概要

PDSDK COMキットは、M3T-PDxx/M3T-PDxxSIMの機能を拡張するためのキットです。 このキットを利用して、M3T-PDxx/M3T-PDxxSIM用のカスタマイズウィンドウを作成したり、他のアプリケーションと連携することができます。 PDSDK COMキットに対応したM3T-PDxx/M3T-PDxxSIMは、COM*という外部のアプリケーションから呼び出しできるインタフェースを追加しています。このインタフェースを通して、M3T-PDxx/M3T-PDxxSIMの機能を呼び出します。

注:Microsoft社が提唱するOSやアプリケーションを連携するための規格、Component Object Modelの略。

 

公開している機能

ターゲットプログラムの実行制御、メモリ・レジスタ内容の設定や参照、S/Wブレークポイント設定などのメソッドを公開しています。 詳細は リファレンスマニュアルのメソッド一覧を参照してください。

   

利用する開発ツール

カスタマイズウィンドウの作成や他のアプリケーションとの連携には、 Microsoft Visual BasicやMicrosoft Visual C++などの市販のWindowsアプリケーション開発ツールを利用します。 市販のWindowsアプリケーション開発ツールを利用すると以下のような利点があります。

  • 豊富なGUI部品を標準で備えています。 このGUI部品をユーザーシステムのシミュレート部品として使用することが可能です。 フリーウェアやシェアウェアのコントロール部品(ActiveXコントロール)の利用も可能です。 ActiveXコントロールは、Visual Basic やVisual C++などで独自に作成することも可能です。

  • 参考書籍が多数販売されています。アプリケーション作成のための情報も入手しやすくなっています。

  • COMインタフェースを持ったアプリケーションと連携することができます。
    表計算ソフトMicrosoft (R)Excel(以下、Excel) などがCOMインタフェースを持っており、RAMモニタの結果をExcelに送り、その結果をグラフ化するといった従来のM3T-PDxxでは実現できなかったことが実現できます。

    

対応デバッガ

PDSDK COMキットは、以下のデバッガ製品に対応しています。

デバッガの種類 製品名 対応バージョン
エミュレータデバッガ M3T-PD32RM V.1.00以降
M3T-PD32R V.3.00以降
M3T-PD308F V.1.00以降
M3T-PD308 V.3.00以降
M3T-PD30F V.1.00以降
M3T-PD30 V.6.00以降
M3T-PD79 V.4.00以降
M3T-PD77 V.4.00以降
M3T-PD38 V.5.00以降
シミュレータデバッガ M3T-PD32RSIM V.2.00以降
M3T-PD308SIM V.3.00以降
M3T-PD30SIM V.5.00以降

※High-performance Embedded WorkshopのM16C/60, M16C/30, M16C/20, M16C/10, M16C/Tiny およびR8C/Tinyシリーズ用デバッガパッケージには対応していません。 同デバッガパッケージと組み合わせて使用できるCOM拡張機能としてTargetServerをご用意しています。詳細は こちら

  

入手方法

ターゲットデバイス

開発ツール サポート情報

タイトル 概要
My Renesas MY RENESASに登録いただくと、各種ドキュメントの改訂情報、ツール製品などのダウンロードサービスやメールニュースなどの各種サービスをご利用いただけるようになります。
セミナー マイコン学習のための情報が掲載されています。
FAQ よくあるお問合せ、開発のヒントが掲載されています。
フォーラム ルネサスの総合コミュニティサイトです。
ツールニュース ツールのリリース情報、注意事項などが掲載されています。
動作環境 ツール製品の最新バージョンの動作環境をご案内しています。
旧製品/保守製品 すでに新規供給を終了しているルネサス開発環境製品の一覧が掲載されています。