当社は人々の暮らしを楽(ラク)にする技術で、持続可能な将来を築きたいと考えております。
その中で、当社の事業領域と関連性が高いと考える分野に関連した活動を支援し、社会貢献活動に積極的に取り組みます。

従業員サポートとして、国内においては、ボランティア休暇を含む各種休暇を年次有給休暇の中に取り込み、年次有給 休暇日数を拡大し、その年次有給休暇にて、地域社会への貢献(ボランティア活動)に有効活用できる仕組みを構築しています。
加えて、週休3・4日制度を導入し、定期的に行われる地域活動への参加も容易にしています。

また、Renesas Electronics America, Inc.(米国・カリフォルニア)では、ボランティアコミュニティサービスとして、すべての従業員が社会奉仕活動に参加するために、一定の就業時間をボランティア活動として行うことができます。

注力3領域の社会貢献活動実績

1. 環境保全への取り組み

太陽光発電の導入拡大(中国、マレーシア)

画像
太陽光発電の導入拡大

ルネサスは、継続的なエネルギーの供給と使用量および光熱費の削減を目指し、2022年11月に中国・蘇州の製造拠点で太陽光発電を導入しました。続いてマレーシアの製造拠点でも初めて太陽光発電システムを導入し、運用を開始しました。世界の気候変動への取り組みとマレーシアの再生可能エネルギー拡大政策に貢献するため、2023年から2024年にかけて太陽光発電の導入をさらに拡大する予定です。当社の地球環境行動指針に基づき、今後も各拠点でより持続可能で環境に配慮した活動を実現できるよう様々な取り組みを推進していきます。

自然再生のための植林活動(アメリカ)

画像
自然再生のための植林活動

ルネサスは、2022年10月、非営利の自然保護団体であるRaritan Headwaters Associationと提携し、ニュージャージー州のラリタン川北支流沿いに1,000本の植樹を行いました。今回の活動は、将来の浸食を防ぎ、水資源を回復させるため1万本の木を植えるという4年間の修復プロジェクトの第一歩となりました。ルネサスの社員が、サマセット郡公園委員会、Raritan Headwaters、AmeriCorps、米国魚類野生生物局および米国海洋大気庁(NOAA)のボランティアと一緒に植林活動を行いました。

水を守る森林づくり

画像
水を守る森林づくり

山口県では、森林の持つ水源かん養、山地災害防止、地球温暖化の防止等の多面的機能を持続的に発揮させるために、健全で多様な森林づくりに取り組んでいます。森林を山口県民共有の財産として社会全体で支えていくため、企業の自発的活動の推進を目的とした「第14回 水を守る森林づくり活動」が2021年11月に開催されました。当社従業員も含め総勢132名で、宇部市の北部に位置した豊かな緑と水を育む地域の森林整備を行いました。

また、地域団体主催の有帆川清掃にも参加しました。本活動には、地域社会貢献活動を通じての社会志向の高い企業マインドの育成と環境意識の向上を目的として、1985年から毎年参加しています。

中古衣類のリサイクル

画像
semiconductor

Renesas Semiconductor (Suzhou) Co., Ltd. (中国・蘇州)において、蘇州の福祉団体「衣加衣」と連携し、従業員から中古の衣類や布団などの寄付を募りました。約10日間で約100点の衣類や布団が集まり、中国国内の都会から離れた地域に居住する高齢者や子供たちへ衣類や布団を寄付しました。これにより、廃棄物を減らす一方でリサイクルを実現し、環境保全に貢献することができました。

海岸のごみ拾い活動

画像
Collection of Trash along the Coast

ルネサスグループは、世界中の各拠点で環境保護活動に参加し、社会貢献をしています。

Renesas Electronics Singapore Pte. Ltd.(シンガポール)では、約60人の従業員が、シンガポールの海岸に落ちている人工ごみや廃棄物、漂着物などを拾い集めました。ごみを拾いながら、ごみや漂着物の種類、個数等の情報を記録し、収集したデータを、ごみ問題解決のために役立てています。

 

2. 次世代エンジニアの教育

ジャパンマイコンカーラリーの支援

画像
Micon Car Rally

ルネサスは2023年、日本の工業高等学校199校(1254名)が参加したジャパンマイコンカーラリーを支援しました。マイコンカーの車体制御には、ルネサスのマイコンが使われており、ルネサスは機材提供や講習会を通じて、学生や指導教員のエンジニアリングスキルの向上に貢献しました。2023年12月27日~28日には、191名が全国大会の決勝戦に挑みました。次回からはRAマイコンを搭載した車体も正式採用されることが決まっており、次なるチャレンジに向けて学生たちをサポートしていきます。

大学生向けIT・エレクトロニクスデザインコンテスト(中国)

画像
大学生向けIT・エレクトロニクスデザインコンテスト

ルネサスは昨年、中国の大学生を対象とした電子設計コンテストと先進情報技術招待コンテスト(AITIC)を主催しました。COVID-19に伴う封鎖措置にもかかわらず、全国52大学から261名の学生が、ルネサスの RZ/G2Lマイクロプロセッサーをベースにした優れた設計をAITICへ提出しました。また、2022年4月から8月にかけて、ルネサスと中国教育局の共催で第3回「ルネサス杯」(情報技術フロンティア招待大会)が開催されました。情報技術や電子工学を学ぶ主要大学の学生約100チームが招待され、最先端技術を使った革新的で機能的なアプリケーションシステムの設計に取り組みました。ルネサスは、先進DRP技術を組み込んだマイクロプロセッサベースの開発プラットフォームと、オンライントレーニングなどの技術サポートを提供しました。

STEM分野の女子学生向け奨学金制度(ベトナム)

画像
STEM分野の女子学生向け奨学金制度

ルネサスは、2022年11月、ベトナム南部と中部のトップ9位内にランクインする技術工学系大学の女子学生40名に対し奨学金を授与しました。このプログラムは、半導体業界の次世代女性エンジニアや技術専門家に投資する当社のグローバルな取り組みの一環として企画されたものです。ルネサスは、現地で様々な教育や経済的支援を積極的に提供しています。

マイコンカーラリー

画像
MCU Car Rally

ルネサスグループは、二年に一度ドイツのニュルンベルクで開催されるEmbedded Worldにて、マイコンカーラリーを開いています。ヨーロッパ中から参加した150名の大学生と教授は30チームに分かれ、ルネサス製品が搭載されたマイコンカーを使って、大学生達は、教授の指導を受けながらトラック上の白い線に沿って、マイコンカーを自動で運転させるソフトウェアとハードウェアの開発に取り組みます。全長67メートルのマイコンカーラリーのサーキットを走るスピードを競い、最も早いタイムはドイツのハーズ大学の学生チームの2分32秒で、昨年度のタイムを7秒も上回りました。

詳細はこちら

ルネサス ユニバーシティ・プログラム

画像
The Renesas University Program

ルネサスグループでは、次世代のイノベーターの育成に向け、電子工学・情報工学・自然科学を勉強する学生のために包括的な教材や実習機会を提供しています。次世代のエンジニアやエキスパートを育成することを目的とし、学生が知識を深め、スキルを強化し、グローバルなネットワークを構築できるような学習の機会を提供しています。

詳細はこちら

女性エンジニアの育成

画像
Promoting Women in Engineering

ルネサスグループはドイツのデュースブルク=エッセン大学のMINT分野(数学、コンピューターサイエンス、自然科学とテクノロジー)における女子生徒を対象としたChanceMINT NRWプログラムで、ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン州にある企業と交流する機会を数年間提供し続けています。

AIやADASのセミナーやワークショップを開催し、MINT分野の女子生徒15人を対象に研究室のツアーとコンピューターグラフィックスのワークショップを行いました。このプログラムの参加者の多くからインターンシップや就業体験の申し込みがありました。

3. 地域社会への支援

チャリティマラソンと募金活動(ドイツ)

画像
チャリティマラソンと募金活動

22022年7月にドイツ・ナベルンで開催されたチャリティイベント「AKB run」に、ルネサスから約30名の社員が参加しました。開催者である地域の非営利団体Aktionskreis für Menschen mit und ohne Behinderung e.V. (AKB)は、障がいのない人たちが障がいのある人たちと一緒に過ごすことで、彼らから学ぶことを目的としたイベントを開催しています。このイベントへの参加は、現在ルネサスの一員であるDialogの社員から始まり、昨年は現地チームにより合計500ドルの寄付がありました。

安全な飲み水プロジェクト(インド)

画像
安全な飲み水プロジェクト

ルネサスは、2021年と2022年にTrinity Care Foundationと協力し、カルナータカ州バンガロール北地区の選ばれた学校に逆浸透膜(RO)フィルターを使用した水浄化装置を設置し、公立学校の生徒に安全な飲料水を提供しました。カルナータカ州の30地区のうち、29地区では地下水が飲料水に適さないとされています。この取り組みは、生徒と教師の健康状態を改善し、病気による欠席や退学を最小限に抑えることを目的としています。ルネサスは5つの学校に、1時間で100リットルの精製水を生成し1,000リットルの水を収納できる4層構造のウォータータンク付きの浄水装置を提供しました。

食事提供を通じたボランティア活動

画像
食事提供を通じたボランティア活動

2021年9月、Renesas Electronics Singapore Pte. Ltd.(シンガポール)では、Bendemeerコミュニティの恵まれない家族に、Dignity Kitchenから"Pay-It-Forward “mealを提供するボランティア活動に参加しました。有志による1600S$のスポンサーシップをもとに、320食の食事提供を行うことができました。その名のとおり、自分が受けた善意をまた他の誰かにつなぐことで、善意の輪を広がっていくことを期待しています。

知覚障害者団体へのボランティア活動

画像
知覚障害者団体へのボランティア活動

Renesas Electronics Korea Co., Ltd(韓国)では、Renesas Cultureのひとつである「Entrepreneurial」の啓発活動の一環として、社内フリーマーケットを開催しました。合計3,179,000ウォンの収益金は、2022年1月にRenesas Koreaから聴覚障害者団体に寄贈しています。

チャリティバザー開催、ランドセルの寄付

画像
チャリティバザー開催、ランドセルの寄付

2021年7月、Renesas Semiconductor (Suzhou) Co., Ltd.(中国)では、蘇州の公益団体「SIP-CSRA」と連携し、チャリティーバザーを開催しました。今回の活動で得た寄付金は「SIP-CSRA」を経由し、すべて「Siyuan Safe Drinking Water Item」特別基金に充当されます。

また、このイベントに続いて10月にも、同「SIP-CSRA」と協力し、恵まれない家庭の子供たちにルネサスロゴを印字したランドセルを寄付しました。子供たちの健やかな成長をサポートできることを願います。

自然災害による被災への支援

画像
自然災害による被災への支援

2021年12月、マレーシアは集中豪雨に見舞われ、特にセランゴール州やパハン州で大規模な洪水が発生しました。セランゴール州では洪水により死傷者を出し、25,000人以上が洪水救援センターに一時的に避難しました。この壊滅的な災害により、Renesas Semiconductor KL Sdn. Bhd. (RSKL) とRenesas International Operations Sdn. Bhd. (RIO) の従業員もまた、家屋や車が浸水する甚大な被害を受けました。

そこで、ルネサスマレーシアの被災した従業員の負担を軽減するため、RSKL、RIO、Renesas Semiconductor (Malaysia) Sdn. Bhd. (RSM)、Renesas Electronics (Penang) Sdn. Bhd. (REPG) により、12月末に義援金活動を開始しました。多くの従業員から33,885.90リンギットの義援金を集めることができました。加えて、マレーシアのルネサスグループ各社の経営陣からも、合計53,114.10リンギットの支援があり、総額87,000リンギットが被災した従業員と家族に贈られました。

COVID-19ワクチン職域接種

画像
COVID-19ワクチン職域接種

2021年6月~11月にかけて、武蔵事業所と那珂事業所では、従業員(派遣、請負含む)とその家族に対してワクチン接種を行いました。
また、当時、武蔵事業所が所在する東京都小平市では、市民へのワクチン調達が困難だったため、当社は小平市の要請に応え、同市と連携して住民への接種も実施しました。この取り組みは市民の方々にも大変喜ばれ、期間中に当社従業員等と合わせて延べ約5,700人が2回の接種を受けることができました。

献血による地域貢献

画像
献血による地域貢献

熊本県にある錦工場では、献血が毎年の恒例行事として浸透しています。2021年には、日本赤十字社熊本支部より感謝状「金色有効賞」が授与されました。同賞は、長年にわたり献血に協力した団体・献血の推進活動に尽力した団体に贈られるものです。

今後も、病気やけがで輸血や血漿分画製剤を必要とする方の治療に役立てていただけるよう、活動を継続してまいります。

新型コロナウィルス感染拡大下のベトナムで学生を支援

画像
Donation by Renesas Design Vietnam

新型コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大は、世界経済や人々の生活に大きな影響を与えています。 ベトナムにおいても、COVID-19の影響で多くの人が家族や友人、職を失い、様々な困難に直面しています。ルネサスの設計拠点である、Renesas Design Vietnam Co. Ltd.(RVC)は、赤十字と力を合わせ、COVID-19で両親を亡くしたホーチミン市の第7地区に住む学生のため、様々な支援活動を行いました。 RVCは、合計19台のタブレット(約80,000,000 VND相当)と現金(52,040,000 VND)を寄付しました。

さらに、4つの大学にCOVID-19検査キット2,450個、4,988人分の食事や、200食分の食糧を提供し、故郷に戻ることができず、ホーチミン市やダナン市の寮やアパートに留まらなければならない学生を積極的に支援しました。

飢餓撲滅のための募金活動、「48時間バーチャルレース」

画像
logo: Second Harvest of Silicon Valley

ルネサスでは、各拠点で地域社会と連携して積極的に社会福祉活動に取り組み、社会に貢献しています。

米国拠点では、カリフォルニア州サンタクララ郡とサンマテオ郡で支援を必要としている人々に食事サービスを提供している非営利のフードバンク、「Second Harvest of Silicon Valley」が主催するキャンペーンに参加し、募金総額$28,119を集めることができました。「飢餓撲滅のための募金活動48時間バーチャルレース2021 (48-Hour Race to End Hunger 2021)」キャンペーンは、200万食以上の食事を提供するために、シリコンバレーの企業が総額100万ドルの募金を目指して競う募金活動です。

ルネサスは、今後も様々な取り組みを通じて地域社会への支援を行っていきます。

2022年 社会貢献活動の金額実績 (万円)

寄付金14,528
協賛金336
現物寄付540
従業員のボランティア活動参加(金額換算)538

 

SDGsへの貢献

ルネサスグループの地域社会への貢献に対する取り組みは、以下のSustainable Development Goalsに貢献しています。

画像
QUALITY EDUCATION

4.3 2030年までに、全ての人々が男女の区別なく、手の届く質の高い技術教育・職業教育及び大学を含む高等教育への平等なアクセスを得られるようにする。

画像
QUALITY EDUCATION

4.4 2030年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、働きがいのある人間らしい仕事及び起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。

画像
5-Gender Equality

5.b 女性のエンパワーメント促進のため、ICTをはじめとする実現技術の活用を強化する。

画像
6 CLEAN WATER AND SANITATION

6.6 2020年までに、山地、森林、湿地、河川、帯水層、湖沼などの水に関連する生態系の保護・回復を行う。