1. Home
    2. プレスセンター
    3. 2017
現在の株価
投資家の皆様へ

半導体メーカとして初めて、Civil Infrastructure Platformプロジェクト参画で産業機器のスマート化を加速

~産業分野の求める10年を超える超長期サポートと、最新かつ安定したLinux Kernelの提供に貢献~

2017年02月16日

  • ルネサス エレクトロニクス株式会社

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO:呉 文精、以下ルネサス)は、このたび、Linuxオペレーティングシステム(以下OS)の普及をサポートする非営利団体Linux Foundationの協業プロジェクトとして2016年4月に発足した、社会インフラ向けに産業グレードのオープンソースソフトウェア(以下、OSS)(注1)基盤を提供するCivil Infrastructure Platform(以下CIP)プロジェクトへ参画しました。ルネサスは今後、このプロジェクトの成果となる産業グレードのLinuxを、RZ/Gシリーズをはじめとする産業用組み込みプラットフォームに展開していく予定です。

 

 Linux FoundationのChief Operations Officer のMike Woster氏は次のように述べています。「ルネサスはこれまでLinux Foundationのゴールドメンバーとして活動し、また車載システム向け協業プロジェクトであるAutomotive Grade Linux(AGL)にもプラチナメンバーとして参画するなど、Linux関連のオープンソース開発に貢献してきました。今回、CIPプロジェクトに参加することで、ルネサスは社会インフラや産業機器が直面する課題を解決し、また信頼性が高い社会インフラシステムを支えるOSSの開発に取り組むことにより、業界をリードする実績をもたらすことでしょう。」

 

 現在、産業分野に使用される機器は、IoTやIndustry4.0などの普及によりネットワーク機能の搭載や、動画・グラフィックス処理等のマルチメディア機能を搭載する動きが拡大しており、これらの機能を実現するソフトウェアが豊富にそろっているLinuxへの移行を検討するユーザが増加しています。

 しかし、産業分野の場合、機器の導入後、10年を超える長期間の運用となるため、信頼性が高く、セキュリティが強固で、長期サポートを提供できるOSS基盤が求められています。このニーズを満たすため、OSS基盤を提供するCIPプロジェクトが発足しました。このプロジェクトは、進化するスマート社会を支えるソリューションを提供する上で、非常に重要なプロジェクトです。そこに今回、半導体メーカであるルネサスが本プロジェクトに参加することで、ユーザは産業機器向け特有の信頼性やリアルタイム性を向上させるための追加の開発やメンテナンス作業等の負担を大幅に軽減できます。

 

 ルネサスは今後、CIPプロジェクトの活動を進め、産業用組み込み機器を支えるOSS基盤の実現を目指すとともに、プロジェクトの成果となる産業グレードのLinuxを、RZ/Gシリーズをはじめとする産業用組み込みプラットフォームに展開し、信頼性の高い産業機器の早期開発を支援していきます。

 

以 上

 

  • (注1) 

    ソースコードが無償で公開されており、「オープンソースライセンス」と総称される利用許諾契約に基づいて、使用や再配布が認められているソフトウェア。


  • *  

    本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。

Contact