概要

Description

32bitマイコン RXファミリのフラッグシップ RX72Nを搭載し、LCDを使ったGUI作成に加えて、音声入出力などのHMI開発や、Wi-Fi/BLEやEthernetなどを使ったIoT機器の開発がこれ1台に集約。

プリインストールデモやエミュレータ回路の搭載により、すぐに体感、すぐに開発が可能。

デモファームウェア

プリインストールのFWアップデート機能は、microSDカードに本ファームを書き込むことでアップデートが可能です。また、Githubにて最新版のFWやソースコードを公開しております。

特長

  • 32bit マイコン RX72N (最大動作周波数 240 MHz, コードフラッシュメモリ: 4MB, 内蔵RAM: 1MB)を搭載
  • 静電容量タッチパネル付きWQVGA液晶を搭載し、LCDコントローラや2D描画エンジンを使ったGUI開発が可能
  • オーディオIC D2Audio 、ステレオMEMSマイク搭載で音声入出力に対応
  • Wi-Fi/BLE, Ethernetなどの通信に対応
  • Macronix製 32Mbitシリアルフラッシュを搭載、USB, microSDスロットによる拡張ストレージにも対応
  • 照度センサ、レギュレータ、クロックジェネレータ、ホットスワップ電源マネジメントIC、液晶バックライトドライバーなど、ルネサスが提供するアナログパーツを多数搭載
  • オンボードE2 Liteエミュレータ搭載
  • プリインストールデモのソース、及び回路図、BOMなどを本Web上に公開
  • RX72Nユーザは、Segger社より提供されるemWin GUIソフトウエアパッケージを無償でご利用いただけます。(詳細はこちら
  • 無料のEclipseベースの開発環境をダウンロードできます(ダウンロードはこちら
  • RX72Nの機能を使った2種類のデモソフトウェアをプリインストール
  • Standard demo: 
    Eyecatcherとしてスポーツゲームデモを搭載、無償提供されるGUIツール “emWin” とRX72NのLCD表示機能を体感
  • Benchmark demo: 
    FWアップデート機能を搭載し、最新のFWを書き込むことで、ストレージや暗号スループット、AWS連携などの機能を追加可能

アプリケーション

ドキュメント

タイトル 分類 降順で並び替え 日付
PDF2.42 MBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF2.97 MB
アプリケーションノート
PDF1.61 MBEnglish
アプリケーションノート
PDF2.99 MBEnglish
アプリケーションノート
PDF901 KBEnglish
関連ファイル:
アプリケーションノート
PDF6.90 MBEnglish
関連ファイル:
アプリケーションノート
PDF2.65 MBEnglish
アプリケーションノート
PDF911 KBEnglish
パンフレット
PDF346 KBEnglish
パンフレット
PDF290 KB
マニュアル-開発ツール
PDF374 KB
マニュアル-開発ツール
PDF2.31 MB
マニュアル-開発ツール
PDF1012 KB
マニュアル-ソフトウェア
PDF743 KB
クイックスタートガイド
PDF267 KBEnglish
ツールニュース-注意事項

設計・開発

ソフトウェア/ツール

ソフトウェアダウンロード

タイトル 分類 降順で並び替え 日付
0 KB
ソフトウェア/ツール-ソフトウェア
ZIP2 KB
Board Description File

サンプルコード

ビデオ&トレーニング

RX72N Envision Kit クイックスタートガイド-FreeRTOSを使ってAWS上でセンサデータの可視化を行う

このビデオでは、RX72N Envision Kitを使用してAWSクラウド上でセンサー情報を可視化する手順の概要を説明します。

関連リソース

00:09 オープニング
00:36 アプリケーションノート
00:49 デモ
01:26 動作環境の準備
02:03 ハードウェアの準備
02:44 AWSの準備
02:59 ソフトウェアの準備
03:48 Amazon OpenSearch Serviceの準備

画像
Lab on the Cloud

Lab on the Cloud

ルネサスのLab on the Cloud は、ルネサスの定評ある評価ボード、ウィニング・コンビネーション、ソフトウェアといったソリューションを、ユーザがオンラインでアクセスしてテストできるリモート開発環境です。

ハイエンド32ビットMCU RXファミリを搭載したHMIソリューションボード

本リファレンスデザインは、音声コマンドによる操作、音声再生、WQVGA(480x272)のGUI表示をRTOS上で同時に行うことが可能です。