close

プラットフォームの心臓部で、ルネサスが動作を保証したソフトウェアパッケージです。

SSPを構成する主要コンポーネントにより、ハードウェアに依存するベーシックなソフトウェア開発に時間を費やすことなく、お客様の優位性を生み出すアプリケーションソフトウェアの開発にいち早く着手できます。

特長

  • Renesas Synergy™ MCUシリーズ間でのハードウェア依存性がないため、他シリーズでもお使いいただけます。
  • システム上層からのプログラミングを可能とすることにより、開発者の時間を節約するアプリケーションフレームワーク
  • 市場実績豊富な主要コンポーネント:RTOS ThreadX®、X-Ware™、NetX Duo™、NetX Secure™、USBX™、GUIX™、FileX®
  • 多層APIアクセスによりユーザに柔軟なシステム開発の可能性を提供
  • ソフトウェアライフサイクルプロセス (SLP)、ISO/IEC12207やコーディングガイドラインのMISRA C:2012に代表される標準規格に沿った厳格な開発、認証、および検査を実施
  • SSPのデータシート上で規定された動作を保証

devicesターゲットデバイス

descriptionドキュメント

タイトル language 分類 形式 サイズ 日付
ユーザーガイド、マニュアル
Renesas Synergy e2 studio v2021-04 or higher Quick Start Guide クイックスタートガイド PDF 4.08 MB

SSPを構成する機能

SSPを構成する各機能は、ルネサスによって強固に統合化、最適化され、試験、文書化およびメンテナンスが行われています。階層化アーキテクチャにより、開発者は共通APIを使用したアプリケーションフレームワークを使って、デバイスドライバレベルに直接接続してアプリケーションを書くことができます。SSPを構成する各機能についてはこちらをご覧ください。

SSP機能解説

ソフトウェアの品質

当社はSSPのソフトウェア品質確保に必要なテストと、ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)を定めた、SSPのソフトウェア品質保証(SQA)プロセスを確立しました。

SSPの品質はユニットテスト、機能テスト、統合テスト、性能テスト、回帰テスト、動的および静的解析の組み合わせにより、トラックし、測定しています。 高い量産品質グレードのソフトウェア品質を確保するために、SSPの開発およびテストにおいては以下の4つの基準を遵守しているか確認しています。

  • コーディングスタンダードへの準拠
  • コードの複雑度が低く維持されていること
  • クリーンビルド
  • 包括的なモジュールとシステムレベルのテスト

ライセンス供与

有効なユーザーアカウントまたは会社(組織)アカウントがあれば、2種類のSSPライセンスが利用できます。

ライセンスの種類 概要 料金  入手方法
評価ライセンス 評価を目的として、SSPのすべての機能にアクセスできます。 無償 My RenesasおよびRenesas Synergy™ ギャラリーでアカウントを作成した後にダウンロードできるSSPインストーラで提供されます。
開発/生産ライセンス 開発および生産を目的とする場合には、すべてのSSP機能へのアクセスが必要です。 無償 会社(組織)アカウント が必要であり、会社(組織)のスーパーユーザー*のみが生成できます。ライセンスは会社(組織)ごとに付与され、会社アカウント に関連付けられているすべてのユーザーがアクセスできます。
スーパーユーザー* はじめて会社アカウントを申請したユーザーのこと スーパーユーザーは同会社(組織)に関連つけられているユーザーをスーパーユーザーに指定する権限も持つ

Get information about open source software included in SSP.

 

Synergy Download

SSP 2.1.0

2.1.0

Current Public Release

発売日:2021-09-30

MCUs Supported: S7G2, S3A7, S124, S3A3, S128, S5D9, S5D5, S5D3, S3A6, S3A1, S1JA

MD5: fe4c0826f4af521e1771e59122697690

What's New?

SSP v2.1.0 is a minor release with new features, enhancements and quality improvements. 

  • New Features
    • RYZ014A LTE CAT-M1 module with NSAL and On-chip stack support
    • ECC scalar multiplication
    • ECC P-224 and ECC P-384 Key generation
  • S1JA ADC driver and XML updates for selecting average of 8 time and 16 time conversion
  • Azure RTOS stack updates
    • NetX, NetX Duo and NetX Secure v6.1.7
    • GUIX v6.1.8 & GUIX Studio v6.1.8.1
    • FileX and ExFAT v6.1.7

Installation Instructions

Refer to the Release Notes for Installation instructions