GR-CITRUSはRubyが気軽に使える小型ボードです。Visual Studio CodeでRubyプログラムができます。VSCode Extension「Rubic」を参照してください。また、Chrome AppのRubicも使用可能です。

初めてのRubyプログラム 1.1.Visual Studio Codeのインストール

RubyだけでなくArduinoと互換性のあるスケッチをすることも可能です。また、ESP8266を搭載したボード「WA-MIKAN」と組み合わせることでWiFi通信やマイクロSDカードを使ったシステムをプロトタイプすることができます。

GR-CITRUS-FULLの主な機能

GR-CITRUS (-FULL)

  • ルネサス32ビットマイコンRX631グループMCUを搭載
  • Arduino Pro Miniと互換性のあるピン配置。
  • -FULLはWA-MIKANにすぐ接続できるピンヘッダ付き
    (写真はノーマルタイプでピンヘッダなし)


WA-MIKAN (-FULL)

  • Wi-Fiモジュール「ESP8266」、マイクロSDソケット搭載
  • -FULLはGR-CITRUSに接続するための10mm長足ピンソケットを搭載。
    (写真はFULLタイプでピンソケットあり)

GR-CITRUSピンマップ

詳細仕様

搭載マイコン
RX631(R5F5631FDDFP 100pin QFP)
ROM/RAM
2MB/256KB
Data Flash
32KB
動作周波数
96MHz (外部発振12MHzを8逓倍)
サブクロック
32.768kHz
動作電圧
3.3V
ボード搭載
リセットスイッチ、20ピン拡張インタフェース、ユーザ用LED

Rubyファームウェア

GR-CITRUSのRuby用ファームウェアです。ファームウェアを書き込む場合は、GR-CITRUSのリセットボタンを押してUSBメモリとして認識後、binファイルをコピーしてください。最新はファームウェアの状況はGithubを参照してください。

GR-CITRUS Rubyファームウェア V2.35

e2 studio用プロジェクト

Eclipseをベースにした開発環境e2 studioでスケッチを行うためのプロジェクトファイルです。e2 studioのダウンロードとインストールについてはe2 studio製品ページを参照してください。

  • クリックしてダウンロードしてください。e2 studioのメニュー「ファイル」→「インポート」から、既存ワークスペースとしてアーカイブファイル(zip)のままインポートできます。
    citrus-sketch-v220.zip

注意:e2 studio Version 5.4でエクスポートしたプロジェクトです。Version 6.0では正常にインポートできません。それ以降のバージョンについてはインポートに互換性があるか確認してください。

USBマスストレージファームウェア

製造時に書き込まれるファームウェアです。書き込むためにはRenesas Flash Programmerをインストールする必要があります(Windowsのみ)。また書き込む際はGR-CITRUS上のMDジャンパーをクローズし、USBダイレクト接続でのフラッシュ書き込みモードにする必要があります。

Version bでボリュームラベルが「GR-CITRUS_b」になります。Version bでは、bin書き込み領域が528KBから960KBに拡張されます。なお、PCのOSによってはストレージに対して、隠しファイルを書き込む場合があり、実際の書き込み領域が縮小されることがあります。

GR-CITRUS USBマスストレージファームウェア
(version b, 2017/11/7)


技術サポート情報

技術情報

関連Webページ