車載用デバイス

概要

R-Car S4は、E / Eアーキテクチャがドメインとゾーンに進化する際に必要とされる、高性能かつ、複数の多様な高速ネットワークに対応し、高いセキュリティ機能と高い機能安全レベルを備えたCar Server / CoGWの導入を可能にします。R-Car S4は、第3世代のR-CarやRH850用に開発されたソフトウェアを最大88%再利用することができます。各種ドライバやLinux BSP、ハイパーバイザなどの基本ソフトウェアを含むソフトウェアパッケージも提供し、リアルタイムコアを含むR-Car S4用ソフトウェア開発をサポートします。

  • 1.2GHz Cortex A55コアを8個、1.0GHz Cortex R52コア(ロックステップ)を1個、400MHz RH850 G4MHコア(ロックステップ)を2個搭載により、最大27,000DMIPSのアプリケーション処理性能と最大5,300DMIPSのリアルタイム性能を実現します。
  • CAN FD×16、LIN×16、SENT×8、FlexRay×1、PCIe V4.0×4を含む豊富な車載インタフェースにより、車内外の多様なコネクティビティを実現します。
  • 2.5 Gbps帯域幅のイーサネットTSNスイッチを3ポート搭載し、車両内および外部との高速かつ低遅延の通信を実現します。
  • 8MB(メガバイト)SRAMを内蔵し、RH850 G4MHコアのコードを低遅延で実行可能にします。
  • 複数のハードウェアセキュリティモジュール(HSM)により、サイバ攻撃に対するセキュリティを強化します。
  • R-Car S4はISO-26262に準拠しており、ASILBおよびASILDに準拠した機能安全をサポートしています。
  • ビークルコンピュータ
  • コミュニケーションゲートウェイ
  • ドメインサーバー
  • アプリケーションサーバー

ドキュメント

タイトル 分類 日付
PDF14.53 MB
マニュアル-ハードウェア
PDF129.65 MB
マニュアル-ハードウェア
PDF888 KB
ホワイトペーパー
 

設計・開発

ソフトウェア/ツールページ

Title タイプ 会社名
マルチコア同期デバッグ&トレースツールR-Carの複数のハードウェアリソースが相互に影響して発生する問題の解析や原因特定を容易にするツール。 IDE and Coding Tool Renesas
R-Car向けe² studioADASおよび自動運転のための統合ソフトウェア開発環境。 コンピュータービジョンやディープラーニング(深層学習)アルゴリズムのソフトウェア開発を容易にする革新的なオープン開発環境。 開発初心者はe² studioの評価ライセンスを無料でダウンロードできます。 商用ライセンスについては、弊社特約店にお問い合わせください。 IDE and Coding Tool Renesas
R-Car Virtual Platform次世代自動車における車載ソフトウェア開発を加速する R-Car Virtual Platform (VPF)
Simulator Renesas
バーチャルターンキープラットフォームバーチャルターンキープラットフォームは、「仮想開発環境R-Car Virtual Platform(VPF)」上に、ソフトウェアライブラリやサンプルコードなど動作検証済みの「ソフトウェア開発キット(R-Car SDK)」を搭載したものです。 Solution Toolkit Renesas

ボード&キット