43.9%のプレミアムを付与
  • 両社数値を単純合算したNon-GAAPベースの1株当たり純利益(EPS)およびフリーキャッシュフローが、本買収完了後に早期に増加する見込み
  • 本買収資金については全額手元資金にて充当する予定

 

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長兼CEO:呉 文精、以下 ルネサス)とIntersil Corporation(本社:米国カリフォルニア州ミルピタス、President, CEO and Director : Necip Sayiner、以下 インターシル)は、ルネサスがインターシルの株式を1株当たり22.50米ドル、買収金額は約32億米ドル(1米ドル100円換算で約3,219億円)で現金買収する最終契約を本日締結しました。本買収は、両社の取締役会にて全会一致で可決されました。買収完了は、インターシルの株主総会における合併の承認および関係当事国において必要となる承認の取得を前提としており、2017年上期中を予定しています。

 

 各市場で長らくマーケットリーダーの立場にあるルネサスとインターシルが本買収を通じて、両社が有する先端技術やエンドマーケットに対する深い専門性を組み合わせることで、ルネサスはお客様にとって重要な組み込みシステムを提供できるソリューションプロバイダーとなります。ルネサスは、同社が高い実績を誇るマイコンやSoCなどの技術に加え、インターシルが業界トップクラスの実績を持つパワーマネジメントICと高精度アナログを活用し、自動車、産業、クラウドコンピューティング、ヘルスケア、IoT(Internet of Things)などの主要分野において、魅力的な市場機会を享受できる存在となります。本買収によって実現する製品面での大きなシナジーと顧客面・地域面の補完性により、ルネサスはグローバルな事業展開の促進が可能となり、お客様のシステム要求に対するルネサスの対応能力を高めることができます。本買収を通じ、ルネサスのビジネスの対象となる製品ラインアップが拡大し、2020年までにアナログ市場においては約39億米ドル(1米ドル100円換算で約3,900億円)拡大することが見込まれております。

 

 ルネサスは、短期的および中長期的な売り上げ機会の増加に加え、事業基盤の拡大によるコスト削減により、170百万米ドル(1米ドル100円換算で約170億円)規模のシナジー効果の発現を見込んでいます。ルネサスの売上総利益率および営業利益率は本買収の完了後に早期に向上し、Non-GAAPベースの一株当たり純利益(EPS)とフリーキャッシュフローも増加します。

 

 ルネサスの代表取締役社長兼CEOの呉 文精は次のように述べています。

 「ルネサスは、自動車、産業、インフラ、また急速に市場拡大を続けるIoT市場において、事業規模を世界的に伸ばし、マーケットリーダーとしての地位を維持できるよう、各市場でのリソースの投入を加速させます。インターシルのアナログおよびパワーデバイスの幅広いポートフォリオと、自動車、産業、汎用分野での強みは、当社が狙うこれら市場における事業展開を補完するものとなります。私たちは、この魅力的で補完的な組み合わせが非常に大きなシナジーを生み出すと共に、クロス・セルの機会増加やシステムソリューション提案力の増強につながると考えています。本買収により、ルネサスはお客様への独自性豊かな製品提供が可能となり、また世界の半導体市場におけるマーケットリーダーとしての地位をさらに強化できると考えています。」

 

 インターシルのPresident, CEO and DirectorのNecip Sayinerは次のように述べています。

 「インターシルは、重要かつニッチな技術に注力し、コア技術として発展させることで、魅力的なソリューションを生み出しており、数十年にわたり業界における重要な役割を担ってきました。当社は、過去3年にわたり構造改革に取り組んできており、同時に、お客様のシステム上の課題を解決できる製品分野に対し、コア技術を磨き、経営資源を集中投下させてきました。こうした事業運営を通じ当社の事業の質が高まったことで、私たちは新たなエキサイティングなフェーズに進むことが可能となりました。インターシルとルネサスの製品ポートフォリオが組み合わさることで、事業基盤を拡大し、また、成長を加速させるプラットフォームを提供できるようになるという、大いなる可能性を感じています。」

 

 本買収では、BofA Merrill LynchとMorgan Stanleyがルネサスのフィナンシャルアドバイザーを務めています。また、リーガルカウンセルはMorrison Foersterが務めています。Intersilに対しては、J.P. Morganがフィナンシャルアドバイザーを務め、Jones DayとCovington & Burlingがリーガルカウンセルを担当し、Foros Groupが同社に戦略的アドバイスを提供しています。

 

 本件に関するプレゼン資料はこちらをご覧ください。

 

Additional Information and Where to Find It

This communication is being made in respect of the proposed transaction involving Intersil and Renesas. Intersil intends to file with the SEC a proxy statement in connection with the proposed transaction with Renesas as well as other documents regarding the proposed transaction. The definitive proxy statement will be sent or given to the stockholders of Intersil and will contain important information about the proposed transaction and related matters. INTERSIL’S SECURITY HOLDERS ARE URGED TO READ THE PROXY STATEMENT REGARDING THE PROPOSED TRANSACTION AND ANY OTHER RELEVANT DOCUMENTS CAREFULLY AND IN THEIR ENTIRETY WHEN THEY BECOME AVAILABLE BECAUSE THEY WILL CONTAIN IMPORTANT INFORMATION ABOUT THE PROPOSED TRANSACTION. The proxy statement and other relevant materials (when they become available), and any other documents filed by Intersil with the SEC, may be obtained free of charge at the SEC’s website, at www.sec.gov. In addition, security holders of Intersil will be able to obtain free copies of the proxy statement through Intersil’s website, www.intersil.com, or by contacting Intersil by mail at Attn: Corporate Secretary, 1001 Murphy Ranch Road, Milpitas, California 95035.

 

Participants in the Solicitation

Intersil, Renesas and their respective directors, executive officers and other members of management and certain of their respective employees may be deemed to be participants in the solicitation of proxies in connection with the proposed merger. Information about Intersil’s directors and executive officers is included in Intersil’s Annual Report on Form 10-K for the fiscal year ended January 1, 2016 filed with the SEC on February 12, 2016, and the proxy statement filed with the SEC on March 4, 2016 for Intersil’s annual meeting of stockholders held on April 21, 2016. Additional information regarding these persons and their interests in the merger will be included in the proxy statement relating to the proposed merger when it is filed with the SEC. These documents, when available, can be obtained free of charge from the sources indicated above.

 

Safe Harbor for Forward-looking Statements

Throughout this document pertaining to the merger transaction between Intersil and Renesas, Intersil makes forward-looking statements, as defined in the Private Securities Litigation Reform Act of 1995, within the meaning of the federal securities laws, including Section 27A of the Securities Act of 1933 and Section 21E of the Securities Exchange Act of 1934, as amended. You should not place undue reliance on these statements. These forward-looking statements include statements that reflect the current expectations, estimates, beliefs, assumptions, and projections of Intersil’s senior management about future events with respect to Intersil’s business and its industry in general.  Statements that include words such as “anticipates,” “expects,” “intends,” “plans,” “predicts,” “believes,” “seeks,” “estimates,” “may,” “will,” “should,” “would,” “potential,” “continue,” “goals,” “targets” and variations of these words (or negatives of these words) or similar expressions of a future or forward-looking nature identify forward-looking statements. In addition, any statements that refer to projections or other characterizations of future events or circumstances, including any underlying assumptions, are forward-looking statements. Although Intersil believes the expectations reflected in any forward-looking statements are reasonable, they involve known and unknown risks and uncertainties, are not guarantees of future performance, and actual results, performance or achievements may differ materially from any future results, performance or achievements expressed or implied by such forward-looking statements and any or all of Intersil’s forward-looking statements may prove to be incorrect. Consequently, no forward-looking statements may be guaranteed and there can be no assurance that the actual results or developments anticipated by such forward looking statements will be realized or, even if substantially realized, that they will have the expected consequences to, or effects on, Intersil or its businesses or operations. Factors which could cause Intersil’s actual results to differ from those projected or contemplated in any such forward-looking statements include, but are not limited to, the following factors: the ability of the parties to consummate the merger transaction in a timely manner or at all; satisfaction of the conditions precedent to consummation of the merger transaction, including the ability to secure regulatory approvals in a timely manner or at all, and approval by Intersil’s stockholders; the possibility of litigation and other unknown liabilities; the parties’ ability to successfully integrate their operations, product lines, technology and employees and realize synergies and other benefits from the merger transaction; the potential impact of the announcement or consummation of the merger transaction on the parties’ relationships with customers, suppliers and other third parties; and other risks described in Intersil’s filings with the SEC. The foregoing review of important factors that could cause actual events to differ from expectations should not be construed as exhaustive and should be read in conjunction with statements that are included herein and elsewhere, including the risk factors included in Intersil’s most recent Annual Report on Form 10-K, and Intersil’s more recent Quarterly Report on Form 10-Q and Current Reports on Form 8-K filed with the SEC (which you may obtain for free at the SEC's website at http://www.sec.gov or on Intersil’s website at http://ir.intersil.com). Intersil can give no assurance that the conditions to the merger will be satisfied. Except as required by applicable law, Intersil cannot undertake any obligation to revise or update any forward-looking statement, or to make any other forward-looking statements, whether as a result of new information, future events or otherwise. Intersil does not intend, and assumes no obligation, to update any forward-looking statements.

 

<将来予測に関する注意事項>

本資料に記載されているルネサス エレクトロニクスグループの計画、戦略及び業績見通しは、現時点で入手可能な情報に基づきルネサス エレクトロニクスグループが判断しており、潜在的なリスクや不確実性が含まれております。そのため、実際の業績等は、様々な要因により、これら見通し等とは大きく異なる結果となりうることをあらかじめご承知願います。実際の業績等に影響を与えうる重要な要因としては、(1)ルネサス エレクトロニクスグループの事業領域を取り巻く日本、北米、アジア、欧州等の経済情勢、(2)市場におけるルネサス エレクトロニクスのグループ製品、サービスに対する需要動向や競争激化による価格下落圧力、(3)激しい競争にさらされた市場においてルネサス エレクトロニクスグループが引き続き顧客に受け入れられる製品、サービスを供給し続けていくことができる能力、(4)為替レート(特に米ドルと円との為替レート)の変動等がありますが、これら以外にも様々な要因がありえます。また、世界経済の悪化、世界の金融情勢の悪化、国内外の株式市場の低迷等により、実際の業績等が当初の見通しと異なる結果となる可能性もあります。

 

<ルネサスについて>

ルネサス エレクトロニクス株式会社(TSE:6723)は、人々が安心・安全に暮らせる社会を実現するために、あらゆるモノとモノをつなぎインテリジェント化することを通して、組み込み機器に進化をもたらしています。そして、無限の未来をカタチづくるために、自動車、産業、OA (Office Automation)・ICT (Information Communication Technology)分野に対して、世界トップシェアのマイコンに加え、アナログ&パワーデバイス、SoCなどの各種半導体と幅広いソリューションを提供していきます。ルネサスの詳細は、renesas.comをご覧ください。

 

<インターシルについて>

インターシル(NASDAQ:ISIL)は、革新的なパワーマネジメントと高精度アナログ・ソリューションのプロバイダとして世界をリードしています。インターシルの製品は急速に高度化し、モバイル化と消費電力の増加が進む電子機器の構成部品として、効率の向上とバッテリ駆動時間の延長を実現します。インターシルは広範にわたる設計資産(IP)、設計とプロセス技術開発の経験を活用し、産業機器/インフラ、モバイル・コンピューティング、車載、航空宇宙などの市場で活躍する有力企業の信頼できるパートナーとしての地位を確立しています。インターシルの詳細は、http://jp.intersil.com/en.htmlをご覧ください。

 

*  Intersil、IntersilロゴはIntersil Corporationの商標または登録商標です。そのほかのブランド名、製品名、マークなどは、それぞれの権利所有者が製品やサービスを表記するために使用している商標または登録商標の場合があります。

以 上