概要

Description

HW-RTOSはリアルタイムOSをハードウェア化したものです。従来のソフトウェアによるRTOSと比較して、オーバヘッドが少なく高いリアルタイム性能を実現します。セマフォ、イベントフラグなど標準的なシステムコールを約30種類サポートしており、高速でバラつきの少ない実行時間や割り込み応答が可能です。このため、最悪実行時間を規定できるようになり、リアルタイムシステムの設計が容易となります。

リアルタイム組み込みシステムにおける課題

画像
HW-RTOSのメリット

チュートリアル

HW-RTOSの詳細な情報を紹介しております。

  1. HW-RTOSの概要
  2. HW-RTOSの機能と性能
  3. 次世代HW-RTOS

従来のソフトウェアによるリアルタイムOSについて紹介します。

  1. なぜRTOSが必要なのか
  2. タスク
  3. ハンドラ
  4. RTOSの構造と性能
  5. マルチコアとRTOS

特長

  • 高速なシステムコール実行
  • 高速な割込み応答性能
  • RTOSオーバヘッド削減
  • 世界一のRTOS性能
  • Tickオフローディング
  • HW ISR (ハードウェアISR)
  • 少ないフットプリント

ドキュメント

 

追加詳細

HW-RTOSを実装する製品

製品 概要
RZ/N1D Cortex®-A7(Dual) + Cortex®-M3 4p GbE Switch +1 MAC EtherCAT Slave Controller Sercos
RZ/N1S Cortex®-A7 + Cortex®-M3 4p GbE Switch +1 MAC EtherCAT Slave Controller Sercos
RZ/N1L Cortex®-M3 4p GbE Switch +1 MAC EtherCAT Slave Controller Sercos
RZ/T1 Cortex®-R4 Processor with FPU + Cortex®-M3 2p Ether Switch + 1 MAC EtherCAT Slave Controller* (*Option)
R-IN32M3-EC Cortex®-M3 2p Ether Switch On chip PHY EtherCAT Slave Controller
R-IN32M3-CL Cortex®-M3 2p GbE Switch CC-Link IE Field Controller
R-IN32M3-CL2 Cortex®-M4 Processor with FPU 2p GbE Switch On chip GbE PHY CC-Link IE Field Controller