概要

ルネサス統合開発環境High-performance Embedded Workshopは、Tcl/Tk Version 8.4.4をサポートしています。Tcl/Tkは、スクリプト言語のクラスメンバ”Tcl”(Tool Command Language)とグラフィカルユーザインタフェースをプログラミングするための”Tk”(Tool Kit)で構成されています。Tcl/Tkを使用し、High-performance Embedded Workshopで提供している機能やGUI以外に、使用環境に合わせたGUIを作成し開発環境を拡張することができます。

Learn More

ドキュメント

 

設計・開発

サンプルコード

タイトル Type Date
ZIP17 KBEnglish
サンプルコード
ZIP9 KBEnglish
IDE: HEW
サンプルコード
ZIP14 KBEnglish
サンプルコード
 

追加詳細

機能

High-performance Embedded Workshopは、Tcl/TkのプログラミングをサポートするConsoleウィンドウとGUIウィンドウを提供しています。

画像
Tcl/Tk 起動画面

Tcl/Tk 起動画面

使用方法とコマンド一覧

High-performance Embedded WorkshopのConsoleウィンドウは、Tcl/Tkのプログラミングをインタプリタ形式とスクリプトファイルのロード形式で使用することができます。

インタプリタ形式
Consoleウィンドウに直接Tcl/Tkのコマンドを入力して実行。
スクリプトファイルのロード形式
Tcl/Tkのスクリプトファイルを作成し、Consoleウィンドウでロードして実行。

Tcl/Tkのコマンドを使用してプログラミングする際、High-performance Embedded Workshopの環境でサポートしている各種コマンドを使用できます。Tcl/Tkと各種コマンドを組み合わせて使用することでHigh- performance Embedded Workshop環境を制御するGUIを作成できます。

[Tcl/Tkで使用可能なHigh-performance Embedded Workshop コマンド例]

  • 実行関連
  • ダウンロード関連
  • レジスタ操作関連
  • メモリ操作関連
  • アセンブル/逆アセンブル関連
  • ブレーク設定関連
  • トレース関連
  • カバレッジ関連
  • パフォーマンス測定関連
  • スクリプト/ログファイル関連
  • マップ関連
  • シミュレーションの設定関連
  • 標準入出力およびファイル入出力関連
  • ユーティリティー関連
  • プロジェクト、ワークスペース関連

使用可能な各種コマンドは、使用されているシミュレータ・エミュレータのターゲットにより異なります。また、使用方法の詳細は、 Tcl/Tkアプリケーションノートをご参照ください。

基本サンプルプログラム

Tcl/Tkの基本的なサンプルプログラムを提供します。 基本的なプログラミング方法のご理解にご活用ください。

Tclサンプルプログラム
Tclの基本的なコマンドを使用したサンプルプログラムです。Tclサンプルプログラムのダウンロード
Tkサンプルプログラム
Tkの基本的なコマンドを使用したサンプルプログラムです。Tkサンプルプログラムのダウンロード
画像
Tkサンプルプログラム例

Tkサンプルプログラム例

制御サンプルプログラム

High-performance Embedded Workshopを制御するTcl/Tkのサンプルプログラムを提供します。Tcl/TkでGUIを作成しHigh-performance Embedded Workshopを制御します。

画像
制御サンプルプログラムイメージ

制御サンプルプログラムイメージ