トピックス

旧バージョンのライセンスを保有している場合に、「アップグレード(バージョン)ライセンス」を追加で登録することで、新バージョンのコンパイラを安価に使用することができます。

概要

多様な開発形態に応じて選択可能なライセンスを提供

開発スタイルにあわせて最適なコンパイラライセンスをお選びいただけます。

  • standard版 ノードロック・ライセンス
  • standard版 フローティング・ライセンス
  • professional版 ノードロック・ライセンス
  • professional版 フローティング・ライセンス

お客様の開発体制の変動に応じてライセンスをフレキシブルに導入できるよう、使用期限のないpermanentライセンスに加えて、有効期間を1年としたannualライセンスも準備しています。

ルネサスコンパイラライセンスマップ

各ライセンスの紹介

フローティング・ライセンス

  • ソフトウェアのライセンスをサーバで管理しネットワークに接続されたどのコンピュータでもライセンス数の範囲内でソフトウェアを利用可能。
  • ネットワーク上のサーバに接続された状態が必須。
  • クライアントはビルドの開始時に自動的にライセンスを取得し、30分間保持します。30分経過後に、ビルドが完了していない場合は再度ライセンスを30分間保持します。これをビルドが終了するまで繰り返します。
  • ネットワーク環境から切断された状態でライセンスを利用するために、一定期間(最大99日で1日単位)ライセンスを占有する仕組みを用意しています。事前にクライアントが指定した占有期間の終了後は、占有したライセンスは無効になります。

フローティングライセンス処理フロー

standard/professional版

standard版
ANSI規格に準拠したC言語仕様をサポートします。強力な最適化機能と組み込みプログラム記述に必要な基本機能を提供します。
professional版
standard版に加えて、お客様のプログラムの品質向上と開発期間の短縮に貢献する付加機能を提供します。各機能と対応コンパイラは以下のとおりです。機能の詳細は、 professional版アプリケーションノートをご参照ください。表内の「 詳細」から、各機能のご案内(ツールニュース)も参照できます。

professional版の付加機能

professional版の機能 CC-RL CC-RX CC-RH
MISRA-C:2004/2012ルール(Note)によるソースチェック機能 [   詳細 ]
スタック破壊検出機能 [   詳細 ]
動的メモリ管理関数のセキュリティ強化 [   詳細 ]
不正な間接関数呼び出し検出機能 [   詳細 ]
動的解析とデバイス情報に基づいた動的チェック機能
半精度浮動小数点
制御レジスタ更新時の同期化機能 [   詳細 ]

 対応 |  次版以降で対応検討中 | — 対応予定なし

Note

[MISRA C について]

  • MISRA Cとは、自動車業界が中心になって組織されたソフトウエアの信頼性に関する非営利団体 MISRA(Motor Industry Software Reliability Association) が作成した自動車用ソフトウエア向けのC言語の利用ガイドラインのことです。 このガイドラインには、C言語の記述に関して100種類以上のルールが定められています。 これらのルールをMISRA Cルールと呼びます。
  • "MISRA" and the triangle logo are registered trademarks of HORIBA MIRA Ltd, held on behalf of the MISRA Consortium.

アップグレード(エディション)ライセンス

standard版ノードロック・ライセンスを保有している場合に、アップグレード(エディション)ライセンスを追加で登録することで、standard版からprofessional版へアップグレードできます。

ただし、フローティング・ライセンスやannualライセンスには対応していません。

Note

  1. アップグレード(エディション)ライセンスはノードロック・ライセンスのみの対応です。

アップグレード(エディション)ライセンスマップ

アップグレード(バージョン)ライセンス

コンパイラライセンスはバージョンごとに異なります。例えば、V1.**.**とV2.**.**はバージョンが異なりますので別ライセンスになります。

旧バージョンのライセンスを保有している場合に、アップグレード(バージョン)ライセンスを追加で登録することで、新バージョンのコンパイラを安価に使用することができます。

annualライセンスには対応していません。

アップグレード(バージョン)ライセンスマップ

permanentライセンス / annualライセンス

permanentライセンス
  • 使用期限のないライセンスです。
  • コンパイラ製品に同梱されているライセンス・キーをライセンス・マネージャやフローティング・ライセンス・サーバに登録することによりライセンスが有効となります。
annualライセンス
  • 使用期間を1年としたライセンスです。有効期間は、当社ホームページに、コンパイラ製品に同梱されているライセンス取得コードを初回登録した時点から1年間です。
  • 当社ホームページにライセンス取得コードを登録することにより (Note1) 取得したライセンス・キーを、ライセンス・マネージャやフローティング・ライセンス・サーバに登録することにより (Note2) ライセンスが有効となります。
  • permanentライセンスに比べて低価格です。

お客様の開発体制の変動に応じて、コンパイラライセンスを選択して購入することが可能となり、トータルコストを下げることができます。

Note

  1. コンパイラ製品を使用する際に必要となるライセンス・キーを取得するには、My Renesasにログインし、メニューの「サブスクリプション・ライセンスキー取得」から、コンパイラ製品に同梱されているライセンス取得コードを登録してください。また、2017年7月より「サブスクリプション・ライセンスキー取得」画面からのツールユーザ登録も可能です。
  2. 取得したannualライセンスのライセンス・キーを、次のライセンスを管理するツールに登録してご使用ください。
    ノードロック・ライセンス
    ライセンス・マネージャ V2.00.00以降
    フローティング・ライセンス
    フローティング・ライセンス・サーバ V2.00.00以降

permanentライセンス / annualライセンス の違い

対応コンパイラ/提供形態

オーダ情報については、各コンパイラページを参照ください。それぞれ、permanentライセンス/ annualライセンスを準備しています。

対応マイコン コンパイラ名 製品名
RL78 CC-RL RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ
RX CC-RX RXファミリ用C/C++コンパイラパッケージ
RH850 CC-RH RH850ファミリ用Cコンパイラパッケージ

コンパイラライセンス提供開始バージョン

対応マイコン コンパイラ名 standard / professional版 アップグレード(エディション)ライセンス フローティング・ライセンス annualライセンス アップグレード(バージョン)ライセンス
RL78 CC-RL V1.01.00 V1.01.00 V1.01.00 V1.01.00
RX CC-RX V2.04.00 V2.04.00 V2.03.00 V2.03.00 V3.00.00
RH850 CC-RH V1.03.00 V1.03.00 V1.02.00 V1.02.00 V2.00.00

無償評価版

  • 試用期間 (Note1) 内はprofessional版
  • 試用期間後はstandard版、またリンクサイズ制限あり (Note2)

試用期間

Note

  1. 試用期間とは、初めて評価版をインストールした後、最初にビルドした日から60日間です。
  2. リンクサイズはコンパイラごとに異なります。(CC-RL: 64kB以内、CC-RX: 128kB以内、CC-RH: 256kB以内)

使用許諾契約書

タイトルタイプ最終更新日容量
プログラム・プロダクト使用許諾契約書
マイコン用コンパイラ使用許諾条件 ノードロック・ライセンス(permanent)
PDF 2016年3月14日 22 KB
プログラム・プロダクト使用許諾契約書(フローティング・ライセンス)
マイコン用コンパイラ使用許諾条件 フローティング・ライセンス(permanent)
PDF 2019年5月14日 173 KB
プログラム・プロダクト使用許諾契約書(ノードロック・ライセンス用(annual))
マイコン用コンパイラ使用許諾条件 ノードロック・ライセンス(annual)
PDF 2016年12月6日 172 KB
プログラム・プロダクト使用許諾契約書(フローティング・ライセンス用(annual))
マイコン用コンパイラ使用許諾条件 フローティング・ライセンス(annual)
PDF 2016年12月6日 197 KB