1. Home
    2. マイクロコンピュータ
    3. RL78 ファミリ

RL78/I1D

センサ応用アプリ、検知器などのローパワーが要求される機器に最適なマイコン

 

RL78/I1Dマイコンはオペアンプ、12ビットA/Dコンバータやウインドウコンパレータ(モーションセンサに最適)などのアナログ機能を強化し、1 MHz時124 μAの低消費動作と4 μsの高速ウェイクアップが可能な中速オシレータ搭載しているため、検知器などのセンサ応用アプリケーションに最適です。

 

特長:

項目 RL78/I1D
ピン数  20ピン
R5F11768
R5F1176A
24ピン
R5F11778
R5F1177A
30ピン
R5F117A8
R5F117AA
R5F117AC
32ピン
R5F117BA
R5F117BC
48ピン
R5F117GA
R5F117GC
プログラムフラッシュ 8 - 16 KB 8 - 32 KB 16 - 32 KB
SRAM 0.7 - 2 KB 0.7 - 3 KB 2 - 3 KB
データフラッシュ 2 KB

メインシステム

クロック

高速システム

クロック

X1 (水晶/セラミック) 発振, 外部メインシステムクロック入力 (EXCLK)
1 - 20 MHz: VDD = 2.7 - 3.6 V, 1 - 8 MHz: 1.8 - 2.7 V, 1 - 4 MHz: 1.6 - 1.8 V

高速オンチップ

オシレータ

クロック 24 MHz

HS (高速メイン) モード: 1 - 24 MHz (VDD = 2.7 - 3.6 V),
HS (高速メイン) モード: 1 - 16 MHz (VDD = 2.4 - 3.6 V),
LS (低速メイン) モード: 1 - 8 MHz (VDD = 1.8 - 3.6 V),
LV (低電圧メイン) モード: 1 - 4 MHz (VDD = 1.6 - 3.6 V),

中速オンチップ

オシレータ

クロック 4 MHz

LP (ローパワーメイン) モード: 1 MHz (VDD = 1.8 - 3.6 V)

サブシステム

クロック

サブシステム

クロック

オシレータ

- XT1 (水晶) 発振
32.768 kHz (TYP.): VDD = 1.6 - 3.6 V

低速オンチップ

オシレータ

15 kHz (TYP.): VDD = 1.6 - 3.6 V
I/Oポート 合計 14 18 24 26 42
CMOS入出力 11 15 19 21 33
CMOS入力 3 3 5 5 5

Nチャネル

オープンドレイン

- - - - 4
タイマ 16ビットタイマ 4チャネル

ウォッチドッグ

タイマ

1チャネル

リアルタイム

クロック

1チャネル
RTC出力 - 1チャネル
- 1 Hz (サブシステムクロックジェネレータおよびRTC/その他クロック: fSX = 32.768 kHz)

8/16ビット

インターバル

タイマ

4チャネル(8ビット) / 2チャネル(16ビット)
タイマ出力 2 4 3 4 4
クロック出力/ブザー出力 1 1 1 1 2
[20ピン, 24ピン製品]
• 2.44 kHz, 4.88 kHz, 9.76 kHz, 1.25 MHz, 2.5 MHz, 5 MHz, 10 MHz (メインシステムクロック: fMAIN = 20 MHz動作)
[30ピン, 32ピン, 48ピン製品]
• 2.44 kHz, 4.88 kHz, 9.76 kHz, 1.25 MHz, 2.5 MHz, 5 MHz, 10 MHz (メインシステムクロック: fMAIN = 20 MHz動作)
• 256 Hz, 512 Hz, 1.024 kHz, 2.048 kHz, 4.096 kHz, 8.192 kHz, 16.384 kHz, 32.768 kHz (サブシステムクロックジェネレータおよびRTC/その他クロック: fSXR = 32.768 kHz動作)
12ビット分解能 A/Dコンバータ 6 チャネル 12チャネル 17チャネル
コンパレータ 2チャネル(ウィンドウコンパレータ)
オペアンプ 2チャネル 4チャネル
データオペレーション回路(DOC) 16ビットデータの比較, 加算および減算
シリアルインタフェース [20ピン, 30ピン製品] CSI: 1チャネル/UART: 1チャネル/簡易I2C: 1チャネル
[24ピン, 32ピン, 48ピン製品] CSI: 2チャネル/UART: 1チャネル/簡易I2C: 2チャネル
データトランスファコントローラ(DTC) 16要因 20要因 19要因 20要因 23要因
イベントリンクコントローラ (ELC) イベント入力: 15
イベント入力: 17 イベント入力: 17
イベント入力: 17 イベント入力: 20
イベントトリガ出力: 5 イベントトリガ出力: 5 イベントトリガ出力: 7 イベントトリガ出力: 7 イベントトリガ出力: 7
ベクタ割り込み 内部 22 22 24 24 24
外部 3 5 5 5 8
キー割り込み - 3 - 3 4
パワーオンリセット回路 - パワーオンリセット: 1.51 +/- 0.04V (TA = -40 - +85°C)
- パワーダウンリセット: 1.50 +/- 0.04 V (TA = -40 - +85°C)
電圧検出 パワーオン 1.67 - 3.13 V (12段階)
パワーダウン 1.63 - 3.06 V (12段階)
オンチップデバッグ機能 あり (トレース可)
供給電圧 VDD = 1.6 - 3.6 V
動作周囲温度 TA = -40 - +105°C

 

ピン数-メモリサイズのラインアップ:

プログラムフラッシュ
SRAM
  
32KB
3KB
   
16KB
2KB
8KB
0.7KB
    
ピン数
パッケージ
20
LSSOP
24
HWQFN
30
LSSOP
32
LQFP
32
HVQFN
48
LFQFP

 

ブロック図:

RL78/I1D ブロック図

お客様の開発をサポートする様々な情報をご用意しております。

発注型名の見方についてはこちら

 

ソフトウェア/ハードウェア共通情報

タイトル 概要
My Renesas MY RENESASに登録いただくと、各種ドキュメントの改訂情報、ツール製品などの
ダウンロードサービスやメールニュースなどの各種サービスをご利用いただけるようになります。
セミナー 当製品のセミナーや、学習のための情報が掲載されています。
FAQ 当製品のよくあるお問合せ、開発のヒントが掲載されています。
フォーラム ルネサスの総合コミュニティサイトです。
Video 当製品に関するVideoコンテンツをご覧いただけます。

 

 

ソフトウエア設計支援情報

タイトル 概要
CS+ 統合開発環境です。コーディング、アセンブル/コンパイルからシミュレーションに至るまでご利用頂けます。
(スタータキットにも添付されています。)
e2 studio グローバルに普及しているオープンソースの統合開発環境"Eclipse"とC/C++言語開発を可能とする
CDTプラグインをベースとした統合開発環境ツールです。
E1 ルネサス標準のオンチップデバッギングエミュレータです。低価格で実開発に十分なデバッグが行えます。
(スタータキットにも添付されています。)

 

 

ハードウェア設計支援情報

タイトル 概要
特性データ 実力値が掲載されています。セット開発のリファレンスだけでなく、システム評価時にもご利用いただけます。
発振回路特性 動作確認済みの発振子と、その発振回路定数(参考)を示します。
サンプルコードとアプリケーションノートを掲載しています。各フィルタで絞込みを行えます。

上記downloadには必ず下のボタンより契約内容を御確認ください。

MyRenesasボタンよりID,PWをご入力ください。

免責事項:

当サイトの情報は、当社の提携パートナーが提供する情報に基づいています。当社は、これらの情報をあくまで便宜上の目的で提供しており、当サイトのコンテンツ、サイトの変更、更新内容について、一切の責任を負いません。一部のリンクについては、当社以外のウェブサイトへリンクされており、それらのウェブサイトは当社の管理下にありません。リンク先サイトのコンテンツ、変更、更新内容に関して、当社はいかなる責任も負いません。当社は、このようなリンクをあくまで便宜上の目的で提供しており、当社ウェブサイトからのリンクに関し、リンク先サイトの内容を保証するものではありませんのでご了承ください。

当サイト上で言及されているサードパーティ製品、及びサービスに関する情報は、それが単独製品あるいはルネサス製品と関連がある場合においても、それらの製品、サービス、保証の適合性について、いかなる保証も表明もするものではありません。

Menu
Contact