画像
Michael Joehren Headshot
Michael Joehren
ソリューションアーキテクト

私たちは2018年の終わりに、私たちのほとんどにとってしばらくの間、直接参加できる最後の大展示会になるとは知らずに、CES 2019向けのデモについて考え始めていました。 その年の初め、カリフォルニア州バークレーに本社があるプリンテッドバッテリメーカーに紹介されました。 彼らのシグネチャー製品は、クレジットカードのサイズで、高さ1㎜未満、フレキシブルな、使い捨てのバッテリです。

私たちのアイデアの一つは、小型で薄型、低コストのBluetooth® Low Energy(LE)ラベル、ビーコン、ファインダビリティ、ロガーを作成することでした。 同僚の一人がBluetooth Low Energy SoC DA14531をベースにした2つの可動プロトタイプを即座に構築し、それをCES 2019に展示し、とてもポジティブな反応を受けました。 これら2つのラベルが、距離を推定し個々のラベルを特定するために、RF信号強度を決定するゲートウェイに接続されていることを実証しました。 この最初のデモには、センサのような追加の機能は何も含まれていませんでした。

お客様の前向きなフィードバックは、私たちをやる気にさせ、  Bluetooth LE接続ラベルを使って他に何ができるか、新世代のラベル概要を描き始めました。 ある一定以上のサンプルが必要だということを頭に入れ、私たちは小型のフレックスフォイルPCBを設計するためにサードパーティの製造会社を雇い、Bluetooth LE DA14531 SoC、8-Mbitフラッシュ、数個のセンサ(湿度と温度、環境光、3軸加速度計)を統合し、前述のプリンテッドバッテリに容易に接続できるようにしました。

このプルーフオブコンセプト(PoC)は、現在利用可能で、次のようなさまざまな状況でお使いいただけます。

  • 環境にやさしく、バッテリ駆動、標準のRF無線搭載のラベル/タグを使用して、食品・医薬品、その他デリケートな品目などのデータロギングとレポーティング
  • 中規模倉庫で、あるいはスマートフォンやタブレットのみを使用するパレット上で、何千ものアイテムをスキャンするなどの在庫管理
  • 改ざん検出:露光記録、コンタクト、加速度など

ルネサスによるDialog社の買収は、Dialog Bluetooth LE、超低消費電力のWi-Fi およびフラッシュメモリのソリューションを、ルネサスのセンサや、LTE CAT-M1またはULP MCUなどの追加無線デバイスで補完するユニークな機会を提供し、当社のソリューションを広く産業市場や消費者市場に広げていきます。 当社の新PoCは、ルネサスHS3001湿度・温度センサ、DA14531 Bluetooth LE、AT25XE081D 8-Mbit 超低リークSPI フラッシュメモリから成ります。 加えて、MC3635 3軸加速度計と低電圧の環境光センサがこ、のシステムを補完します(図1)。

画像
Smart Asset Tracking Label

このソリューションと比較して、既存のデータロギングラベルまたはタグは、他社の無線に電力を供給するにはバッテリが小さすぎるので通信にNFCを使用するか、あるいはBluetooth LEかWi-Fiのようなユビキタスのアクティブ無線があれば、大型バッテリを使用して、長期間にわたって繰り返し使用できるように作られており、再利用やリサイクルには独自のロジスティクスが必要です。 全く対照的に、当社のBluetooth LE搭載のソリューションは、温度や他の環境データを記録するだけでなく、ユーザがリアルタイムでこのデータを読み取り、商品が損傷したり紛失する前に対応することが可能です。 このPoCは、無線通信にBluetooth LEを使用しているため、これらオプションを利用するために必要なのは標準の携帯電話かタブレットで、特別なトランシーバや特別なインフラストラクチャは不要です。 さらにImprint Energy社のプリンテッドバッテリは、環境に有害な部品が含まれていないため、通常の家庭ごみとして処分することができます。

興味深いことに、バッテリのサプライヤやサードパーティの製造会社との協働によるこの新しいデモの特定やデザインのプロセスを通して、最初のサンプルが物理的に利用可能になるずっと以前に、すでに複数の潜在顧客と本ソリューションを進める機会がありました。 当社はすでに複数のソフトウェア実装とハードウェアラベルを提供しており、シンプルなビーコン機能やデータロギングから、スマート在庫ハブ機能を汎用Linux-OSベースのハブと組み合わせて使用するなど、さまざまなお客様の要件にお応えしております。 さらに、ルネサスは多様なアプリケーションに合わせて複数のお客様に対応しており、シンプルなボタン電池で数年のバッテリ寿命を実現するeインクディスプレイの電子棚ラベルや、一次電池と充電式電池を搭載したBluetooth LEベースの「ファインダビリティ」などこの分野におけるさまざまなソリューションを提供しています。

このPoCは、お客様固有のプロジェクトなど高レベルの開発プラットフォームとして設計されています。 ただし、お客様の要件によっては、その他のバッテリ、センサ、メモリなどが、実際の製品開発に影響する場合があります。 必要なエンジニアリングリソースを利用できないお客様は、すでに設計作業などを行ったサードパーティや、当社が協働した製造会社を活用されるのも良いでしょう。

Dialog半導体BLEスマートラベルデモ」紹介ビデオ(5分)をご覧ください。

この記事をシェアする

コメントを投稿するにはログインまたは登録をしてください

この記事をシェアする