1. Home
    2. Automotive
    3. 先進運転支援システム(ADAS)
    4. ソリューションキット

ADASスタータキット

ADAS スタータキット [発注型名: Y-R-CAR –ADAS-SKH2-BOARD]

車載情報機器向けSoC「R-Car H2」搭載、R-Carでは最小サイズの開発キットで初期開発に最適

「ADASスタータキット」は、車載情報機器向けSoC「R-Car H2」を搭載しながらも、R-Carでは最小となる約10cm×10cmサイズを実現した先進運転支援システム(Advanced Driver Assistance System:ADAS)向け開発キットです。

ルネサスの車載情報機器向けSoCのハイエンド製品となる「R-Car H2」を搭載しながら、初期開発に必要となるインタフェースや周辺機能を搭載しています。R-Car H2にはOpenCVのインタフェースに対応した最先端のコンピュータビジョンコア「IMP-X4」やOpenGLESに基づく最先端のグラフィックスコア「G6400」が搭載されており、ユーザは「R-Car H2」の性能を活かした3Dサラウンドビュー、スマートカメラ、センサフュージョンなどの各種ADASアプリケーションの開発を手軽に開始することができます。

オペレーティングシステムは、他のR-Car評価ボードでも実績のあるLinux「Yocto Distribution」をサポート、メイン基板には2GBのDDR3 RAM、64MBのQSPIフラッシュメモリと、マイクロSDカード・スロットを搭載。画像の入出力は、Ethernetによるカメラ接続や、HDMI出力を搭載し、PCIe等をサポートする拡張コネクタを用いれば、容易に拡張ボードを接続して、サラウンドビューシステムで必要な4つのカメラ接続やさらなるモニタ出力の追加もできます。

Buy NowBuy from RS

※ADASスタータキットにはACアダプターは含まれていません。

新製品「ADASスタータキット」を用いることで、ユーザならびにパートナ企業は、実績あるルネサスの車載情報機器向けSoCを活用して手軽にADAS向けシステムの開発を開始することができます。

キット構成

キット構成

製品仕様

ClassFunctionOn-boardOn COM Express
connector
SOCR-Car H2  
CPUArm®Cortex®-A15 Quad
L1 Instruction cache: 32 KB
L1 Operand cache: 32 KB
L2 Cache: 2 MB
1.4 GHz quad core, with NEON-
Arm®Cortex®-A7 Quad
L1 Instruction cache: 32 KB
L1 Operand cache: 32 KB
L2 Cache: 512 kB
780 MHz quad core, with NEON-
MemoryInternal RAM72kB + 4kB (+ 256kB option)-
DDR3-16002 GBytes (256 M x 32 bit x 2 channels, 4pcs MT41J256M16)-
QSPI Flash64 MBytes (512 Mbit, S25FL512S)alternatively to on-board QSPI memory
microSD-CardmicroSD-Card slotadditional SD host interface available
GraphicsPowerVR Series 6 G6400 (3D)
Renesas graphics processor(2D)
  
VideoVideo codec module (H.264、MPEG-4、VC-1)
IP conversion module
JPEG accelerator
Video image processing (color conversion, image expansion, reduction, filter processing)
Distortion compensation module (image renderer) × 4 ch
High performance Real-time Image recognition processor (IMP-X4) (device option)
  
Video outHDMIHDMI connector (type A, 19 pins)HDMI alternatively to on-board connector
RGB-RGB888
LVDS-2 channels (each 4+1CLK differential pairs)
Video inParallelConnector for camera module (34 pin header) (channel 1)4 channels (channel 1&2: 12 bit, channel 3&4: 8 bit), RGB/YCbCr
InterfaceEthernet 10/100 MbitRJ45 connectoralternatively to on-board connector: RMII interface
Ethernet AVB (Gbit)-RGMII (only supports Gbit)
USBUSB 2.0 host, USB-A connector, (function possible via adapter)2 additional channels USB 2.0
all PHYs integrated
PCIe-PCIe x1 rev 2.0 (shared with SATA), PHY integrated
SATA-2 channels rev 3.1, Gen2 (3 Gbps) (shared with PCIe and USB 3.0), PHY integrated
Serial communication interface
with FIFO (SCIFA)
1 channel available via USB-to-UART converter at a USB Mini-B connector3 channels RXD/TXD/SCK
(1st channel alternatively to on-board USB-to-UART converter)
High-speed serial communication
interface with FIFO (HSCIF)
-1 channel (HRX/HTX/HSCK)
Clock-synchronized serial interface
with FIFO (MSIOF)
-2 channels (IIS/SPI, master/slave, 6 signals each)
CAN-2 channels RX/TX, rev 2.0B, 1Mbps
I2C / IICused to control power management, HDMI and optional an external camera4 channels, 400kHz, master/slave (2 channels 3.3V, 2 channels 1.8V)
TimerPWM-5 channels
HMILEDs / DIPSW4 LEDs and 8 DIP-switches at GPIO pins-
GPIOs -up to 120 GPIOs, depending on functions used (can be used as interrupt source)
Reset Button and power-oninput and output
Boot QSPI or debuggerQSPI
DebugJTAG20-pin MiPi connector (1.27mm pitch)-
Trace--
Low power modeDynamic Power Shutdown(CPU core, 3D, IMP)
AVS and DVFS function
DDR-SDRAM power supply backup mode
  
PowerSupply12V / max 2.5A inputoptionally supplied
V_IO-generally 3.3V, apart from dedicated interfaces as PCIe, USB, SATA, LVDS, HDMI
  • Open CV: Open Source Computer Vision Library
  • Arm、CortexはArm Limitedの登録商標または商標です。
  • PowerVRはImagination Technologies Limitedの登録商標または商標です。
  • CAN(Controller Area Network):独Robert Bosch GmbHが提唱している車載用のネットワーク仕様です。
  • Linuxは、Linus Torvalds氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。

その他本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。

 

Contact