画像
Yukiko Date
Yukiko Date
Staff Product Marketing Specialist

家電やビル、工場など、世界中の様々なものがネットワークにつながることが当たり前になってきています。しかし飽和状態になることなくIoTデバイス数は年々増加傾向にあり、特にヘルスケア、コンシューマ、産業用途で高成長が見込まれています。これらの分野のIoTデバイスはサイズに制約がある場合が多く、周辺部品のみならず、メインプロセッサにも小型化が求められます。本ブログでは小型のIoTデバイス向けに設計された超小型ArmマイコンであるRA2E2と、開発時間の短縮により早期市場投入を実現するRA2E2 Fast Prototyping Boardをご紹介します。

RA2E2とは?

超小型RA2E2は、従来製品からメモリ容量や機能を最適化し、超小型・高いコスト競争力を実現した新製品のマイコンです。1.84mm×1.87mm 16ピンWLCSPパッケージをラインアップ。その他20ピン、24ピンQFNもございます。省スペースが求められるIoTセンサノードなどの小型・薄型アプリケーションに最適です。

【卓越した低消費電力を実現】

32bit MCUクラス最高水準の低消費電力を実現しています。一般的な動作モードでは、動作電流は81μA/MHzですが、ソフトウェアスタンバイモード電流は200nAです。ソフトウェアスタンバイモードでは、CPU、ほとんどの内蔵周辺機能、および発振器が停止することで、消費電力を最小レベルまで削減します。さらに7.3μs未満で高速復帰することが可能です。ポータブル機器等バッテリ駆動のアプリケーションにも適した製品です。

【最適化された機能】

内蔵周辺機能を最適化することで、RA2E2はIoTデバイスなど様々なアプリケーションに適応することができます。RA2シリーズ初機能の32bit Low Power AGT・I3Cを搭載し、動作温度範囲は-40~+125℃に対応します。I3Cは、I2Cの機能、パフォーマンス、消費電力を改善したシリアル通信インタフェース仕様であり、センサ制御やウェアラブルデバイスなど様々なアプリケーションへの適応が期待された新規格です。

画像
RA2E2 MCU Advantages on Display
図:RA2E2の特長

RA2E2 Fast Prototyping Boardとは?

お手軽な価格で簡単にRA2E2を評価できるRA2E2 Fast Prototyping Boardは、E2エミュレータLiteを内蔵しているため、エミュレータをお持ちでない方も直接プログラムの書き込み/デバッグが可能です。また、Arduino UnoとPmod™ のインタフェースも搭載していますので、お客様自身で評価環境を拡張して頂くことが可能です。さらに、名刺サイズの小さなプロトタイピングボード(5.3センチ x 8.5センチ)なので、気軽に評価することができます。

画像
RA2E2 Fast Prototyping Board図

RA2E2の優れた特徴とFPB-RA2E2の使いやすさを体験いただくために、ルネサスのガスセンサモジュール(ZMOD4410)、および温湿度センサモジュール(HS3001)と組み合わせて、測定結果をすぐに確認できるサンプルプログラムを用意しました。これらはセンサーモジュールとFPBを、Pmod™ コネクタを介してI3Cで接続するサンプルプログラムとなり、I3Cの機能・少配線の特長を評価することができます。

早速、以下URLからご参照いただき、簡単・手軽なRA2E2 Fast Prototyping Boardを使用して、RA2E2の優れた機能をお試しください!

画像
RA2E2 Fast Prototyping Boardと温湿度センサー(HS3001)との接続例
図:温湿度センサ(HS3001)との接続例

関連リンク

RA2E2 公式HP

RA2E2 活用事例

この記事をシェアする

Log in or register to post comments

この記事をシェアする

ドキュメント

タイトル 分類 日付
PDF1.21 MB
アプリケーションノート
PDF1.35 MB
アプリケーションノート