概要

EK-RA6M5 評価キットを使用すると、RA6M5 MCU グループの機能を容易に評価できると共に、RAファミリが持つルネサス独自のFlexible Software Package (FSP)と様々なIDEを使用して、組込みシステム向けアプリケーションを開発することができます。

キット同梱品

  1. EK-RA6M5 ボード
  2. Micro USB デバイス ケーブル (Type-A オス~Micro-B オス)
  3. Micro USB ホスト ケーブル (Type-A オス~Micro-B オス)
  4. Ethernet パッチ ケーブル

はじめに

クイックスタート サンプルプロジェクトを実行する

  1. EK-RA6M5ボードには、クイックスタート サンプルプロジェクトがあらかじめフラッシュメモリに書き込まれています。(ソースコードはEK-RA6M5 Example Project Bundleをご参照ください)
  2. 5V電源に接続されたMicro USB デバイス ケーブルを使用して、デバッグ USB ポート (J10) を介してEK-RA6M5 ボードの電源を入れます。白色の電源 LED が点灯します。
  3. クイックスタート サンプルプロジェクトを実行すると、青のユーザ LED が点滅し始めます。
  4. クイックスタート サンプルプロジェクトの追加機能については、EK-RA6M5 クイックスタートガイドを参照してください。

組込みアプリケーションを開発する

  1. クイックスタート サンプルプロジェクトを変更する – クイックスタート サンプルプロジェクトのインポート、変更、およびビルドの手順については、EK-RA6M5 クイックスタートガイドを参照してください。
  2. 他のサンプルプロジェクトの1つから始める – RA6M5 MCU グループのさまざまな周辺機能について見るには、あらかじめ多数用意されているEK-RA6M5 Example Project Bundleのサンプルプロジェクトから選択します。これらのサンプルプロジェクトは、カスタムアプリケーションを開発する際の出発点としてお役立て下さい。

カスタムハードウェアを構築する

  1. li>使えるプロトタイプの構築を始める - EK-RA6M5 ボードを利用し、多くの定評あるエコシステム アドオンを選択してください。
  2. カスタムハードウェアを構築する – EK-RA6M5 Design Packageで提供される設計および製造情報を参照し、カスタムハードウェアを開発してください。

認証

EK-RA6M5 キットは以下の認証/規格を満たしています。免責事項、注意事項、認証の詳細については EK-RA6M5 ユーザーズマニュアルを参照してください。

EMC/EMI 規格

  • FCC 通知 (Class A) – Part 15
  • カナダ イノベーション・科学経済開発省 ICES-003 準拠: CAN ICES-3 (A)/NMB-3(A)
  • CE Class A (EMC 指令 2004/108/EEC)
  • 台湾 CNS 規格 13438、C6357 準拠、Class A 限定
  • オーストラリア/ニュージーランド AS/NZS CISPR 32:2015、Class A

環境対応、廃棄物、リサイクル、廃棄基準

  • 欧州 RoHS
  • 中国 SJ/T 113642014、10年間の環境保護使用期限

安全規格

  • UL 94V-0
  • エコシステムおよびシステム制御アクセス
    • USB Full Speed ホストおよびデバイス
    • 複数の5V入力ソース
      • USB (デバッグ、Full Speed、High Speed)
      • 外部電源
    • デバッグモード
      • デバッグ オンボード (SWD)
      • デバッグ イン (ETM、SWD、JTAG)
      • デバッグ アウト (SWD)
    • ユーザ LED とボタン
      • 3つのユーザ LED (赤、青、緑)
      • 電源入力を示す白色LED
      • デバッグ接続を示すデバッグ LED (黄)
      • 2つのユーザ ボタン
      • 1つのリセットボタン
    • 4つのエコシステム拡張機能
    • MCU ブート構成ジャンパ
  • 固有機能へのアクセス
    • Ethernet(RMII および PHY)
    • 64MB 外部 Octo-SPI フラッシュ
    • 32MB 外部 Quad-SPI フラッシュ
    • CAN FD
    • USB High Speed ホスト、デバイス
  • MCU ネイティブ ピン アクセス
    • R7FA6M5BH3CFC MCU
    • 200MHz, Arm Cortex®-M33 コア
    • 2MBフラッシュメモリ、512kB SRAM
    • 176ピン、LQFPパッケージ
    • 4x 40ピンmale headerを介したネイティブ ピン アクセス
    • MCU および USB電流測定ポイント

ドキュメント

タイトル 分類 日付
PDF1.63 MBEnglish
クイックスタートガイド
PDF1.64 MB
関連ファイル: サンプルコード
アプリケーションノート
PDF101 KB
関連ファイル: サンプルコード
アプリケーションノート
PDF2.53 MB
関連ファイル: サンプルコード
アプリケーションノート
PDF3.23 MB
関連ファイル: サンプルコード
アプリケーションノート
PDF1.60 MB
関連ファイル: サンプルコード
アプリケーションノート
PDF797 KB
関連ファイル: サンプルコード
アプリケーションノート
PDF1.17 MB
関連ファイル: サンプルコード
アプリケーションノート
PDF1.13 MB
関連ファイル: サンプルコード
アプリケーションノート
PDF2.67 MB 简体中文
関連ファイル: サンプルコード
アプリケーションノート
PDF2.39 MB 简体中文
関連ファイル: サンプルコード
アプリケーションノート
PDF1.11 MB
アプリケーションノート
PDF870 KB
関連ファイル: サンプルコード
アプリケーションノート
PDF5.10 MBEnglish
マニュアル-開発ツール
PPSX38.29 MB
プレゼンテーション
PPSX14.07 MB
プレゼンテーション
ZIP52.77 MB
回路図
 

設計・開発

ソフトウェア/ツールページ

Title タイプ 会社名
統合開発環境 e² studioEclipseベース ルネサス統合開発環境
[Support MCU/MPU: RA, RE, RX, RL78, RH850, Renesas Synergy, RZ]
(Note: コンパイラは追加ソフトウェアとしてインストールする必要があります)
(Note: GitHubの FSP with e² studio Installer (Platform Installer) は、e² studio ツール、RA FSPパッケージ、GCCツールチェーン、Segger J-Linkドライバ等をまとめてインストールします。個別インストールは不要です。)
IDE and Coding Tool Renesas
Renesas Flash Programmer (Programming GUI)フラッシュメモリ用書き込みソフト [Support MCU/MPU and devices: RA, RE, RX, RL78, RH850, Renesas Synergy, パワーマネージメント, Renesas USB Power Deliveryファミリ, モータドライバ/アクチュエータドライバIC, V850, 78KR, 78K0] Programmer (Unit/SW) Renesas
Flexible Software Package (FSP)FSPは、Arm® Cortex®-Mコアを採用しているRenesas RA ファミリを用いた組み込みシステムを開発するためのソフトウェアパッケージです。
注:「FSP with e² studio Installer (Platform Installer)」は、e² studio、FSPパック、GCCツールチェーンおよびSegger J-Linkドライバをインストールします。個別インストールは不要です。ダウンロード:
Software Package Renesas

サンプルコード

タイトル Type Date
This application project is built with the integrated “Azure IoT SDK for Embedded C” package which allows small embedded (IoT) devices like Renesas RA family of MCUs RA6M3, RA6M4, and RA6M5 to communicate with Azure services.
ZIP9.71 MB
関連ファイル: RA FSP MQTT/TLS Azure Cloud Connectivity Solution Application Note
IDE: e2 studio
サンプルコード
ZIP29.00 MB
関連ファイル: アプリケーションノート
サンプルコード
The application project uses the Flexible Software Package (FSP) of the RA family, the GNU GCC compiler, and the integrated development environment e2 studio IDE to demonstrate an exception handling flow for multiple possible faults.
ZIP2.69 MB
関連ファイル: アプリケーションノート
Compiler: GCC Arm Embedded
IDE: e2 studio/Keil
サンプルコード
ZIP14.02 MB
関連ファイル: アプリケーションノート
サンプルコード
MCUboot is a secure bootloader for 32-bit MCUs. It defines a common infrastructure for the bootloader, defines system flash layout on microcontroller systems, and provides a secure bootloader that enables easy software update
ZIP22.71 MB
関連ファイル: Secure Bootloader for RA6 MCU Series Using MCUboot
IDE: e2 studio
サンプルコード
ZIP4.16 MB
関連ファイル: RA Family Guidelines for Using the S Cache on the System Bus
サンプルコード
ZIP4.01 MB
関連ファイル: アプリケーションノート
サンプルコード
The application example provided in this package uses the Secure Crypto Engine 9 (SCE9) module based on RA6M4 to generate a pair of ECC keys and uses a local CA to generate the device certificate based on the ECC public key.
ZIP8.80 MB
関連ファイル: Establishing and Protecting Device Identity using SCE9 and Arm® TrustZone®
IDE: e2 studio
サンプルコード
Arm® TrustZone® technology for ARMv8-M is an optional security extension that is designed to provide a foundation for improved system-level security in a wide range of embedded applications.
ZIP2.61 MB
関連ファイル: アプリケーションノート
IDE: e2 studio
サンプルコード
ZIP2.24 MB
関連ファイル: Renesas RA Family Device Lifecycle Management Key Installation
サンプルコード
ZIP881 KB
IDE: e2 studio
サンプルコード
ZIP2.66 MB
IDE: e2 studio
サンプルコード
ZIP881 KB
関連ファイル: Renesas RA Securing Data at Rest Using the Arm® TrustZone®
IDE: e2 studio
サンプルコード