1. Home
    2. プレスセンター
    3. 2017

関連リンク

現在の株価
投資家の皆様へ

RZ/G Linuxプラットフォームが、10年超の長期サポートを実現するCIPカーネルに対応

~新たな動作検証済みソフトウェアパッケージとともに、全世界へ提供開始~

2017年10月16日

  • ルネサス エレクトロニクス株式会社

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO:呉 文精、以下ルネサス)は、このたび、「RZ/G Linux プラットフォーム」をバージョンアップし、同プラットフォームが産業グレードのオープンソースソフトウェア(OSS)基盤を提供するCivil Infrastructure Platform(CIP)プロジェクトの成果となるCIP SLTS(Super Long Term Support) Linuxカーネルに新たに対応したことを発表します。

 従来、Long-Term Support (LTS) Linuxのメンテナンスは約2年でしたが、CIP SLTSカーネルに対応したことにより、組み込みLinuxの10年を超える長期サポートとメンテナンスを実現します。これにより、ユーザはLinuxのメンテナンスに費やすコストを削減することができ、かつ信頼性の高い、リアルタイム性の向上した産業グレードのLinuxを製品に導入することができます。また、RZ/G Linuxプラットフォームは、日本で2016年10月から提供しておりましたが、このたび海外からもアクセス可能な英語版のルネサスマーケットプレイスを新たに開設し、全世界での提供を開始します。これらにより、ルネサスは「RZ/G Linux プラットフォーム」を、ハードウェア、ソフトウェア、開発環境を含む産業向け組み込みLinuxプラットフォームと位置づけ、世界標準を目指します。

 RZ/G Linux プラットフォームは、Arm®ベースのマイクロプロセッサ「RZ/Gシリーズ」と、開発ボード、動作検証済みのLinux パッケージ、さらに各種アドオンソフトウェアと、クラウド開発環境から構成されています。これらをマーケットプレイスから即時に入手可能のため、ユーザは産業機器にLinuxを導入する際の開発に関わる時間と初期コストを約40%削減することができます。またCIPカーネルの効果として、長期サポートを行う場合に年間数千万円単位でかかっていたメンテナンスコストを削減することができます。さらに今回のバージョンアップにより、ユーザはライフサイクルの長い産業機器にLinuxを採用することが容易になり、市場参入を加速することができます。

 

 Linux FoundationのChief Operations Officer、Mike Woster氏は次のように述べています。「ルネサスは2017年2月からプラチナメンバーとしてCIPプロジェクトに参画し、Linuxとオープンソースコミュニティの活動を積極的にサポートしています。その活動の成果となるSLTS CIPカーネルにRZ/G Linuxプラットフォームが対応し、全世界に提供を開始することで、長期メンテナンスと高い信頼性を必要とする産業機器向けにLinuxの普及が進むことを確信しています。」

 

 ルネサスは、次のイベントにRZ/G Linuxプラットフォームの各種ソリューションを出展します。

  • Arm® TechCon:米国、カリフォルニア州サンタクララ、2017年10月24日~26日開催
  • Embedded Linux Conference Europe:チェコ共和国、プラハ、2017年10月23日~25日開催
  • SPS IPC Drives:ドイツ、ニュルンベルク、2017年11月28日~30日開催
  • CIIF2017:中国、上海、2017年11月7日~11日開催
     

「RZ/G Linuxプラットフォーム」の主なバージョンアップ内容は以下の通りです。

 

(1)10年を超えるメンテナンスが可能なCIP SLTSカーネル対応の検証済みLinuxパッケージ

 RZ/G Linuxプラットフォームには、検証済みLinuxパッケージとしてCIP Linuxカーネル、BSP(Board Support Package)、マルチメディア機能(H.264コーデック、3Dグラフィックス)、GUIフレームワークなど、開発に必要なさまざまなソフトウェアコンポーネントが用意されています。今回、このCIP LinuxカーネルがCIP SLTSカーネルに対応したことにより、10年以上のメンテナンスが可能になりました。このLinuxパッケージは、すでにリファレンス環境で動作することを検証しており、ユーザは安定した動作環境からすぐに開発を開始することができます。

 また新たにセキュリティ機能を追加しました。これにより、ユーザ製品のデータを保護するとともに、将来のネットワーク仕様を含めてシステム拡張に対応します。BSPは現在、RZ/G1M用を提供中であり、今後、数か月の間に順次、他のRZ/G-PFシリーズ向けにも提供する予定です。

 

(2)マーケットプレイスの対応地域を拡大、全世界への提供を開始

 RZ/G Linuxプラットフォームは、ルネサスマーケットプレイスから提供されます。ユーザはさらに、パートナ各社から提供されるセキュリティツールや組み込みビジョンライブラリなど様々な付加価値を持ったソフトウェアをダウンロードすることができます。今回、海外からもアクセス可能な英語版のマーケットプレイスを開設し、全世界への提供を開始しました。

 日本版と同様、クラウド開発環境とルネサスマーケットプレイスは、マイクロソフトのクラウドプラットフォームであるMicrosoft® Azure® を基盤とし、クラウド開発環境の整備とシステムの構築はITインフラに実績のあるソフトバンク・テクノロジー株式会社とサイバートラスト株式会社と協業し、安心かつ信頼の高いシステムを提供します。

 

(3)使い勝手を向上させた開発ツール群

 RZ/G Linuxプラットフォームではクラウド開発環境として、e2 studioと連携してクラウドサーバ上でプログラムを開発できる「ビルドツール」、動作の「検証ツール」、エラーの「解析ツール」を提供しています。また、ハードウェア設計において、複数の機能が割り当てられた端子機能を正しく設定できているかをチェックするためのツールを新たに追加し、ユーザの使い勝手の向上を図りました。これらのツールはLinuxの開発に不慣れなユーザから熟練したLinux開発者まで、幅広いレベルのユーザに適した操作モードを搭載しています。これにより、組み込みLinuxを使用するあらゆるユーザは、開発効率を向上し、産業機器を早期に開発することが可能です。

 

 ルネサスは今後、全世界のパートナと連携してRZ/G Linuxプラットフォームをさらに強化し、機器開発を支援することにより、安心・安全な社会の実現に貢献してまいります。

以 上

 

  • *  

    ArmはArm Limitedの登録商標または商標です。

  • *  

    Microsoft、Azure は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標です。

  • *  

    Linux、リナックスはLinus Torvalds氏の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

  • *  

    本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。

Contact