~開発期間の短縮と開発コストを低減し、フレキシブルなセルバランス制御が可能~

2021年11月11日

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO: 柴田 英利、以下ルネサス)は、このたび、電動スクータ、蓄電、高電圧パワーツールなどに搭載される大型で高電圧のバッテリパック用バッテリマネジメントシステム(BMS)に向けて、マルチセル対応バッテリフロントエンド(BFE)IC「RAA48920x」を発売、量産を開始しました。新製品は、最大200 mA+の高速でフレキシブルな外部セルバランス制御をサポートしています。ホットプラグ時の最大許容電圧は62Vで、大容量バッテリパックの高速充電と、高効率な電池管理を実現します。

 ルネサスのモビリティーインフラ・IoTパワー事業部、事業部長のAndrew Cowellは、次のように述べています。「BMSはバッテリパックの『頭脳』のような働きをするものです。データセンタでのUPSなどBMSの利用拡大に伴い、より高電圧で大容量のバッテリパックに対応可能な高性能ICへの需要が急激に増加しています。BFEはBMSに不可欠なものであり、当社では性能と柔軟性を備えた高集積の新ICとして、RAA489206とRAA489204を開発しました。これにより、ユーザはモビリティ、UPSバックアップ、蓄電などの成長市場向けの堅牢でコスト効率の高いバッテリシステムの構築やその設計プロセスの簡素化を、これまで以上に容易に行うことができます。」

 RAA489206は多セルで厳しい温度環境での利用が想定されるモビリティ用途向けに設計されており、4~16セルのバッテリパックに対して、ハイサイドバッテリ保護と監視を行います。RAA489204は、従来の製品と比較してデバイス間通信の高速化によるデイジーチェーン動作の向上と、診断機能の強化に加えて、UPSシステムやグリッドバックアップ、その他の蓄電システムで要求される高電圧・多セル条件下でのセルバランスに対応しています。

 高集積の新製品により、設計サイクルが簡素化し、ユーザのシステムBOMコストの削減が可能です。従来数か月単位でかかっていた設計とBOMの選定時間を数週間にまで短縮可能です。また、広範な自己診断機能を搭載しているため、安全性能の向上、ファームウェアの負荷軽減、安全基準を満たすための設計負担が軽減されます。ルネサスの従来のBFEデバイスとはピン互換性があるため、設計サイクルをさらに簡素化でき、ユーザは新製品に短時間でシームレスに移行できます。

RAA489206の主な特長

  • 4~16セルに対応
  • 内部(10mA)および外部(200mA)のセルバランス制御をサポート
  • 動作電圧範囲:12V~55V、電圧測定精度+/- 10mV
  • 最大20cm2の基板面積を削減可能
  • ローサイド電流検出測定
  • ハイサイド充電/放電FETバッテリ保護

RAA489204の主な特長

  • 動作電圧範囲:10V~65V、セル電圧測定精度+/- 10mV、パック電圧測定精度+/-190mV
  • 6~14セルに対応。112セルシステムにおいて、すべての電圧、温度、診断を10ms(ミリ秒)以内に測定しリードバック可能
  • 内部および外部FETによるセルバランス制御をサポート
  • 最大6個の外部サーミスタ入力対応
  • 堅牢で低電力(通信時間が10%アクティブの場合に通常1mA)のデイジーチェーン通信
  • ICは最大30個までスタック可能

ウィニング・コンビネーションについて

 ルネサスは、ユーザの設計を加速させ、より早く市場に投入できるよう、ルネサス製品のポートフォリオを組み合わせたソリューション「ウィニング・コンビネーション」を開発し提案しています。新製品を用いたウィニング・コンビネーションとして、BMS向けに新たに「20~28セルのバッテリマネジメントシステム(最大118V)」を用意しました。この他にも、様々なアプリケーション向けに250種類以上のウィニング・コンビネーションをこちらからご覧いただけます。renesas.com/win

新製品RAA489206とRAA489204の詳細はこちらをご覧ください。
renesas.com/bfe

以 上

*本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。

この記事をシェアする

この記事をシェアする