画像
Overview

概要

RXファミリでは、IoT機器開発に最適な評価キット、便利な開発環境(e2 studio)をご用意しております。 評価キットは、Amazon Web Services (AWS) や Microsoftなど大手クラウドベンダが提供するIoT機器向けリアルタイムOS(FreeRTOS、AzureRTOS(※))や各種ライブラリ(SSL/TLS, OTA, MQTT, TCP/IP etc)に対応。AWSおよびMicrosoftのデバイス認定を取得しているため、安心してすぐ開発に着手することが可能です。 クラウドにアップロードしたデータの可視化や、機器のリモートコントロール、OTAファームウェアアップデートなど、様々なアプリケーションノートでお客様のIoT開発をサポートいたします。

お客様の投資領域の集中と効率化による敏速なイノベーション開発による早期市場投入、クラウドサービスと連携したAIや機械学習によるデジタルトランスフォーメーション(DX)を活用した新規ビジネス創出を支援します。

※Microsoft社は、AzureRTOSのオープンソース化を発表しています。
 AzureRTOSは今後、Eclipse FoundationからEclipse ThreadXとして提供されます。詳細はMicrosoft社のWebサイトをご確認ください。

画像
cloud-solution
画像
RXマイコン評価気っとで開発を進めるための4ステップ
画像
評価ボードの選択

ご利用したいボードを選択。
最新評価キットCK-RX65N では、下記通信制御およびサンプルに対応しています。
サポートしているRTOSのバージョンについては、GitHub(AWS / Azure)をご確認ください。
その他ボードについては、“評価ボード”を参照してください。

ボード外観ボード名通信制御DashboardMQTTOTAQE for OTA (※1)Fleet Provisioning (※2)
画像
CK-RX65N Overview
CK-RX65N v1(※3)LTE Cat-M1AWSAWS
Azure
AWS
Azure
AWS
Azure
AWS
EthernetAWSAWS
Azure
AWS
Azure
AWS
Azure
AWS
CK-RX65N v2(※3)Wi-FiAWS---
Ethernet-----

※1:OTAを簡単にお試しいただける無償開発支援ツール。e² studioのGUIでOTAに必要な各種設定・OTAの実行までサポート。
※2:AWSが提供するプロビジョニング方式のひとつ。製品の量産時に課題となる複数デバイスのプロビジョニングを自動化。
※3:CK-RX65N v1、v2の仕様差分はGitHub Wikiページに記載しています。

画像
開発環境の準備

統合開発環境とコンパイラをインストール

 RENESASIAR Systems  
※Azure RTOSのみサポート
統合開発環境e2 studio (無償)IAR Embedded Workbench for Renesas RX (商用版)
コンパイラルネサス製CC-RXコンパイラ (有償)  
または  
GNU GCCコンパイラ (無償) ※  
※e² studioインストール時に同時にインストール可能です。
IAR製RXコンパイラ(商用版)
画像
ソフトウェア入手

e² studioもしくはRenesas Webからダウンロードできる各種サンプルプロジェクトを入手。
Free RTOSやAzure RTOSを使用した開発には、e² studioの新規プロジェクト作成機能のご利用を推奨します。
e² studioを使用したRTOSプロジェクトの新規作成方法は、YouTube掲載のチュートリアル動画でご確認ください。
<YouTube再生リストはこちら:(Free RTOS / Azure RTOS)>

 e² studioIAR Systems  
※Azure RTOSのみ
備考
新規RTOSプロジェクト作成done  
(推奨)
done
  • ユーザプログラムの構築に適した構成
  • カーネルオンリーもしくは下記サンプルプログラムを含んだプロジェクトを作成可能 
     <AWS>MQTT、FleetProvisioning
     <Azure>MQTT、OTA  
    対応キットなどの詳細はこちら <AWS / Azure>。
    (キットによって対応しているRTOSのバージョンが異なる場合がございます)
  • スマートコンフィグレータでプロジェクト内のFITドライバ更新が可能  
    IAR用スマートコンフィグレータの入手はコチラ  
    (e² studioはスマートコンフィグレータ同梱のため別途入手不要)
  • IAR用プロジェクトの作成方法はコチラ
サンプルプロジェクトのインポートdone-
  • Renesas Dashboardと連携するCK-RX65N向けGetting Start Guide他、開発ステップに応じた各種サンプルプログラムを提供
  • 各評価キットに対応するサンプルプログラムの詳細は“評価ボード”参照
     
画像
4クラウド接続

クラウドに接続

クラウド使用サンプルクラウド接続方法
AWS認定取得プログラムをインポート
e² studioプロジェクトで新規作成
Azure認定取得プログラムをインポート
e² studioプロジェクトで新規作成
画像
RX-Cloud_Development-Environment

開発環境

推奨マイコン

豊富なRXマイコンのラインナップから、クラウドコネクティビティに最適な製品を選定しました。  
選定の基準として、ルネサスでRTOSをポーティングした結果、必要となるメモリリソースをRAM 96KB以上、ROM 512KB以上(OTA機能実装の場合は1.5MB以上)であると考えました。  
さらに、クラウドコネクティビティに求められる、通信、セキュリティ、OTAといった機能への対応も考慮し、以下の製品をピックアップしました。

 Part NumberCPUFrequencyROMRAMTrusted  
Secure IP
BGO,  
Dual Bank
Driver support
EtherWi-FiBLECellular
MCURX72M  /  RX72NRXv3240 MHz4 MB1 MBcheckcheckcheckcheckTBDcheck
RX66NRXv3120 MHz4 MB1 MBcheckcheckcheckcheckTBDTBD
RX671RXv3120 MHz2 MB384 KBcheckcheckNocheckTBDTBD
RX65N  /  RX651RXv2120 MHz2 MB640 KBcheckcheckcheckcheckTBDcheck

評価ボード

ルネサス製デバイスを搭載したボードを利用してクラウド通信を手軽にお試しいただけます。
使用するマイコン、通信方式、周辺機能に応じてお選びいただけます。各ボードに対応した多様な組み込みプログラムも無償でダウンロード可能です。
以下のような目的に最適です。

  1. ルネサスのデバイス(MCU、アナログデバイス、センサ)の評価に
  2. お客様がボードやプログラムを設計される際のリファレンスに
  3. 新たにクラウド通信を始める方の学習用途に
 CK-RX65N v1CK-RX65N v2Renesas Starter Kit+ for RX65N-2MB
 
画像
ck-rx65n-connected-pmod
画像
ck-rx65n-connected-pmod
画像
Cloud_RSK-for-RX65N-2MB
概要IoT開発に最適な評価キット。  
Cellularモジュール(RYZ014A)付属、6種のセンサを搭載。付属のSIMカードと10USD分のAWSトライアルアカウントですぐにIoT機器開発をスタート可能。
IoT開発に最適な評価キット。
Wi-Fiモジュール(DA16600)付属、6種のセンサを搭載。10USD分のAWSトライアルアカウントですぐにIoT機器開発をスタート可能。
※CK-RX65N v1との仕様差分は GitHub Wikiページに記載しています。
RX65N汎用評価キット。  
Ether通信によるクラウド通信評価が可能。クラウド通信以外の機能評価にも使用可能。
通信Ethernet対応対応対応
Cellular(CAT-M1)対応--
Wi-Fi-対応-
サンプルプログラムAWSGetting StartアプリケーションノートアプリケーションノートGetting Start Guide(AWS)
MQTTe² studioで生成可under dev.e² studioで生成可
OTAアプリケーションノートunder dev.アプリケーションノート
拡張プログラムセンサデータ可視化  
低消費電力動作
センサデータ可視化セカンダリデバイスOTA FW Update
AzureMQTTe² studioで生成可-e² studioで生成可
OTA(ADU)e² studioで生成可-e² studioで生成可
Plug and Playe² studioで生成可-e² studioで生成可
拡張プログラム

センサデータ可視化

セカンダリデバイスOTA FW Update

--
LCD--搭載
 RX65N CloudKitRX72N Envision KitRenesas Starter Kit+ for RX671
 
画像
Cloud_RX65N-Cloud-Kit
画像
Cloud_RX72N-Envision-Kit
画像
Cloud_RSK-plis-for-RX671
概要Wi-Fi対応IoT評価キット。  
Wi-Fi通信モジュール、温度/湿度センサ、光センサ、3軸加速度センサを搭載。IoT機器に近い構成で評価可
クラウド通信に加え、LCDや音声入力にも対応した多機能評価キット。Wi-Fi/BLEモジュール、汎用USBポートを搭載。クラウド通信+HMIの評価をこれ一台で実現。RX671(コードフラッシュ2MB、ピン数144-pin)の入門用に最適なスタータキット。LCDディスプレイモジュール、オンチップデバッギングエミュレータが付属。
通信Ethernet-対応-
Cellular(CAT-M1)---
Wi-Fi対応対応  
(別売りWi-Fi Pmod拡張ボードが必要)
対応  
(別売りWi-Fi Pmod拡張ボードが必要)
サンプルプログラムAWSGetting Startアプリケーションノートアプリケーションノートアプリケーションノート
MQTTe² studioで生成可e² studioで生成可e² studioで生成可
OTAアプリケーションノートアプリケーションノートアプリケーションノート
拡張プログラムセンサデータ可視化  
低消費電力動作
センサデータ可視化-
AzureMQTTe² studioで生成可e² studioで生成可e² studioで生成可
OTA(ADU)e² studioで生成可e² studioで生成可e² studioで生成可
Plug and Playe² studioで生成可e² studioで生成可e² studioで生成可
拡張プログラム---
LCD-搭載搭載
画像
RX-Cloud_certificationprogram

認定プログラム

RXファミリでは、大手クラウドベンダが提供するリアルタイムOSをRXファミリ向けにポーティングしたプログラムをご用意しています。FreeRTOSおよびAzureRTOS対応プログラムは、それぞれAWSおよびAzureのデバイス認定を取得しており、安心してご利用いただけます。

 Amazon FreeRTOSMicrosoft AzureRTOS(※)
利用料金無償  
MITオープンソースライセンス
無償  
MITオープンソースライセンス
クラウドITベンダ認定各種KitでAWS Partner Device認定取得済各種kitでAzure Certified Device認定取得済
OTA/FW Update向け  
サンプルプログラム
✅  
AWS FreeRTOS OTA
✅  
Microsoft ADU
ITベンダの  
RTOS-LTS サポート
✅  
FreeRTOS - LTS Libraries
✅  
AzureRTOS - LTS Components
開発環境Renesas提供無償IDE(e² studio)Renesas提供無償IDE(e² studio)  
IAR Embedded Workbench for RX

※Microsoft社は、AzureRTOSのオープンソース化を発表しています。
 AzureRTOSは今後、Eclipse FoundationからEclipse ThreadXとして提供されます。詳細はMicrosoft社のWebサイトをご確認ください。
 

画像
aws logo

AWS認定済みプログラム

AWS認定済みFreeRTOS搭載プログラムには、以下の2つが存在します。

  • クラウドサービスへの通信をすぐに実行できるMQTT通信プロジェクト
  • OTAによる遠隔ファームウェアアップデートが可能なOTAプロジェクト

MCUおよび評価キットによって、サポートしているFreeRTOSのバージョンが異なります。
RXファミリ向けにポーティングされた最新のFreeRTOSは、CK-RX65N v1等でサポートしています。
その他のサポート状況はRenesasのGitHubをご確認ください。
※FreeRTOS v202107.00以前のバージョンについては、こちらのGitHubからご確認ください。

画像
Movie

FreeRTOSを搭載したIoT機器開発向け評価キット”CK-RX65N”を用いて、AWSクラウドサービスに接続する方法を解説した動画をYouTubeで公開中!  
Renesas公式YouTubeチャンネルの再生リスト(FreeRTOS Tutorial - YouTube)からご視聴ください。

拡張プログラム

FreeRTOS拡張プログラム

AWS認定プログラムをベースに、IoT機器開発に役立つ機能を拡張したサンプルプログラムをご用意しています。

プログラム入手ボード通信動作概要
センサデータアップロードLinkRenesas CK-RX65NEthernet  
Cellular
CK-RX65N付属SIMカードのアクティベーションから、Dashboardにセンサデータを表示するまでの一連の流れを解説。CK-RX65N付属のSIMカードおよびAWSトライアルアカウントを使用すれば、すぐにでもIoT機器開発をスタートいただけます。
LinkRenesas CK-RX65N v2 Wi-FiWi-Fi通信でAWSに接続し、ダッシュボードでセンサデータ値を可視化するサンプルプロジェクトです。CK-RX65N付属AWSトライアルアカウントを使用することで、10USD分のサービスを無償でご利用いただけます。AWS接続を試してみたいというお客様におすすめです。
LinkRX65N Cloud KitWi-FiTeraTerm経由でプロビジョニング情報を入力することで、AWSクラウドに接続し、センサデータ送信します。初期の動作確認にご活用ください。
LinkRX65N Cloud KitWi-FiAWSのクラウドサービスを活用してセンサデータを可視化および制御できます。PoC開発に活用ください。
LinkRX72N Envision KitWi-FiQuick-Connect IoT を活用してセンサ情報をAmazon Web Services に送信、センサデータを可視化します。PoC開発に活用ください。
Trusted Secure IP対応MbedTLSLinkRX72N Envision KitEthernetFreeRTOSのMbedTLSをセキュリティH/W IPであるTrusted Secure IP(TSIP)を使用して通信するサンプルプログラムです。MbedTLSとTSIPを組み合わせることでクラウドの認証情報をセキュアに内蔵ROMに保管できます。
セカンダリデバイスOTAファームウェアアップデートLinkRenesas Starter Kit+ for RX65N-2MBEthernet

セカンダリデバイスのOTAファームウェアアップデート(2nd OTA)サンプルコードです。 AWSとの通信を行うゲートウェイデバイス(RX65N)を用いて、セカンダリデバイス用RXマイコンに対しOTA FWアップデートを行います。直接クラウドに接続していないデバイスでのOTAを実現でき、セカンダリデバイスの脆弱性への対応やフレキシブルなサービスのアップデートが可能になります。 紹介動画:Secondary Device OTA Update using FreeRTOS and Amazon Web Services 

画像
FreeRTOS-secondary-device-OTA
低消費電力動作LinkRenesas CK-RX65NCellularLTE Cat-M1モジュール(RYZ014A)とFreeRTOSを用いた低消費電力動作例(間欠動作)のサンプルプログラムです。IoT機器はバッテリ駆動を前提としたものも多く、消費電力を抑える工夫が必要です。本サンプルを使えば、通信制御の間欠動作による低消費電力化を実現できます。  
紹介動画:RX MCU Low Power Consumption Operation with FreeRTOS by Amazon Web Service
画像
Azure-logo
   

Azure認証済プログラム

Azure認定済みAzureRTOS搭載プログラムには、以下の3つが存在します。

AzureRTOSバージョンおよびデバイスの組み合わせによってサンプルプログラムの対応状況が異なるため、Renesas公式GitHubより最新情報をご確認ください。Renesas製無償開発環境(e² studio)でAzureRTOSプロジェクトを新規作成する方法やサンプルプログラムの使用方法をまとめたアプリケーションノートもご用意しています。

画像
Movie

AzureRTOSを搭載したIoT機器開発向け評価キット”CK-RX65N”を用いて、Azureクラウドサービスに接続する方法を解説した動画をYouTubeで公開中! Renesas公式YouTubeチャンネルの再生リスト(Azure RTOS - YouTube)からご視聴ください。

※IoT Plug and Play対応プログラムとは  
MicrosoftにてIoT Plug and Play動作の認証を受けたAzure RTOSベースのサンプルプログラムです。  
本サンプルコードを使用することで、IoTデバイスと製品の接続、監視、制御、管理を容易にし、更にカスタマイズ可能なダッシュボードを提供するAzure IoT Centralにプログラムの変更無しに接続できます。詳細はMicrosoft公式ドキュメントをご参照ください。

AzureRTOS拡張プログラム

Azure認定プログラムをベースに、IoT機器開発に役立つ機能を拡張したサンプルプログラムをご用意しています。

プログラム入手ボード通信動作概要
センサデータアップロードLinkRX65N Cloud KitWi-FiAzureのクラウドサービスを活用し、温度データをWebアプリ上で可視化するサンプルコードです。PoC開発にご活用ください。本サンプルコードの内容は、下記の動画でも確認できます。  
解説動画:  
Azure RTOSチュートリアル(1/3) RX65N Cloud Kit : ~開発環境セットアップ編~ - YouTube  
Azure RTOSチュートリアル(2/3) RX65N Cloud Kit : ~プログラムセットアップ編~ - YouTube  
Azure RTOSチュートリアル(3/3) RX65N Cloud Kit : ~Azureクラウド操作編~ - YouTube
セカンダリデバイスOTAファームウェアアップデートLinkRenesas CK-RX65NEthernet

セカンダリデバイスのOTAファームウェアアップデート(2nd OTA)サンプルコードです。 Azureとの通信を行うゲートウェイデバイス(RX65N)を用いて、セカンダリデバイス用RXマイコンに対しOTA FWアップデートを行います。直接クラウドに接続していないデバイスでのOTAを実現でき、セカンダリデバイスの脆弱性への対応やフレキシブルなサービスのアップデートが可能になります。  
紹介動画:  
Microsoft Azure ADUを用いたリーフデバイスのOTAアップデート

画像
Azure rtos expand secondary device OTA update
NetXDuo with TSIP for TLSLinkRenesas CK-RX65N セキュリティH/W IPであるTrusted Secure IP(TSIP)とNetXDuoを使用し、セキュアなTLS通信を実現するサンプルプログラムです。TLSプロトコル処理中で平文の鍵情報を扱わないため、鍵情報漏洩のリスクを低減します。また、ハードウェアでアクセラレートすることで、暗号処理を高速化します。

AWS は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。  
https://aws.amazon.com/jp/trademark-guidelines/

FreeRTOS は Amazon Web Services, Inc. の商標です。  
https://freertos.org/copyright.html

GitHub® は GitHub,Inc. のトレードマークです。  
https://github.com/logos

Azureは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。  
https://azure.microsoft.com

画像
seminer (Japan)

セミナ

RXマイコンを使用したクラウドサービスの活用方法を解説するセミナを開催しています。ハンズオン形式のパートもあり、ボードを購入し、ツールをインストールいただくことで、実際に操作し手順を体験いただけます。今後実施予定のセミナへの申込はこちら

  • AWS FreeRTOS関連セミナ

画像
AWS FreeRTOS Seminer

 

  • Microsoft Azure RTOS関連セミナ

画像
Microsoft Azure RTOS seminer

 

セミナ動画

過去実施したセミナを動画で視聴いただけます。

セミナ名動画言語
AWSクラウド簡単接続!RX65N Cloud Kitを活用したAWS IoTオンラインセミナー 入門編再生日本語
故障検知クラウドシステムを簡単実装!RX65N Cloud Kitを活用したAWS IoTオンラインセミナー 応用編再生日本語

ドキュメント

ダウンロード

分類 タイトル 日付
サンプルコード
[Software=RX-Driver-Package|V122],[Toolchains=GNURX|V8.3.0.2019.4]
ログインしてダウンロード ZIP 442.25 MB 英語
アプリケーション: IoTアプリケーション, 産業, 電力とエネルギー
Compiler: GNURX Function: Application Example, Communication Interface, Driver or Library, Other peripherals IDE: e2 studio
Board Description File ZIP 1 KB
アップデート-統合開発環境 ログインしてダウンロード ZIP 570.27 MB 英語
アップデート-統合開発環境 ログインしてダウンロード ZIP 1,616.98 MB 英語
アップデート-統合開発環境 ログインしてダウンロード ZIP 1,264.32 MB 英語
アップデート-コンパイラ ログインしてダウンロード ZIP 22.40 MB 英語
6 items
Amazon FreeRTOS Fleet Provisioning チュートリアル CK-RX65N (1/2) - IoTデバイスのクラウド運用

このビデオはAmazon FreeRTOSを使用し、Fleet Provisoningを実行するまでの手順を説明します。

関連動画:

Video List

ニュース&ブログ

ブログ 2023年12月6日
ブログ 2023年10月5日
ブログ 2023年9月6日
ブログ 2023年5月31日
ブログ 2023年4月20日
ブログ 2023年4月18日
ブログ 2023年3月28日
ブログ 2023年1月10日
ブログ 2022年7月29日
ブログ 2022年7月11日
ブログ 2022年6月27日
ブログ 2022年4月28日
ブログ 2022年3月9日
ブログ 2021年11月30日
ブログ 2021年10月25日
ニュース 2021年6月15日
ブログ 2021年6月9日
ブログ 2021年3月31日