画像
Ron Koh
Ron Koh
RX Marketing Leader

新年あけましておめでとうございます。

昨年、ルネサスのRX マイコンは非常に大きな節目を迎えました。RXの発売開始から10年を超えた2021年、生産面での問題に直面したわけですが、それはその年の早い時期に起きた地震、そして生産設備に深刻なダメージを与えた那珂工場の火災によるものでした。2021年第3四半期にはダメージからの復帰を果たしたものの、今度は世界的な半導体供給不足に直面することになりました。しかしこの間も変わらず私たちを支えてくださったお客様、パートナー、そしてサプライヤーの皆様のおかげで、2021年末には累計出荷台数10億台に到達しました。

将来を見据え、生産面への投資をさらに増強し、Dual Fab化の推進をはかり、世界的な半導体不足という状況の中でより柔軟な生産対応をとれるようにしてまいります。これらの施策により2022年以降、顧客の皆様の需要にお応えできるよう努めていきます。

RXファミリは民生用アプリケーションと産業用アプリケーションの両方で大きな成功を達成してきました。RXが使われている分野の内訳は、産業用アプリケーションが50%、民生用アプリケーションが30%となっています。これからの数年間も引き続きこの領域に優先的に注力し、また同時にこの2つの領域におけるIoT関連アプリケーションにも注力していきます。

製品面においては2022年上期に、RX66TRX671RX140のような新しいMCUで、さらに多種多様なパッケージやメモリを展開していきます。2022年下期には、フラッグシップモデルRX600シリーズでさらに新製品のリリースを計画しています。民生用/産業用アプリケーションに特化したミドルクラスの新製品が登場することになるでしょう。2022年以降に計画中・開発中の新製品も数多くあり、モータ制御産業ネットワークセンシングクラウドコネクティビティIoTセキュリティ等のアプリケーションに向け、さらなるプロセスの強化と新機能追加を図っていきます。

2022年はさらに、IoT・クラウドアプリケーションに向けた、AWSにもAzure Cloudにもすぐに接続可能な二つの新しいワイヤレスクラウドソリューションをご紹介する計画です。また、HMI分野においてもさらに多くのマイクロコントローラを投入し、GUI表示ソリューションを簡単に、より低コストで構築できるようになります。さらに先を見ますと、私たちが優先的に注力するのは、スマートIoT・クラウドコネクティビティソリューションとセキュリティソリューションです。これらは次のスマートIoTアプリケーションに対し、より高度なセキュリティと簡単な接続を提供します。

私たちはルネサス RX パートナーエコシステムを立ち上げており、RXファミリMCU向けのすぐに役立つソフトウェアとハードウェアをエコシステムパートナーからご提供していきます。ルネサスRXエコシステムはセキュリティ、機能安全、コネクティビティ、HMIなどのコア・テクノロジーを含むIoTアプリケーションのお客様の開発を加速します。皆様がパートナーやソリューションを選択する際に多彩な選択肢から適切なものを選べるように、さらに多くのソリューションと戦略パートナーを継続して増やしていきます。
    
今後のルネサスRXファミリにさらにご期待ください。ルネサスはデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するとともに、Webサイトを改良し、ユーザエクスペリエンス(UX)を高め、新たな一面と体験を提供し続けていきます。ウェビナー、動画、そしてRX MCUを使った開発においてより簡単で使いやすい開発環境を今後もアップデートしていきます。同時に、さらに多くのパッケージやメモリラインナップでPLP (Product Longevity Program)を適用して長期的な拡張性をお約束し、とりわけこの供給不足の中でRX MCUを採用していただく皆様にご安心いただけるよう努めます。

またルネサス RX ブログでも毎週テーマに沿った最新情報をお届けしています。他にもソーシャルメディアを通じて、RX MCUに関する最新情報や更新情報、ソリューション、開発環境、ツール、インフラをご紹介していきます。ぜひブログやSNSで最新情報を入手してください。

最後になりましたが、この世界的なコロナ禍においても皆様どうぞご安全に、そして健やかにお過ごしください。2022年がより安全でより良い年になりますように!

この記事をシェアする

Log in or register to post comments

この記事をシェアする