概要

Description

トピックス
RZスマート・コンフィグレータはRZ/A3UL, RZ/N2Lグループの対応を開始しました。

RZ スマート・コンフィグレータは、マイコンの初期設定プログラムを自動で生成することができるツールです。
RZマイコン周辺の端子設定、ミドルウェアやドライバの組み込みなど、お客様の開発に応じたソフトウェアの組み合わせと設定がスピーディかつスマートに実現できます。

*各デバイスによってインストーラ形式が異なりますので、詳細はリリース情報をご確認ください。

特長

  • ミドルウェア/ドライバをインポート
  • 端子設定
  • Learn More

リリース情報

リリース情報

対応デバイス 対応する統合開発環境 関連資料 最新Ver.
リリース日
動作環境
e² studio IAR スタンドアロン
RZ/A2 check
(Note1)
RZ/A2M スマート・コンフィグレータ ユーザーガイド: e² studio 編 (R20AN0583JJ0101) (PDF | English, 日本語)
RZ/A2M Software Packageの詳細
V7.8.0
2020/04/20
e² studioバージョンアップ詳細
動作環境
RZ/A3UL check
(Note2)
Getting Started with RZ/A Flexible Software Package V1.10 (PDF)
RZ/A3ULソフトウェア開発キットの詳細
V2022-07
e² studioバージョンアップ詳細
RZ/T2M check
(Note3)
cloud_download RZ/T2M, RZ/N2L Getting Started with Flexible Software Package (PDF) V2022-07
e² studioバージョンアップ詳細
RZ/N2L cloud_download
RZ/G2 (Sub CPU)(Note4)
RZ/V2L (Sub CPU)(Note5)
check RZ/G2L and RZ/G2UL Group Multi-OS Package
RZ/V2L Group Multi-OS Package
V2022-07
e² studioバージョンアップ詳細
RZ/A1, RZ/G1,
RZ/G2 (Main CPU)
RZ/V2L (Main CPU)
cloud_download
(Note6)
32ビット版:V1.10.1
2021/08/05
バージョンアップ詳細
cloud_download  64ビット版(Note7):V1.14.0
2022/06/20
バージョンアップ詳細

— :未対応

Note
  1. 統合開発環境e² studioに含まれます。
  2. RZ/A FSP Packsのインストールが必要です。
    RZ/A FSP Packs >>
  3. FSP(Flexible Software Package)が含まれているプラットフォームインストーラをダウンロードしてください。
    RZ/T2Mプラットフォームインストーラ >>
    RZ/N2Lプラットフォームインストーラ >>
  4. Sub CPUを搭載した一部のデバイスのみサポートします。対応デバイス:RZ/G2L、RZ/G2LC、RZ/G2UL
    ご利用には、e² studioおよび「RZ/G2L and RZ/G2UL Group Multi-OS Package」のインストールが必要です。
  5. ご利用には、e² studioおよび「RZ/V2L Group Multi-OS Package」のインストールが必要です。
  6. RZ/Gグループ向けのスマート・コンフィグレータはLinux用のDTS(Device Tree Specification)インクルードファイル(dtsi)のみ生成します。スマート・コンフィグレータが生成したdtsiファイルに含まれるデバイス設定コードを、ユーザが使用しているRZ/G向けLinuxソースコードに含まれているデフォルトdtsiファイルと手動でマージしてください。Device Tree Specification(DTS)の仕様については、https://www.devicetree.org/specifications/ をご参照ください。
  7. RZスマート・コンフィグレータ V1.11.0以降はWindows® 64ビット版のみサポートします。
Windows 32ビット版のサポート終了について
2021年12月以降にリリースするルネサスエレクトロニクス製スマート・コンフィグレータは、Windows® 64ビット版のみをサポートします。
Microsoft® Windows®が64ビット環境へ移行したことに伴い、スマート・コンフィグレータも64 ビット環境のサポートに注力します。
(Microsoft®、Windows®は、Microsoft Corporationの米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。https://www.microsoft.com/legal/intellectualproperty/trademarks.aspx

ターゲットデバイス

Note
  1. RZ/A1シリーズは、端子設定機能のみサポート
  2. RZ/G、Vシリーズは、端子設定と端子設定コード生成機能のみサポート。端子設定コード生成機能とは、Linux BSP 開発環境に対応したデバイス設定ファイル、Device Tree Specification(DTS)のインクルードファイルなどの生成を指します。Device Tree Specification(DTS)の仕様については、https://www.devicetree.org/specifications/ をご参照ください。

ダウンロード

タイトル 分類 日付
EXE182.39 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-ソフトウェア
EXE136.02 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-その他
EXE181.05 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-ソフトウェア
EXE181.19 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-ソフトウェア
EXE181.21 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-ソフトウェア
EXE136.04 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-ソフトウェア
RUN992.62 MBEnglish
アップデート-統合開発環境
ZIP1,340.12 MBEnglish
アップデート-統合開発環境
ZIP1,396.62 MBEnglish
アップデート-統合開発環境

ドキュメント

タイトル 分類 日付
PDF1.32 MBEnglish
リリースノート
PDF1.22 MBEnglish
アプリケーションノート
PDF5.26 MBEnglish
アプリケーションノート
PDF180 KB
アプリケーションノート
PDF1.93 MBEnglish
アプリケーションノート
PDF4.38 MBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF1.94 MBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF628 KB
マニュアル-開発ツール
PDF961 KBEnglish
リリースノート
PDF1.09 MBEnglish
リリースノート
PDF847 KBEnglish
リリースノート
PDF840 KBEnglish
リリースノート
PDF925 KBEnglish
リリースノート
PDF1.30 MB
リリースノート
PDF260 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF200 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF298 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF217 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF215 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF217 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF323 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF212 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF211 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF173 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF182 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF175 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF221 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF155 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF377 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF485 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF525 KBEnglish
ツールニュース-リリース

ビデオ&トレーニング

Smart Configurator のご紹介

スマート・コンフィグレータは、ドライバコード生成、ミドルウェアのインポート、端子設定をGUIで設定可能なツールです。
- スマート・コンフィグレータの概要
- リソース管理の一元化
- 簡単、効果的な設定機能、ミドルウェアのインポート

詳細情報

端子設定

GUI上で端子設定を行い、兼用機能の競合について確認、解決することができます。

端子設定ウィンドウ(周辺機能別表示)

画像
Pins Configuration window (displayed per peripheral module)

端子設定ウィンドウでは、使用する端子を周辺機能毎に表示し設定できます。

MCUパッケージウィンドウ

画像
MCUパッケージウィンドウ

MCUパッケージウィンドウでは、使用端子、未使用端子、および兼用機能の競合がある端子などを色別で表示、全体を確認できます。

端子競合も自動で解決

画像
rzscconflict-j

端子の競合が発生した場合は、ワンクリックで端子の割り当て先を自動変更、競合を解決します。

Linux向けデバイス設定ファイルを出力(Note1)

ピン設定を反映したDTSファイルを出力し、デバイス設定をすぐLinuxに適用できます。

Note
  1. Verified Linux Packageサポート対象のみ(RZ/G1、RZ/G2、RZ/V2L)

 

ミドルウェア/ドライバをインポート

Flexible Software Package(FSP)(Note1)

画像
rzsc-import-j

スマートコンフィグレータのGUIでFSPの端子やコンポネントなどの設定が変更可能です。

Note
  1. FSPサポート対象RZファミリデバイスのみ対応

RZ/A2M Software Package (Note1)

ミドルウェアとドライバをインポートし、端子などの設定が変更可能です。
RZ/A2M Software Packageの詳細はこちら >>

Note
  1. RZ/A2M Software Package V2.0.0からサポート

 

対応機能

対応デバイス ミドルウェアインポート ドライバコード生成 端子設定
RZ/A1 lens
RZ/A2 lens lens lens
RZ/A3 lens lens lens
RZ/G1 lens
RZ/G2 (Main CPU) lens
RZ/G2 (Sub CPU) (Note1) lens lens lens
RZ/T2 lens lens lens
RZ/N2(Main CPU) lens lens lens
RZ/V2L(Sub CPU) (Note2) lens
RZ/V2L lens lens lens

lens 対応 | — 未対応

Note
  1. Sub CPUを搭載した一部のデバイスのみサポートします。対応デバイス:RZ/G2L、RZ/G2LC、RZ/G2UL
    スマートコンフィグレータをご利用するためe² studioおよび「RZ/G2L and RZ/G2UL Group Multi-OS Package」のインストールが必要です。
  2. スマートコンフィグレータをご利用するためe² studioおよび「RZ/V2L Group Multi-OS Package」のインストールが必要です。