概要

GR-LYCHEEをWebカメラにしてみましょう。GR-LYCHEEにはESP32モジュールを搭載しており、Wi-FiとBLEの接続が可能です。今回はWi-Fiを使って、Webブラウザで画像を表示してみます。


準備

ハードウェア

GR-LYCHEE、USBケーブル(マイクロBタイプ)を準備します。カメラの取り付け方はカメラや付属品、LCDの取り付け方を参照してください。


Webカメラサンプル

はじめにブラウザ表示用の「index.htm」ファイルをSDカードに保存します。

  • 以下のリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を行ってダウンロードしてください。

    index.htm

保存後、GR-LYCHEEにSDカードを差し込んで以下のスケッチを実行してください。


#include <Arduino.h>
#include <Camera.h>
#include <SD.h>
#include <HTTPServer.h>
#include <mbed_rpc.h>
#include <SdUsbConnect.h>
#include <ESP32Interface.h>
 
ESP32Interface network;
#define WIFI_SSID "elecom2g01-45ea1e"
#define WIFI_PW "renerene"
 
Camera camera(320, 240);
SdUsbConnect storage("storage");
 
static int snapshot_req(const char ** pp_data) {
  size_t size = camera.createJpeg();
  *pp_data = (const char*)camera.getJpegAdr();
  return size;
}
 
void setup(void) {
 
  Serial.begin(9600);
  Serial.println("Starts.");
 
  // SD & USB
  Serial.print("Finding strage..");
  storage.wait_connect();
  Serial.println("done");
 
  camera.begin();
 
  Serial.print("Connecting Wi-Fi..");
  network.connect(WIFI_SSID, WIFI_PW, NSAPI_SECURITY_WPA_WPA2);
  Serial.println("done");
 
  Serial.print("MAC Address is ");
  Serial.println(network.get_mac_address());
  Serial.print("IP Address is ");
  Serial.println(network.get_ip_address());
  Serial.print("NetMask is ");
  Serial.println(network.get_netmask());
  Serial.print("Gateway Address is ");
  Serial.println(network.get_gateway());
  Serial.println("Network Setup OK\r\n");
 
  SnapshotHandler::attach_req(&snapshot_req);
  HTTPServerAddHandler<SnapshotHandler>("/camera"); //Camera
  FSHandler::mount("/storage", "/");
  HTTPServerAddHandler<FSHandler>("/");
  HTTPServerAddHandler<RPCHandler>("/rpc");
  HTTPServerStart(&network, 80);
 
}
 
void loop() {
}

Webカメラの動作を確認

シリアルモニターを起動し、GR-LYCHEEのリセットボタンを押します。以下のようにDHCPにより取得したIPアドレスが表示されます。

表示されたIPアドレスをWebブラウザのURLに打ち込んでみましょう。以下の画面が表示されます。

カメラの画像が表示されます。