1. Home
    2. マイクロコンピュータ
    3. M16C ファミリ (R32C/M32C/M16C)

M16C/28 (M16C/28, M16C/28B)

M16C/28はM16C/60CPUコアを搭載しています。最大動作周波数はPLL周波数シンセサイザ使用時、24MHzです。マスクROM版、フラッシュメモリ版を用意しており、内蔵フラッシュメモリは単一電源で書き換え可能です。

 

特長:

  • 16ビット多機能タイマ(タイマA、B、三相モータ制御用タイマ機能を含む):8チャネル
  • インプットキャプチャ/アウトプットコンペアタイマ(タイマS):
    • ベースタイマ:16ビット×1チャネル
    • 入出力:8チャネル
  • UART/クロック同期形シリアルインタフェース:3チャネル
  • クロック同期形シリアルインタフェース:2チャネル*
  • マルチマスタI2C-bus:1チャネル
  • 10ビットA/Dコンバータ:24チャネル(Normal-ver.)*、27チャネル(T-ver./V-ver.)*
  • DMAC:2チャネル
  • CRC演算回路(T-ver./V-ver.のみ)
  • ウォッチドッグタイマ
  • クロック発生回路:メインクロック発振回路、サブクロック発振回路、オンチップオシレータ、PLL周波数シンセサイザ
  • 発振停止検出機能
  • 電圧検出回路(Normal-ver.のみ)
  • 入出力ポート:71本*
  • 外部割り込み入力:11本
  • データフラッシュ:2KB × 2ブロック(フラッシュメモリ版のみ)

*:80ピン版、85ピン版の仕様です。

 

お客様の開発をサポートする様々な情報をご用意しております。

 

ソフトウェア/ハードウェア共通情報

タイトル 概要
My Renesas

MY RENESASに登録いただくと、各種ドキュメントの改訂情報、

ツール製品などのダウンロードサービスやメールニュースなどの

各種サービスをご利用いただけるようになります。

セミナー 当製品のセミナーや、学習のための情報が掲載されています。
FAQ 当製品のよくあるお問合せ、開発のヒントが掲載されています。
フォーラム ルネサスの総合コミュニティサイトです。
Video 当製品に関するVideoコンテンツをご覧いただけます。

 

ハードウェア設計支援情報

タイトル 概要
IBIS/BSDL IBISは、高速ボード設計に必要なシミュレーションデータで、実際のボードを作る前のシミュレーションが可能になり、事前に波形の反射、リンギングなどの問題点の検討をすることができます。 JTAGのIEEE 1149.1準拠のツールの多くでサポートされているデータ入力フォーマットです。 これらのツールでは、自動テストパターン生成(ATPG) および自動テスト装置 (ATE) 機能によりテストが容易になります。
参考発振回路定数 動作確認済みの発振子と、その発振回路定数(参考)を示します。
サンプルコードとアプリケーションノートを掲載しています。各フィルタで絞込みを行えます。

上記downloadには必ず下のボタンより契約内容を御確認ください。

MyRenesasボタンよりID,PWをご入力ください。

免責事項:

当サイトの情報は、当社の提携パートナーが提供する情報に基づいています。当社は、これらの情報をあくまで便宜上の目的で提供しており、当サイトのコンテンツ、サイトの変更、更新内容について、一切の責任を負いません。一部のリンクについては、当社以外のウェブサイトへリンクされており、それらのウェブサイトは当社の管理下にありません。リンク先サイトのコンテンツ、変更、更新内容に関して、当社はいかなる責任も負いません。当社は、このようなリンクをあくまで便宜上の目的で提供しており、当社ウェブサイトからのリンクに関し、リンク先サイトの内容を保証するものではありませんのでご了承ください。

当サイト上で言及されているサードパーティ製品、及びサービスに関する情報は、それが単独製品あるいはルネサス製品と関連がある場合においても、それらの製品、サービス、保証の適合性について、いかなる保証も表明もするものではありません。

Menu
Contact