SOTB™プロセス採用 世界トップクラスの次世代超低消費電力Arm® Cortex®-Mコア搭載 MCU

EEMBC ULPMark™ベンチマークで705 ULPMark-CP®の認証取得

REファミリはSOTB™プロセス技術を採用することにより、従来は不可能であった動作時とスタンバイ時両方での超低消費電流、低電圧時の高速動作(1.62V,64MHz)を可能にしました。RE01は超低消費電力MCUのエネルギー効率を比較するために標準化されたEEMBC ULPMark™ベンチマークにおいて705 ULPMark-CoreProfile(-CP)というWWトップクラスのスコアを達成しました。さらに、内蔵されたエナジーハーベスト制御回路は微弱な環境エネルギーのみで機器の動作を可能にします。

バッテリ寿命の大幅な延長、わずかな電流しか供給できない小型電池やエナジーハーベストにおいても高い性能を発揮することができます。ハイブリッドウォッチ、スマートホーム/ビルディング、ヘルスケア、スマート農業、構造物モニタリング、トラッカーなどのIoT機器に適しています。

ドキュメント

タイトル 分類 日付
PDF3.49 MB
カタログ
PDF554 KBEnglish
パンフレット
PDF344 KBEnglish
ガイド
その他資料
 

ビデオ&トレーニング

REソリューション 数値認識

AI による文字認識には大容量の ROM/RAM だけでなく、高速な演算性能が要求されています。さらに、水道・電気・ガスメーターの数値認識では低消費電力も必要になってきます。こうしたニーズを満足する RE01 1500KB はスマートメーターやファクトリーオートメーションで期待されている AI による文字認識に最適です。このデモでは、回転式アナログメーターを模した数字をカメラで撮影し、中間状態を含めて数値を認識します。

関連WEB