IP製品 (IPライセンス)

IP単品からサブシステム、周辺IPも含めIPソリューションとして提供開始

ルネサスは、マイコンやSoC(System on Chip)などに搭載するためのIPを、CPU(中央演算処理ユニット)や、通信用インタフェースIP、タイマIP、メモリIP、アナログIPなど多数保有しています。これらのIPの中でも特に要望が多いIPを中心に、提供を開始しました。

第一弾として、CPUコア(RX、SH、等)、モータ用タイマIP、USBコア、SRAMなど、40種類以上のIPライセンスを提供開始し、今後要望に応じ、順次拡充してまいります。

* IP : 半導体の設計情報

ルネサスIPのメリット/優位点

1. 豊富なIPソリューションをご提供
  • 単体のCPUや周辺IPに加え、IPを接続するバス制御、割込制御のサブシステムなどもご提供可能。
  • IP単体だけでなく、各IPを接続してサブシステムをご提供可能。
2. 高信頼性 / 高品質
  • 設計から製造まで行っているルネサスだからこそ実現できる高い信頼性と高い品質。
3. 充実のテクニカルサポート
  • 半導体メーカとして比類のないノウハウをベースに技術サポートを提供します。

開発スタイル別の優位点

■カスタムLSIを開発したいユーザ

競争力のあるIPのみを開発し、その他のIPはルネサスのサブシステムを活用することにより、早期に最新の半導体開発が実現可能。

■FPGA(Field Programmable Gate Array)を用いて先行開発したいユーザ

  • ルネサスのIPを使用することにより、ソフトウェアの早期開発、先行評価が可能。
  • 低価格化の進むFPGAを使って、そのまま量産をスタートすることも可能。

■過去のソフトウェア資産を活かし続けたいと考えるユーザ

ルネサスのIPを継続して利用できるため、ソフトウェアやボードの開発、検証、評価の工数を削減し、効率的なシステム開発が可能