~次世代の大容量LTEスマートフォン、タブレット向けに、LTEの能力を最大限に発揮したシステムの短期開発に貢献~

2012年2月15日

ルネサス エレクトロニクス株式会社
ルネサス モバイル株式会社

 

ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長:赤尾 泰、以下 ルネサス エレクトロニクス)とその子会社、ルネサス モバイル株式会社(代表取締役社長:川崎 郁也、以下 ルネサス モバイル)は、このたび、高い性能と拡張性を備え、スマートフォンの価格帯が携帯機器のボリュームゾーンである150~300ドルを実現するためのソリューションとして、当社初のシングルチップLTEコミュニケーションプロセッサ(マルチモードLTEモデム+アプリケーションプロセッサ)を開発し、それを搭載したLTEトリプルモード・スマートフォン・プラットフォーム「MP5232」を製品化、提供を開始しました。

 シングルチップのLTEコミュニケーションプロセッサの量産は、2012年第3四半期より開始いたします。

 本「MP5232」は、当社第一弾のLTE対応プラットフォームで現在量産中の「MP5225」と高い互換性を有しており、下記の特長によりLTE/HSPA+対応のスマートフォン、タブレット、その他のモバイルインターネット機器向けにLTEの能力を最大限に発揮したシステムの開発と設計期間の短縮化に貢献します。

1) 「MP5232」は、これまで20億台以上の機器に採用実績のあるルネサス モバイル製モデムを搭載し、業界最高レベルのスループット(最大100Mbps<LTEカテゴリー3の場合>)、低消費電力、マルチモードのLTE (FDD およびTDD対応)カテゴリー4を実現。また、ルネサス モバイル製アプリケーションプロセッサ「R-Mobile APE5R」のデュアルコアCPUを引き継ぐと共に1.2GHz動作から1.5GHzに高速化し、クラス最高レベルのグラフィックス性能を可能にしたほか、先進のRFトランシーバ、パワーマネジメント、オーディオソリューションも備えた高実装性・高性能のプラットフォームです。

2) 本プラットフォームは、十分な検証と認証を経て提供するため、セットメーカは次世代の高機能LTE / HSPA+対応のスマートフォンを6~9ヶ月といった短期間で製品化することが可能になります。

 

 「市場には600ドル以上のLTE対応のスマートフォンも多数、投入され始めています。しかしながら、LTEをビジネスとして成り立たせるためには、業界全体でLTE対応機器をもっと浸透させなくてはなりません。」とルネサス モバイル株式会社最高技術責任者(CTO)兼販売・マーケティング部門担当の専務取締役であるジャン=マリー・ロランド(Jean-Marie Rolland)は述べています。「MP5232は、LTE対応スマートフォンのボリュームゾーン市場への進出を促進するために最適化した新しいカテゴリーのモバイルプラットフォームです。高い性能と実績のある技術を1チップで実現しており、セットメーカが大容量、高性能のLTEマルチモード対応製品を、機能においてもユーザーエクスペリエンスにおいても妥協することなく、多様な市場区分に対して、低リスクで迅速かつ効率的に開発するためのソリューションを提供します」

 「モバイル業界全体が4Gに移行するための技術としてLTEを選択し注力してくることは間違いありません。しかし、異なる複数の通信方式や周波数帯域に対応している既存の携帯機器には、既に多くの機能が搭載されており、これに新たにLTE対応機能を追加することは大きな課題になっています。」とインフォーマテレコムズ&メディア社の主席アナリストであるマリク・サーディー(Malik Saadi)氏は述べています。「セットメーカはグローバル市場で成功するために、価格、ユーザーエクスペリエンス、フォームファクタ、消費電力に妥協することなく、様々なネットワークや地域でもローミングが可能なLTEマルチバンド・マルチモード対応機器を提供することを強く望んでいます。」

 

(1) 「MP5232」の開発にあたっては、ルネサス モバイルがこれまで民生分野で培った豊富な専門技術を活かし、最新の28nm(ナノメートル=10億分の1メートル)プロセス技術と設計手法を用いています。この結果、現行の当社チップセットに比べて可能な限りコストを抑えつつ、非常に高いインテグレーションを実現する設計によって、よりスマートなプラットフォームを実現しています。さらに、独自のモデムアーキテクチャにより、消費電力を最小限まで低減しています。 また、拡張性と柔軟性も高く、セットメーカが既存のハードウェアとソフトウェアを最大限に利用しながら、様々な価格や分野に対応する機器を最短で開発することを可能にします。また、プラットフォームとして確立した技術により、機器の開発コスト、認証コスト、メンテナンスコストも低減できます。

(2) アプリケーションプロセッサについては、ルネサス モバイル製「R-Mobile APE5R」と同じデュアルCPUを搭載すると共に1.2GHz動作から1.5GHzに高速化し、マルチコアによる演算能力、業界最先端の画像処理能力で、最高のユーザーエクスペリエンスの提供を可能にします。さらに本プラットフォームは、マルチカメラ、マルチディスプレイ、フルハイビジョン画質 1920×1080プログレッシブ(フルHD 1080p)マルチフォーマットのビデオエンコード/デコードや3D映像をサポートしているだけでなく、ゲームや魅力あるユーザインタフェースを提供するための高度のグラフィックス機能を有しています。

(3) ルネサスモバイルは、システムおよび製品化における豊富な専門技術を活用し、設計から製品化まで、あらゆる段階でコンサルティングと技術サポートを行っています。これらにより、開発期間だけでなく、製品へのチューニングやテスト時間を大幅に短縮できます。 この「MP5232」プラットフォームではセットメーカ、デバイスメーカを対象にドキュメント、ソフトウェア、ハードウェアと共にリファレンスデザインを提供しています。 なお、価格は未定です。

 

新製品の仕様は、別紙をご参照下さい。

 

以 上

 

LTEトリプルモード・スマートフォン・プラットフォーム「MP5232」の構成図

「MP5232」の構成図

 

* ARM、CortexはARM Limitedの登録商標または商標です。OpenGL ESのロゴとOpenVGはKhronos (クロノスグループ)の許可を得たSilicon Graphics Inc.の商標です。

その他、本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。

 


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。