Firmware Integration Technology(以下:FIT)とは、各周辺機能モジュールドライバの組み込みの容易化、及びRXマイコン間の移植性向上を重点とし、RXファミリを使用したソフトウェア開発者のプログラム開発、ソフトウェア資産管理の負担を軽減することを目的とした、まったく新しい概念です。

FITとは

FITの特長

FITでは、RXファミリ向けに提供するサンプルコード(ミドルウェア、ドライバ)に対し、以下の情報を明確にルール化しています。

  • マイコン初期設定
  • ターゲットボードの定義方法
  • ファイル構成
  • 関数名
  • ユーザアプリケーションとのインタフェースの共通化

FITでは、これら情報のルール化により、ユーザアプリケーションへ各サンプルコードを容易に組み込むことを可能にしました。また、FITに対応した周辺機能ドライバやミドルウェアは、ユーザアプリケーションとのインタフェースが共通化されているため、現在使用中のRXマイコンから別のRXマイコンへ移行する場合もユーザアプリケーションを容易に移植することができます。

RXファミリ向けに、マイコン間の移植性向上を重点においたFirmware Integration Technology(FIT)

統合開発環境で生成したプロジェクトへの組み込みが容易

グローバルに普及しているオープンソース"Eclipse"をベースとした統合開発環境「e2 studio」は、FITモジュール組み込み用のGUI(プラグイン機能) を搭載しています。この機能によりe2 studioでは生成したプロジェクトへFITモジュールを容易に組み込むことが可能です。また、FITモジュールは CS+にも対応しています。

FITの構成

FITは、Board Support Package(BSP)、周辺機能モジュール、ミドルウェアモジュールおよび、インタフェースモジュールで構成されます。

BSP
マイコンの初期設定、クロック設定、ボード設定などを行うモジュール
周辺機能モジュール
RXマイコンの周辺機能を制御するドライバ
ミドルウェアモジュール
TCP/IPやファイルシステムなどのミドルウェア
インタフェースモジュール
POSIX APIなどの共通インタフェース

これらを用いることにより、ソフトウェア開発が容易になります。

FITの構成

FITのメリット

1. 周辺機能モジュールの組み込みが容易

Firmware Integration Technology (以下FIT)対応のドライバ、ミドルウェアの場合

FIT対応した周辺機能モジュール、ミドルウェアモジュールは統一したMCU基本設定(BSP)で動作。

 

従来のドライバ、ミドルウェアの場合

 

2. RXマイコン間の移行が容易

Firmware Integration Technology (以下FIT)対応のドライバ、ミドルウェアの場合

FITに対応すると周辺ドライバモジュール、ミドルウェアモジュールのAPIが共通仕様となり、マイコンの変更が容易になります。

 

従来のドライバ、ミドルウェアの場合

従来のFITに対応していないサンプルコードやミドルウェアはAPIが共通でなく、製品の移行の際に工数がかかっていました。

RX Driver Package 対応デバイス

シリーズ グループ パッケージ名
RX RX110, RX111, RX113, RX130, RX230, RX231, RX23T, RX24T, RX24U, RX64M, RX65N, RX651, RX66T, RX71M, RX72T RX Family RX Driver Package Ver.1.20

アプリケーション

対応デバイス 使用するFITモジュール アプリケーション 対応するRX Driver Packageのバージョン
RX113 ファイルシステム, USB, LCDC USB メモリを利用した内蔵フラッシュメモリのプログラム書き換えソリューション 1.01
RX231 静電容量式タッチセンサユニット,ファイルシステム, USB 静電容量式タッチセンサユニットとUSB メモリを利用した内蔵フラッシュメモリのプログラム書き換えソリューション 1.01
RX64M
RX71M
Ethernet, TCP/IP, ファイルシステム, USB, CMT, HTTP TCP/IP プロトコルスタックを用いた産業向けネットワークソリューション 1.02
RX64M Ethernet, TCP/IP, ファイルシステム, PDC, DMAC, SCI, CMT, HTTP カメラ活用センサソリューション 1.00
Ethernet, TCP/IP, File System, USB, PDC, SDHI, SSI, ADPCM, JPEG, IIC, DMAC, DTC, SCI, CMT, HTTP HMI拡張ボードを使ったカメラ機能/音声再生機能デモンストレーション 1.00