当社は人々の暮らしを楽(ラク)にする技術で、持続可能な将来を築きたいと考えております。
その中で、当社の事業領域と関連性が高いと考える分野に関連した活動を支援し、社会貢献活動に積極的に取り組みます。

従業員サポートとして、国内においては、ボランティア休暇を含む各種休暇を年次有給休暇の中に取り込み、年次有給 休暇日数を拡大し、その年次有給休暇にて、地域社会への貢献(ボランティア活動)に有効活用できる仕組みを構築しています。
加えて、週休3・4日制度を導入し、定期的に行われる地域活動への参加も容易にしています。

また、Renesas Electronics America, Inc.(米国・カリフォルニア)では、ボランティアコミュニティサービスとして、すべての従業員が社会奉仕活動に参加するために、一定の就業時間をボランティア活動として行うことができます。

注力3領域の社会貢献活動実績

1.環境活動

中古衣類のリサイクル

画像
semiconductor

Renesas Semiconductor (Suzhou) Co., Ltd. (中国・蘇州)において、蘇州の福祉団体「衣加衣」と連携し、従業員から中古の衣類や布団などの寄付を募りました。約10日間で約100点の衣類や布団が集まり、中国国内の都会から離れた地域に居住する高齢者や子供たちへ衣類や布団を寄付しました。これにより、廃棄物を減らす一方でリサイクルを実現し、環境保全に貢献することができました。

海岸のごみ拾い活動

画像
garbage picking

ルネサスグループは、世界中の各拠点で環境保護活動に参加し、社会貢献をしています。
Renesas Electronics Singapore Pte. Ltd.(シンガポール)では、約60人の従業員が、シンガポールの海岸に落ちている人工ごみや廃棄物、漂着物などを拾い集めました。ごみを拾いながら、ごみや漂着物の種類、個数等の情報を記録し、収集したデータを、ごみ問題解決のために役立てています。

ルネサス発足10周年記念植樹

画像
10th tree

ルネサスエレクトロニクス発足10周年を記念し、世界的な森林再生の取り組みを支援する国際NGO団体Oxfamの支援を借り、20,000本の木を世界に植樹するための寄付を行いました。発足10周年という節目にサステナビリティをより一層重視した経営を推進するための記念植樹であり、約2万人のルネサスグループの従業員が1本ずつ、合計20,000本の木を自然災害や森林破壊などで植樹が切望されている18か国の候補地に、生命の維持や浸食防止に貢献するために寄付しました。

 

2.教育分野

Advanced Information Technology Invitational Contest (AITIC) 2020を通じた優秀なエンジニアの育成

画像
contest

ルネサスグループは、今年も大学生向けの電子設計コンテスト「Advanced Information Technology Invitational Contest(AITIC)」を中国にて開催しました。中国全土から53校285名の学生が95チームに分かれ、「スマートホーム」「スマートシティ」「クラウドベースアプリケーション」からテーマを選び、当社グループが提供するRZ/A2Mの開発ボード使用し、設計をするコンテストです。将来の半導体業界で活躍できる優秀なエンジニアを育成するプログラムとして、中国の大学生に最先端の技術や機会を提供しています。当社グループはこれからもこのような教育の機会を提供してまいります。

マイコンカーラリー

画像
MCR

ルネサスグループは、二年に一度ドイツのニュルンベルクで開催されるEmbedded Worldにて、マイコンカーラリーを開いています。ヨーロッパ中から参加した150名の大学生と教授は30チームに分かれ、ルネサス製品が搭載されたマイコンカーを使って、大学生達は、教授の指導を受けながらトラック上の白い線に沿って、マイコンカーを自動で運転させるソフトウェアとハードウェアの開発に取り組みます。全長67メートルのマイコンカーラリーのサーキットを走るスピードを競い、最も早いタイムはドイツのハーズ大学の学生チームの2分32秒で、昨年度のタイムを7秒も上回りました。

詳細はこちら

ルネサス ユニバーシティ・プログラム

画像
university

ルネサスグループでは、次世代のイノベーターの育成に向け、電子工学・情報工学・自然科学を勉強する学生のために包括的な教材や実習機会を提供しています。次世代のエンジニアやエキスパートを育成することを目的とし、学生が知識を深め、スキルを強化し、グローバルなネットワークを構築できるような学習の機会を提供しています。

詳細はこちら

女性エンジニアの育成

画像
female engineer

ルネサスグループはドイツのデュースブルク=エッセン大学のMINT分野(数学、コンピューターサイエンス、自然科学とテクノロジー)における女子生徒を対象としたChanceMINT NRWプログラムで、ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン州にある企業と交流する機会を数年間提供し続けています。
AIやADASのセミナーやワークショップを開催し、MINT分野の女子生徒15人を対象に研究室のツアーとコンピューターグラフィックスのワークショップを行いました。このプログラムの参加者の多くからインターンシップや就業体験の申し込みがありました。

3.地域社会

自然災害による被災への支援

画像
disaster support

ルネサスグループでは、自然災害による被害からの復興に向け、被災地での支援活動を行っています。
2020年7月には九州地方を中心に豪雨により住宅の全壊、半壊、浸水などの被害が発生しました。労働組合を中心に、被災地の復旧支援および被災された方々の救援のため、義援金募集を行いました。
過去にも、東北地方や九州地方での地震など、被災された方々の救援および被災地の復旧支援を積極的に行うべく、義援金の募集を実施してきました。

学用品の寄付

画像
family-giving-tree

ルネサスグループは、各拠点で地域住民とともに福祉活動に従事し、社会貢献に努めています。
Renesas Electronics America, Inc. (米国・カリフォルニア)の従業員が、カリフォルニア州の北部の慈悲団体「Family Giving Tree」と連携し学用品や文房具をリュックサックに詰めて寄付する活動に参加しました。この活動を通じ、およそ15点のリュックサックと、750ドルの寄付金が集まりました。これら学用品、文具や寄付金は、将来の夢にむかって勉学に励んでほしいと願いを込めて、カリフォルニア州北部の貧しい家庭の子供たちへ、寄付されました。

小学生の職場体験学習受け入れ

画像
work experience

ルネサスグループは、武蔵事業所の職場体験学習として、近隣の小平第十小学校から6年生の生徒を受け入れ、半導体製品の設計の体験や事業について学ぶ機会を提供しました。
参加した小学生はモノづくりの面白さを経験する機会として、AI開発を体験しました。文字認識キットを使って、各々に決めた記号をAIに学習させて、自動で認識できるようになるまでの一連のAI開発を通して、半導体の最先端の技術の面白さを体験しました。

 

2020年 社会貢献活動の金額実績(万円)

寄付金 8,710
協賛金 1,053
現物寄付 485
従業員のボランティア活動参加(金額換算) 323

 

SDGsへの貢献

ルネサスグループの地域社会への貢献に対する取り組みは、以下のSustainable Development Goalsに貢献しています。

画像
QUALITY EDUCATION

4.3 2030年までに、全ての人々が男女の区別なく、手の届く質の高い技術教育・職業教育及び大学を含む高等教育への平等なアクセスを得られるようにする。

画像
QUALITY EDUCATION

4.4 2030年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、働きがいのある人間らしい仕事及び起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。

画像
5-Gender Equality

5.b 女性のエンパワーメント促進のため、ICTをはじめとする実現技術の活用を強化する。

画像
6 CLEAN WATER AND SANITATION

6.6 2020年までに、山地、森林、湿地、河川、帯水層、湖沼などの水に関連する生態系の保護・回復を行う。