電気自動車向けバッテリマネジメントソリューション

Renesas Automotive TechDays 2019

バッテリ管理IC「ISL78714」およびASIL-D準拠のMCU「RH850/P1M」を採用したリファレンスデザインを使用すると、開発期間を6ヶ月以上短縮できる可能性が見込めます。

関連ビデオ

1:57
「Renesas Automotive TechDays 2019」をのぞいてみて下さい。ルネサスの技術者と交流し、デジタル・アナログを問わず「使える」ソリューションに出会える、絶好のチャンスです。
2:25
ルネサスのデジタル・アナログデバイスとCETITEC製通信スタックをもって、素早いプロトタイピングを可能にするターンキープラットフォームがご覧になれます。
1:33
ルネサスMCUの高速フラッシュアーキテクチャにより、実コード実行中にOTAを用いたソフト更新が行えます。これにより、ソフトウェアのメンテナンス時間を短縮できます。
2:08
車載用に設計されたワイヤレス・パワー・トランスミッタを用いて、車内でモバイルデバイスを充電できます。ドライバーに安全で便利なソリューションです。
1:39
ルネサスのR-Car製品群はスケーラブルに最適化されているため、高いコストパフォーマンスで機能安全を実現できます。また、メータークラスターシステムとAndroidシステム間の独立稼働を保証します。
1:34
バッテリ管理IC「ISL78714」およびASIL-D準拠のMCU「RH850/P1M」を採用したリファレンスデザインを使用すると、開発期間を6ヶ月以上短縮できる可能性が見込めます。
1:52
ルネサスのタイミング・ソリューションは、使いやすい構成でシステム要件を満たす様子がご覧になれます。
1:38
ルネサスのセンサ信号コンディショナ(SSC)は、車載システムに向け高コストパフォーマンスかつ柔軟な設計が行えるソリューションです。
1:57
「Renesas Automotive TechDays 2019」をのぞいてみて下さい。ルネサスの技術者と交流し、デジタル・アナログを問わず「使える」ソリューションに出会える、絶好のチャンスです。
2:25
ルネサスのデジタル・アナログデバイスとCETITEC製通信スタックをもって、素早いプロトタイピングを可能にするターンキープラットフォームがご覧になれます。
1:33
ルネサスMCUの高速フラッシュアーキテクチャにより、実コード実行中にOTAを用いたソフト更新が行えます。これにより、ソフトウェアのメンテナンス時間を短縮できます。
2:08
車載用に設計されたワイヤレス・パワー・トランスミッタを用いて、車内でモバイルデバイスを充電できます。ドライバーに安全で便利なソリューションです。
1:39
ルネサスのR-Car製品群はスケーラブルに最適化されているため、高いコストパフォーマンスで機能安全を実現できます。また、メータークラスターシステムとAndroidシステム間の独立稼働を保証します。
1:34
バッテリ管理IC「ISL78714」およびASIL-D準拠のMCU「RH850/P1M」を採用したリファレンスデザインを使用すると、開発期間を6ヶ月以上短縮できる可能性が見込めます。
1:52
ルネサスのタイミング・ソリューションは、使いやすい構成でシステム要件を満たす様子がご覧になれます。
1:38
ルネサスのセンサ信号コンディショナ(SSC)は、車載システムに向け高コストパフォーマンスかつ柔軟な設計が行えるソリューションです。
1:57
「Renesas Automotive TechDays 2019」をのぞいてみて下さい。ルネサスの技術者と交流し、デジタル・アナログを問わず「使える」ソリューションに出会える、絶好のチャンスです。
2:25
ルネサスのデジタル・アナログデバイスとCETITEC製通信スタックをもって、素早いプロトタイピングを可能にするターンキープラットフォームがご覧になれます。
1:33
ルネサスMCUの高速フラッシュアーキテクチャにより、実コード実行中にOTAを用いたソフト更新が行えます。これにより、ソフトウェアのメンテナンス時間を短縮できます。
2:08
車載用に設計されたワイヤレス・パワー・トランスミッタを用いて、車内でモバイルデバイスを充電できます。ドライバーに安全で便利なソリューションです。
1:39
ルネサスのR-Car製品群はスケーラブルに最適化されているため、高いコストパフォーマンスで機能安全を実現できます。また、メータークラスターシステムとAndroidシステム間の独立稼働を保証します。
1:34
バッテリ管理IC「ISL78714」およびASIL-D準拠のMCU「RH850/P1M」を採用したリファレンスデザインを使用すると、開発期間を6ヶ月以上短縮できる可能性が見込めます。
1:52
ルネサスのタイミング・ソリューションは、使いやすい構成でシステム要件を満たす様子がご覧になれます。
1:38
ルネサスのセンサ信号コンディショナ(SSC)は、車載システムに向け高コストパフォーマンスかつ柔軟な設計が行えるソリューションです。


ビデオシナリオ

こんにちは、ナイル・ラインです。本日は最新のバッテリマネジメントについてお話しします。

現代の電気自動車には、2つの重要なパラメータがあります。バッテリ自体の健康状態と、残り放電時間を示す充電状態です。車の健康状態は、車載バッテリの寿命と、バッテリ内の各セルを測定するデバイスの精度や、デバイスの長期的なドリフトに関するパラメータを通して見ることができます。ルネサスのデバイスはこれらをサポートいたします。

このデモでは、2019年にリリースしたBMSデバイスである「ISL78714」をハイライトしています。 最大70個のセルを測定できるデバイスを5つ使用し、ASIL-D規格に準拠したルネサスMCU「RH850」も導入しています。

このデモは、お客様がご開発のアプリケーション上で、すぐに使用できることを現しています。EMIやEMCなどの測定はもちろん、お手元のシステムで精度測定することもできます。ご購入後すぐに利用できるこのデモシステムを活用して、最大で6~8ヶ月の開発期間の短縮も実現可能です。