クロック同期装置とは?

クロック同期装置は、基地局、無線ネットワーク制御装置、無線バックホール装置、ルータ、ゲートウェイ、PON(受動光ネットワーク)、DSLAM(DSL接続マルチプレクサ)、マルチサービス スイッチング プラットフォーム、伝送装置など、世界の通信インフラを構成するシステムの重要要素です。 この装置は位相、周波数、時刻を基準に同期した出力を生成します。 位相同期は、出力の立ち上がりエッジが基準入力クロックの立ち上がりエッジと一致することで達成されます。 周波数同期は、出力の周波数が入力の周波数と比量的に一致するようにすることで実現されます。 時刻同期は、データ(クロックと一緒に送信されている)を最初に受信した時刻を特定する出力に付随する信号があることを保証します。 

クロック同期装置の選び方: 

ルネサスの同期ソリューションは、デジタルクロック同期装置やアナログPLLなど複数の技術を、時には単一チップに活用しています。 デジタル合成器は、製品規格に準拠し、クロック監視、ヒットレス基準スイッチング、移動フィルタリング、アナログPLL変換周波数の機能を備え、低ジッタークロックを生成します。 ClockMatrixシリーズのデバイスは、同期化ソリューションを探すのに最適です。 より基本的な機能を重視されるお客様は、ゼロ遅延バッファも検討される必要があります。 

カテゴリ

PDH、SONET/SDHクロック

PDH、SONET/SDDH、TDMに対応した機器の同期に向けて設計されたWAN 向けPLL

同期イーサネットクロック、IEEE 1588クロック

パケットスイッチネットワーク上での同期を目的としたソリューション

ドキュメント

タイトル 分類 降順で並び替え 日付
PDF906 KB
概要
PDF400 KB
ホワイトペーパー

ビデオ&トレーニング

IDT ClockMatrix™ Timing Solution for 100Gbps Interface Speeds (IEEE 1588, OTN, and SyncE)

Introducing the IDT ClockMatrix™ family of devices - high-performance, precision timing solutions designed to simplify clock designs for applications with up to 100 Gbps interface speeds. 

They can be used anywhere in a system to perform critical timing functions, such as clock generation, frequency translation, jitter attenuation and phase alignment. A range of devices in the family support BBU, OTN, SyncE, synthesizer and jitter attenuator applications with several density options for each.

For more information, visit www.idt.com/clockmatrix.