アマゾン ウェブ サービス(AWS)と連携し、車両情報を活用したクラウドサービスを開発できる、R-Car対応「コネクテッドカー用ソフトウェア開発ツール」を開発

~予測運転技術で、ドライバに合わせたサービスを提供するクルマを実現可能~

2018年10月16日

ルネサス エレクトロニクス株式会社

 

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO:呉 文精、以下ルネサス)は、車両データを活用したクラウド連携サービスの開発に拍車をかけるため、ルネサスの車載用SoC「R-Car」に対応する「コネクテッドカー用ソフトウェア開発ツール(SDK)」の提供を開始します。これにより、アマゾン ウェブ サービス(AWS)が提供する豊富なクラウドサービスと、エッジとなる車両データを連携したサービスを開発することが可能です。走行状況やドライバの状態など車両側のデータと、工事や渋滞などの道路状況や天候、地図などクラウド側のデータを、リアルタイムに組み合わせて、例えば天候と空気圧の状態から最適なルートをお勧めするなど、新たなサービスの開発が可能です。

 従来、こうしたサービスを立ち上げるためには、車両データの扱い方を習得する必要があるため、IT業界のソフトウェア開発者にとってアプリケーション開発は困難でした。一方、実車テストでは難しい条件でのアプリケーション開発も必要とされてきています。そこでルネサスは、アクセルやブレーキ、ハンドル角度など車両データを使用できるシミュレータと、車両データを管理するエッジコントローラ、ドライバモニタリングなどのアプリケーションと連携するVehicle API、そしてクラウドと接続するインタフェースを開発しました。新開発ツールは、R-Carへのデプロイツールを含む評価版と商用版を用意しました。評価版はR-Carコンソーシアムの会員向けに先行して12月より提供を開始し、2019年第一四半期に一般に提供を開始する予定です。

 ルネサス エレクトロニクス株式会社のオートモーティブソリューション事業本部 テクニカルカスタマーエンゲージメント統括部 シニアダイレクターである吉田正康は以下のように述べています。「自動運転システムなどの技術革新が進む中で、コネクテッドカーの分野でも新たなキープレイヤーの参入が予想されており、注目度はさらに増しています。車載ビジネスで培ってきた車両データの取り扱いをコネクテッド分野で生かすため、AWSの豊富なクラウドサービスや、エッジコンピューティングと連携できることを嬉しく思います。今後この開発ツールにより、AWSと連携した新たなサービスがいち早く誕生することを期待します。」

 アマゾン ウェブサービス ジャパン株式会社のパートナーアライアンス本部 統括本部長 渡邉宗行氏は今回の取り組みについて次のように述べています。「ルネサスエレクトロニクスの提供するSDK 及びR-Car ハードウェアとAWS IoT Framework for AGLの組み合わせによって、いままで取り込めなかったような車両データへのアクセスが可能になります。開発者の皆様がより早いスピード感で、より簡単にアプリケーションを開発できる環境ができたことを嬉しく思います。今回のルネサスエレクトロニクスとの取り組みを通じて、AWS のお客様が新しくイノベーティブなモビリティのソリューションをより多く生み出すきっかけになればと期待しております。」

 今回の開発ツールの最大の特長は、クルマをクラウドとつないで、クラウドサービスを単にクルマに導入させるのではなく、クラウドのビッグデータを基に構成されたアルゴリズムを活用して、リアルタイムな車両データとクラウドで蓄積されたデータを連携させたアプリケーションが開発できるという点です。これにより、刻々と変化する車両とクラウド双方のダイナミックデータを活かしたアプリケーションを開発できます。このクラウドとクルマの連携においてAWSが提供するクラウドサービスおよびAWS Greengrassを開発ツールに採用しました。AWSのGreengrassおよびAWS IoT core の組み合わせは、すでにAWSの動作確認を取得しており、R-CarスタータキットのAGL(Automotive Grade Linux)環境にて動作が可能です。

 また、本開発キットはドライバモニタリング等のデータと連携する拡張性も持たせています。例えば、燃料や空気圧などの車両側のデータと、クラウドが予測する天候や道路のデータに加えて、ドライバの緊急性や運転スキルを考慮して計算し、最適なルートの提案や運転のコーチングをするといった予測運転支援を行うことが可能です。こうした新たなサービスが実現すれば、ドライバの利便性・安全性の向上だけでなく、自動車メーカ、販売店、物流、保険、レンタカーなどのモビリティ事業の拡大や付加価値の拡大、またサービスレイヤの新規事業の参入を加速させ、モビリティ時代の進化に革新をもたらします。

 新「コネクテッドカー用ソフトウェア開発ツール」の主な特長は次の通りです。

 

(1)机上で、車両データを活用したアプリケーションを開発することが可能

新開発ツールは、車両データの利用シミュレーションが可能です。車両データは、W3C(World Wide Web Consortium)のVehicle API(Application Interface)が規定するアクセルやブレーキ、ハンドル角度などの車両データのうち、利用頻度の高い100種のデータを選定。シミュレータはW3C以外のVehicle APIにも対応することが可能です。加えて、シミュレータでは車両周辺状況として、天候や道路状況なども選択可能であり、道路コース上をユーザの設定どおりに走らせてアプリケーションをテストすることが可能です。クラウド連携部のサービス・アプリケーションはAWS上で開発し、R-Car側にデプロイします。R-Carスタータキットでは、JavascriptやPythonなどの軽量プログラミング言語(Lightweight Language)を使用することができるので、すぐにAWSなどのクラウドと接続してクラウド連携のアプリケーションソフトウェアを開発できます。これにより、車両データを活用した新たなサービス提供の実現が加速します。

 

(2)評価版、商用版の2つのステップを用意

評価版:車両データの種類や使い方を、初期投資を抑えて試用できるよう、無償の評価版を用意しました。データの種類や細かさ(サンプリングレート)に制限を設けているものの、R-Carスタータキット(別売)上でアプリケーションを動作させ、実際にクラウドに接続して試用することが可能です。車両データに加え、クラウド側で提供する新たなAPIおよそ100種類を実装してシミュレーションすることができます。例えば、ルネサスからもオプションで、ドライバの感情を認識し車に伝えることができる「感情エンジン」のAPIを提供することが可能です。

商用版:実用化に向けてカスタマイズや最適化、機能安全対応を行えるバージョンです。ルネサスの250社を超えるR-Carコンソーシアムのパートナ企業がサポートを行いますので、実装から運用まで安心して利用可能です。

 

(3)アプリケーションは、ルネサスの実績ある車載用SoC「R-Car」に搭載するから安心

完成したアプリケーションソフトウェアはR-Car上で動作します。R-Carは、サイバーアタックに対抗するセキュリティと、堅牢な機能安全に対応しており、すでに量産車で多数の実績を誇ります。車両データや個人情報を扱う環境として安心です。

以 上

*アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWS 、AWS Greengrass、AWS IoT coreは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

*本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。