概要

Description

ガソリンエンジンシステムを構築する際に、ルネサスMCUをセンサ信号コンディショナ(SSC)組み合わせることで、製品化までの時間を短縮し、提供するシステムサポートモデルによってデバッグサイクルを短縮できるソリューションを実現いたします。

ECUは、クルマの低燃費を実現するためにリアルタイム制御を行う必要があります。近年では、車両停止時に自動的にエンジンを切る機構や、減速時の機械エネルギーを再利用できるシステムなどを扱うために、新しい制御機能が追加されています。低燃費実現におけるその他の取り組みとしては、可変排気弁機構と大量排気ガス再循環(EGR)システムを常時稼働させ、ポンピングロスを低減することなどが挙げられます。

ルネサスはこうした複雑な制御要件に対応するソリューションとして、高性能なCPUで構築されたSoCを低消費電力なエンジンECUシステムに供給すると共に、対応するアナログデバイスやパワーデバイスを幅広くラインアップしています。ルネサスのセンサ信号コンディショナ(SSC)、よびMCUを組み合わせることで、最終製品の市場投入までの時間を短縮し、かつデバッグサイクルを短縮するシステムサポートモデルを提供できる、ソリューションを入手いただけます。

インジェクタがシリンダ内に噴射する燃料を、高圧燃料ポンプが直接加圧する直噴システムは、多点噴射(MPI)システムよりも射出タイミングと射出量の自由度が増します。これにより燃費改善が期待できます。

特長

  • 機能安全を定義するISO26262リクエストをサポート 車載用EMC試験、信頼性
  • システム全体のコストを最小限に抑える 
  • 1パスでより正確なSSCのキャリブレーションが可能
  • 効率的なOWI (One-Wire Interface)通信により生産ラインでの低コストなキャリブレーションを実現